企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ミナシザンギョウセイド みなし残業制度

「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。

1. みなし残業(固定残業制度)とは

労働基準法では、労働者が働いた時間に応じて賃金を支払うことが原則となっています。しかし、職種や仕事内容によっては、実労働時間で賃金を計算するのが適当ではないケースもあります。実労働時間ではなく、あらかじめ時間外労働時間を決めて固定の割増賃金を支払うのが「みなし残業制度」です。

みなし残業の種類

みなし残業制度には、「事業場外労働」と「裁量労働」という二つのパターンがあります。

(1)事業場外労働

事業場の外で働く仕事の場合、労働時間を正確に把握することが困難なため、みなし残業制度を適用できます。外回りがメインの営業職などが該当します。

(2)裁量労働

裁量労働とは、仕事の時間配分が労働者の裁量によるところが大きい仕事を指します。例えば、システムエンジニアや研究者、コンサルタントのように、成果に応じて賃金の支払いがある専門制の高い職業が該当します。

みなし残業代の考え方

みなし残業制度の残業代の計算には、「みなし労働時間制」と「定額残業制」の二つがあります。

(1)みなし労働時間制……労働時間について事前に合意

みなし労働時間制とは、労使協定を結んで、合意した時間を一日の労働時間とみなす制度です。その労働時間を超えた分は残業とされ、残業代が支払われます。実労働時間を正しく把握することが困難な事業場外労働や裁量労働の場合に採用されることが多くなっています。

例えば「一日9時間労働したものとみなす」と合意した場合、実際の労働時間が6時間であっても、9時間働いたものとみなされます。ただし、10時間働いた場合は、9時間ではなく、10時間働いたものとします。

(2)定額残業制……固定残業代について事前に合意

定額残業制とは、基本給や年俸の中に一定の残業代(固定残業代)が含まれているとみなす制度です。原則として、雇用契約書などで、何時間分の残業代を含むといった記載が必要です。この制度は職種ではなく、役員など役職に応じて採用されることが多くなっています。

2. みなし残業が違法とみなされるケースとその対処方法

みなし残業制度を採用することで、企業側は残業代の処理にかかる作業負荷を減らせるメリットがあります。しかし、企業側の都合で無条件に運用されてしまうと、残業代が適切に支払われなくなるなど労働者側のデメリットが高まります。そのため、みなし残業制度の適用においては、法律で要件が定められています。

労使間のトラブルを避けるためにも、正しい知識を持っておくことが重要です。ここでは、みなし残業が違法とみなされる主なケースと、その対処方法について見ていきます。

雇用契約書や募集要項などに適切な表示がない

違法とみなされるケースで多いのが、雇用契約書や就業規則、求人の際の募集広告に、必要な事項が記載されていないことです。適切な表示がないと、トラブルが起きるだけでなく、みなし残業自体が無効とみなされることがあります。裁判に発展した場合には、雇用主が不利になるリスクが高まります。

【対処方法】

みなし残業を導入している場合は、次の三つの内容全てを明示する必要があります。

(1)固定残業代を除いた基本給の額
記載例:
基本給(××円)((2)の手当を除く額)

(2)固定残業代に関する労働時間数と金額等の計算方法
記載例:
□□手当(時間外労働の有無にかかわらず、○時間分の時間外手当として△△円を支給)

(3)固定残業時間を超える時間外労働、休日労働および深夜労働に対して割増賃金を追加で支払う旨を記載する
記載例:
○時間を超える時間外労働分についての割増賃金は追加で支給する

引用:厚生労働省・都道府県労働局・ハローワーク

会社が労働時間を管理していない

みなし残業時間を超える残業分や深夜労働、休日出勤に対しては、追加で賃金を支払う必要があります。そのため、労働時間を正しく把握していなかった場合に、違法とみなされるケースが多くなっています。

労働基準法において、雇用主は労働時間を適切に管理する責務を有していると規定されています。また、企業は従業員に対する安全配慮義務を負っており、働きすぎによる健康被害を防ぐ責任があります(労働契約法第5条)。そのため、いかなる企業も、従業員の労働時間を管理する必要があります。これは、事業場外労働や裁量労働制を採用している場合も同じです。

【対処方法】

労働時間を正しく管理する仕組みを整えることが何より重要です。具体的には、タイムカードやICカード、パソコン入力などを利用し、日々の始業・終業時刻といった労働時間の記録を残すようにします。事業場外の労働であれば、モバイル端末を使うのも有効でしょう。

固定残業代以上の残業をしているのに、差額の支払いがない

労使間のトラブルでもっとも多いのが、固定残業代以上の残業をしているのに、差額の残業代が支払われていないという金銭的な問題です。以下の三つのケースを見ていきましょう。

