企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】トランジション トランジション

「トランジション」(transition)とは移行、過渡期、変わり目といった意味であり、ある段階から次の段階への移行期をあらわします。人事領域では、キャリアの発達の過程において、企業内で期待される新たな役割への転換期といった意味で使われています。

トランジションのケーススタディ

キャリアの移行期には一人で考える
「ニュートラルゾーン」が重要に

米国の人材系コンサルタントであるウィリアム・ブリッジズ氏が提唱した、キャリアにおける「トランジション理論」では、トランジションには「何かが終わる」「ニュートラルゾーン」「何かが始まる」の3段階があると述べています。

第1段階の「何かが終わる」には、自己都合による退社や転職といった自分の意思で終わらせる場合と、企業の都合による解雇、転勤、異動など外部からの影響で終わらせられる場合があります。ここでもたらされる感覚には、離脱、アイデンティティの喪失、覚醒、方向感覚の喪失などがあり、心理的な痛みを伴います。次の第2段階「ニュートラルゾーン」は、何かが終わることに伴うさまざまな喪失感を受け止めながら、それに耐える段階です。ここでは一人で考えながら、自ら方向づけを行います。そして第3段階の「何かが始まる」では、他者との対話などを通じて少しずつ目標に向けたプロセスが始まっていきます。トランジション理論では、これら3段階のうち、次のステージに向けて気持ちを整えるニュートラルゾーンが重要であるとされています。

この「トランジション」についての研究は日本でも行われており、トーマツイノベーションは2017年、女性活躍を長期的視点で推進するために企業の人事部および管理職が気をつけるべきポイントを、女性社員のステージごとにまとめた「トランジションマップ」を発表しました。これは人材開発研究の専門家である東京大学の中原淳准教授との共同調査研究プロジェクト「女性の働くを科学する」の成果の一つとして発表されたもので、マップには女性が働き続けたいと思う職場の特徴や昇進時に男女で異なる課題などが記載されています。

企業を取り巻く環境変化のスピードが加速し、組織がフラット化。準備期間を置かずマネージャーになった人材が会社の期待する役割に応えられていない、という状況に多くの企業が陥っています。「トランジション」における人材の状況を理解することで、人事は職場が今施策を実施するために適切な状況かどうかを判断でき、現場の管理職は社員の能力を最大限に引き出すマネジメントが可能となるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
ポジティブ・アクション
Positive Action。積極的格差是正措置。男女間の差別を解消して、働く意欲と能力のある女性が活躍できるように、企業が自主的に行う取り組みのことです。
ライフキャリア・レインボー
「ライフキャリア・レインボー」とは、1950年代に米国の教育学者のドナルド・E・スーパーが発表したキャリア理論。ライフキャリア・レインボーの理論では、キャリア=職業とは考えず、キャリアを人生のある年齢や場面のさまざまな役割(ライフロール)の組み合わせと定義。人生全般にわたり、社会や家庭でさまざまな...

関連する記事

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

産業カウンセラー養成講座 無料体験会開催

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...