無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】グローカルジンザイ グローカル人材

「グローカル」は、グローバルとローカルを組み合わせた造語で、「グローカル人材」とは、国際社会で通用する能力やグローバルな視点、経験をもって、地域社会・地域経済(ローカル)の活性化および持続的発展に貢献する人材のことです。地元の企業に就職してグローバル化を担うリーダーとして活躍したり、地域の魅力を世界に発信して地域と海外のマーケットとの架け橋になったりするなど、将来の日本を創る新しい人材像として期待されています。文部科学省と日本学生支援機構(JASSO)では、「グローカル人材」の育成を支援するために、2015年度から産官学協働の海外留学支援制度を設けています。
(2016/7/7掲載)

グローカル人材のケーススタディ

ローカルとグローバルを結ぶ新しい人材像
産学官の連携で地域主体の育成事業も始動

“Think Globally, Act Locally”(地球規模で考え、足元から行動せよ)は、経営の神様、ピーター・ドラッカーの名言として知られるコンセプト。この言葉を実践できる「グローカル人材」へのニーズが、分野や業種を問わず高まっています。

グローバルにも、ローカルにも通用する「グローカル人材」には、一定水準以上の語学力や優れたコミュニケーション力が求められます。その上で重要なのが、内外の“ローカル”を知ることです。自分が暮らす地元はもちろん、日本や世界各地の地域社会がそれぞれにどんな特色を持ち、どのような課題を抱えているのかを、実際に見て、理解することが、「グローカル人材」として成長していく上での原点となります。先述の語学力やコミュニケーション能力などは、内外のローカルをより深く知り、固有の問題を解決するためのツール。有意義な“実地体験”がなければ、そうしたツールを活かすこともできません。

そこで、「グローカル人材」育成を推進するために、文科省とJASSOは14年度から開始した官民協働の海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の一環として、これまで設けられていた四つのコース(「理系、複合・融合系人材コース」「新興国コース」「世界トップレベル大学等コース」「多様性人材コース」)にくわえ、15年度から新たに「地域人材コース」を創設しました。従来のコースが文科省主導なのに対し、「地域人材コース」は、地域が主体となって事業を運営するしくみです。各地の産学官が連携して独自の留学プログラムをつくり、派遣する留学生の募集や選考も実施、JASSOが資金を一部支援します。留学プログラムといっても、留学だけで終わらないのが最大の特徴で、海外での実践的な留学と国内の地域企業でのインターンシップを組み合わせたり、「地域企業に就職する者や地域の発展に貢献できる者」を派遣留学生の要件にしたりして、各地域の活性化に資するグローカル人材の育成に努めています。

今年4月4日時点で、審査の結果、徳島県の「徳島県地域グローカル人材育成事業」や新潟県長岡市の「米百俵の精神を受け継ぐ長岡グローカル人材育成事業」をはじめ、合計15地域の海外留学事業が「地域人材コース」に採択されました。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「グローカル人材」に関する記事

「グローカル人材」に関する人事のQ&A

他社からの研修生受け入れ

取引先企業の社員を2カ月程度、研修として受け入れを予定しています。
この場合、出向契約を締結することが必要ということになりますでしょうか。

給与は出向元が支払い、出向先としてはどの費用が負担しておく...

ハイドバイドさん
大阪府/ 電気・ガス・水道・エネルギー(従業員数 501~1000人)
2020/12/09 12:01 ID:QA-0098982 労務・法務・安全衛生 回答終了回答数 3 件

復職後の業務パフォーマンス低下による降職・降格

約6ヶ月間の私傷病(メンタルではない、持病の悪化によるもの)による休職(就業規則上、原則、最長6ヶ月)から復職した社員につき、リハビリ勤務を経て、休職前の部署・ポジションにて復職させ、約1ヶ月が経過し...

nanparaさん
東京都/ ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設(従業員数 501~1000人)
2020/09/14 11:39 ID:QA-0096718 評価・考課 回答終了回答数 3 件

「グローカル人材」に関する書式・テンプレート

テーマ別研修の目的・テーマ例・留意事項

事業展開と課題から必要な研修テーマを決定します。テーマには「グローバル研修/コンプライアンス研修/リーダシップ研修/ダイバーシティ研修」などがあります。
ここでは、研修テーマの設定、テーマ研修例の解説、研修の運営上の留意事項などを盛り込み整理しました。

ダウンロード