無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

復職時の給与変更について

育児休業中の社員がこのたび復職することとなりました。
ただし、育児休業中に組織変更があり、当該社員の所属している部署が統合され、別の部署への配属となりました。それに伴い、職務が変更になるため、休業中ではありましたが、給与・社内等級の見直しが入り、昇給・昇格しています。

今回復職するにあたり、当該社員は、産前産後休暇に入る直前に研修を受けたのみで実務経験が無く、復職後、配属先の業務をすぐにこなすことが出来ないため、別の業務に携わっていただくことを検討しております。
ただし、その業務についていただくにあたり、休職前の給与・社内等級に戻すことが前提となります。
復職時にその業務の知識が無いことを理由に、別の業務についていただくことにおいて、休業前の給与・社内等級に戻すことは問題にならないでしょうか?
本人の了承を得れば問題ないでしょうか?

投稿日:2018/09/03 18:24 ID:QA-0078830

かりんとうさん
東京都/保険

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

減給というわけではなく、ご質問の内容であれば、問題ないと思われます。

別の業務に携わり、実務経験を積む期間がわかるようであれば、期間を指定することができればよりベターでしょう。

また、育児休業中の昇給・昇格は見直し検討も必要です。あらかじめ、規定しておけば、このことは不利益とはなりません。

投稿日:2018/09/03 19:35 ID:QA-0078833

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2018/09/04 08:58 ID:QA-0078845参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、この度の業務変更については組織変更によるものであり、等級及び給与変更についてもそうした変更を理由とするものである事は明白です。それ故、変更事由に該当する従業員であれば同様の変更措置の対象となったものと考えられます。

すなわち、文面を拝見する限り、今回の等級及び給与変更につきましては育児休業を理由とするものではないですので、育児休業取得による不利益措置には該当せず、そうした問題とは切り離して考える事が必要といえます。

その上で、こうした組織変更につきましては当然ながら会社都合によるものですし、それによって本来昇給(昇級)されていたものが現状維持になったという事でしたら、従前の労働条件からの不利益変更に該当するものと思われますので、当人の同意を得て変更されるべきといえます。

投稿日:2018/09/03 20:48 ID:QA-0078837

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2018/09/04 08:59 ID:QA-0078846参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

不利益

復職後は新業務=昇給が基準で合って、今回は特例である程度適合・習熟した業務で、旧来の給与が保証されるのであれば、不利益とはいえないでしょう。その業務が本当にその社員に問題なく就けることをご確認下さい。

投稿日:2018/09/03 22:40 ID:QA-0078843

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2018/09/04 08:59 ID:QA-0078847参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

本人の了承を得れば問題ない

▼ 育児休業中の組織変更はやむを得ないことですし、結局は、一旦、行った昇給・昇格も、取り消されましたが、その一連のすべては、本人に対する不当待遇的な考えに基づくものではないことは明らかですね。
▼ そして、結果的には、消滅した復帰前の業務に代って別職務に携わることになり、休業前の給与・社内等級に戻すことになる訳ですが、ここまでは、本人の了承を得れば問題ないと考えます。
▼ 但し、本来は、「復帰前の業務」と「この了承業務」が、略、等価値職務であることが必要です。然し、「同一労働・同一賃金」がやっと緒に就いたばかりの現時点では、思考過程に留め置く程度で良いでしょう。

投稿日:2018/09/03 22:45 ID:QA-0078844

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2018/09/04 08:59 ID:QA-0078848参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
復職申請書

復職申請書のテンプレートです。
傷病による休職を経ての復職の場合は、復職申請書と医師の診断書をもとに復職可否を判断します。また時期の明確化、記録のために復職許可証を発行する方がよいでしょう。

ダウンロード
関連する資料

この相談に関連するコラム

注目の相談テーマ