企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】マトリクスソシキ マトリクス組織

「マトリクス組織」とは、職能別組織と製品別組織、事業別組織と地域別組織など複数の異なる組織構造をタテ・ヨコの関係にかけ合わせ、多元的な指揮命令系統のもとで双方の機能や利点を同時に実現しようとする組織形態のことです。マトリクス型組織とも呼ばれます。マトリクス(matrix)とは、行と列で成る格子状の配列を意味します。
(2012/7/13掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マトリクス組織のケーススタディ

一人の従業員に二人のマネジャー
複数の目標を同時に追求する組織形態

今日、多くのグローバル企業では、資材の調達や製品管理などをグローバルに展開しながら、各国・各地域においてはエリアの特性を踏まえた市場アプローチを徹底するという複眼的なオペレーションを実行しています。こうしたビジネスの高度化・多様化に対応し、複数の目標を同時に達成するための組織形態として広く採用されているのが、マトリクス組織です。

グローバル企業の例でいえば、エリアにはエリアの市場動向に適応するローカルなマネジメントが求められるため、支社や現地法人といったエリア単位のマネジメント機構が設定されます。一方、展開する事業や製品に関しては、それぞれに精通する管理機構がグローバルに統括するメリットもあるので、事業や製品ごとにエリア横断で責任者が配置されます。したがってマトリクス組織における各エリアの各製品・事業担当部門は、製品の企画や製造に重きをおく製品事業責任者と、エリア内の流通や顧客戦略に権限を有するエリアマネジャーという二人のリーダーの指揮を受けて、クロスファンクショナルに事業を進めることになります。

また営業部や製造部といった職能別組織と製品別組織をかけ合わせるマトリクス組織の場合は、職能別のライン部門を維持しながら、製品担当としてのプロダクトマネジャーを設置して部門間をコーディネートするシステムや、各部門から適宜人材を集めてプロジェクトタームを編成し、これにプロジェクトリーダーを配する形態などがよく採られます。

マトリクス組織の原点は、1960年代のアメリカの「アポロ計画」にあるといわれています。NASA(米国航空宇宙局)が同計画に参画した航空宇宙関連の企業に対して、プロジェクトマネジャー制の導入を推奨。元々はプロジェクトかぎりの臨時的な組織編成だったものが恒常化し、マトリクス組織として定着、普及していったのです。

マトリクス組織では先述のとおり、一人の従業員が、タテ方向とヨコ方向の複数の指揮命令系統に属することになるため、双方のマネジャーの指示に矛盾が生じると、当然、組織は混乱し、機能不全に陥りかねません。また優秀な社員を同じライン内で別のエリアに異動させるか、同じエリア内で別の製品担当に異動させるかなど、人材をはじめとするリソースの配分をめぐってタテとヨコのコンフリクトも複雑化しがちです。

こうした運用上の難しさはあるものの、マネジャー同士の連携を促すしくみを作ったり、お互いの役割や序列を明確化したりして利害調整の最適化に努めれば、企業全体としてはマトリクス組織による複眼的なコントロールが働き、緻密な経営管理が可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...

関連する記事

中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(前編)
なぜ組織開発が近年注目されているのか?日本企業がどのように組織開発を進めていけばよいのか?組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに、詳しいお話を伺いました。
2015/09/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

これからの組織のあり方
マネジメント 組織論の質問です。 自律型組織、ティール型組織などへの志向が一つのメインストリームとしてあると思いますが、一方で従来型の軍隊式組織、官僚型組織もその有効性は完全には否定出来ないと思います。 自律型、軍隊型それぞれの組織が有効に機能するのは、それぞれ一定の条件下によると思いますが、この点...
組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
就業規則の変更届について
就業規則に社内の組織名を記載している場合、社内の組織変更に伴い組織名を変更することになりますが、このような労働条件の変更以外の修正であっても、労働基準監督署への変更届は提出する必要ありますでしょうか。宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...