企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14592件   回答数31008

みなし残業とフレックス制の併用等について

フレックス制を導入していますが(コアタイム10-16)、
さらに併用してみなし残業制度を導入することは可能でしょうか?
その場合、以下につき、ご教示くださいませ。

1)フレックス制を導入している場合、休日出勤した場合は平日に振り替えでお休みを取得すれば問題ないのでしょうか?

2)みなし残業制度を設ける場合、労使協定の上、決定するのでしょうか?

3)毎年会社のお休み(お盆や年末年始等)が変動するのですが、みなし残業代の算出方法はどうすれば宜しいでしょうか?

4)みなし残業を導入しても、休日出勤、深夜残業の支払義務は発生しますか?
代休でお休みを取れば休日出勤は問題ないでしょうか。

5)前職では一般社員の営業アシスタントでも、みなし残業を導入していましたが
それは可能なのでしょうか?労使間で決定すれば問題ないのでしょうか?
今回対象とする社員は主な業務は製品管理、品質管理ではありますが、小規模の会社ですので
業務の幅は多岐にわたります(マーケティング、企画など)

素人のような質問ばかりで申し訳ございませんが、ご教示のほどよろしくお願いいたします。

  • Kitty0603さん
  • 東京都
  • フードサービス
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/05/08 12:09
  • ID:QA-0076435

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/05/08 22:41
  • ID:QA-0076448

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、固定残業代の設定について併用は可能といえます。

そして、ご質問は多数に渡りますので各々簡潔に回答させて頂きますと‥

1)振替休日制度が就業規則で定められていれば可能です。

2)労使協定は法令に定めがある場合のみ必要なので、固定残業制度の場合は不要です。

3)基本的に通常の割増賃金の計算と同様ですので、変動する場合ですと通常の月額賃金を当年度の1年間における1カ月平均所定労働時間数で割った数値を時間単価として、月当たりの残業とみなす時間数で固定残業代の月額を計算することになります(※月給制の場合)。

4)通常であれば発生することになります。代休を取得しても割増部分の賃金の支払義務は残りますので注意が必要です。

5)業種で制限はございませんので、可能といえます。

但し、固定残業制であっても労働時間の管理は省略できず、結局導入する事によるメリットは殆どございませんし、上記のように運用で分からない事柄が多いようでしたら細かい部分で法令違反を起こすリスクも高いですので、決してお勧めは出来ません。導入は極めて慎重に検討されるべきといえます。

  • 投稿日:2018/05/09 12:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご丁寧にありがとうございました。
マネジメントと再度協議の上、慎重にすすめることとしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
半日勤務時の残業について
みなし残業導入時の残業について質問させてください。 当方では月30時間分の残業代を支給しております。 残業代は、時給×1.25×30時間で算出しております。 半日有給、半日出勤を認めておりますが、その場合の残業の取扱いについて教えてください。 みなしがない職場では、 半日出勤で残業をした場合残業...
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...
ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...
固定残業代
「固定残業代」とは、毎月決まった金額を見込みの残業手当として、実際の残業の有無にかかわらず支給する制度のことです。定額残業代ともいわれ、人件費抑制や支払い事務の負担軽減を目的とした導入事例が広がっています。一定の要件を満たす限り、適法であり、有効な制度ですが、昨今、不適切な運用から労使トラブルを招く...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック シェアNo.1採用管理システムi-web
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。



健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...