(1)みなし労働時間以上の残業をしているケース

みなし労働時間を超えて働いた従業員に、超過分を支払っていない場合は違法となります。このトラブルは、労働時間の管理が適切に行われていなかったり、そもそも従業員がみなし残業について正確に理解していなかったりした場合に起こりがちです。

【対処方法】

勤怠管理を適切に行うことはもちろん、従業員全員がみなし残業制度について正しい認識を持てるよう、情報共有することが大切です。

(2)休日労働と深夜労働があるケース

休日労働や深夜労働があった場合、差額の支払いがないためにトラブルに発展してしまうケースがあります。休日労働と深夜労働は、通常の時間外労働と割増賃金の率が異なります。差額残業代の計算方法を知らない場合に起こるトラブルです。

  • 時間外労働の割増賃金……通常の25%割増
  • 休日労働の割増賃金……通常の35%割増
  • 深夜労働(午後10時~翌日午前5時)の割増賃金……通常の25%割増(※)

※実際には、時間外労働と深夜労働は重複することが多いため、その場合は合計で「5割以上」の割増賃金となります

【対処方法】

休日労働や深夜労働があった場合は、割増賃金分を含めた全体の残業代を計算し、合計が固定残業代を超えているときに差額を支払います。例えば、割増賃金分を含めた全体の残業代が10万円、固定残業代が8万円の場合は差額の2万円を支払う必要があります。

(3)固定残業代がいくらかわからないケース

雇用契約書などに固定残業代の記載がなく、残業代の支払いをしていないケースです。固定残業代を明示していない場合、みなし残業自体が無効になるため、残業代をさかのぼって精算する必要があります。このケースは、企業側がみなし残業に関する法令を正しく理解できていないときに起こります。

【対処方法】

企業側のリスクが高いため、速やかに雇用契約書などの改定を行う必要があります。また、みなし残業について正しく理解できるよう、講習を受けるなどして法令の正しい知識を持つ必要があります。

最低賃金に抵触する

みなし残業を採用すると、あらかじめ取り決めた残業時間分に関しては割増賃金を支払わずに済むことも可能なため、コスト削減につながると考えるかもしれません。しかし、固定残業代を多くしすぎると、違法になる場合があります。それは最低賃金への抵触です。

固定残業代は、最低賃金の対象とはなりません。そのため、「基本給を下げて、その分を固定残業代として穴埋めする」という形で労働条件変更を行うと、結果的に最低賃金の対象額が減り、最低賃金を下回ってしまう恐れがあります。

例えば、東京都の最低賃金は令和元年10月1日から1,013円になっていますす。これを基に、最低賃金を計算してみましょう。

例)月平均の稼働日が21日、1日の所定労働時間8時間とした場合
月単位の最低賃金=1,013円×21日×8時間=170,184円

この場合、基本給が1ヵ月あたり170,184円を下回ると、最低賃金に抵触します。例えば、1ヵ月あたり基本給が15万円、固定残業代が8万円といった場合には、最低賃金に抵触します。基本給の部分が最低賃金を下回らないよう注意する必要があります。

【対処方法】

最低賃金は都道府県ごとに異なります。最新の額が厚生労働省のWebサイトで確認できます。

最低賃金の対象となる賃金について
毎月の給料には、基本給と固定残業代以外にもさまざまな諸手当がつく場合があります。このうち、最低賃金の対象となるのは、所定内給与である「基本給」と「諸手当」です。ただし、精皆勤手当や通勤手当、家族手当は最低賃金の対象となりません。また、所定外給与である、時間外勤務手当、休日出勤手当、深夜勤務手当も最低賃金の対象となりません。「固定残業代」が最低賃金の対象とならないのはこのためです。

3. みなし残業代・超過残業代の計算方法

みなし残業代や超過残業代は、正確に計算しないと従業員との間でトラブルの引き金になります。ここではさまざまなケースの残業代の計算方法を説明します。

計算ステップ

みなし残業制度を導入している場合の残業代の計算手順は、次のようになります。

(1)みなし労働時間に関係なく、その月の実際の残業代を計算する
(2)計算した実際の残業代と、みなし残業代を比較する
(3)実際の残業代のほうが多い場合は、超過分を支払う

まずは、残業代の計算方法を理解する必要があります。みなし残業代として一般的なのは「○時間分の『25%分』割増賃金を支払う」ケースですが、実際の時間外労働・休日労働・深夜労働を全て含めて計算した上で、みなし残業代と比較する方法であれば、安全に運用できます。

通常の残業代(休日労働や深夜労働がない場合)

残業代は原則、1時間当たりの金額で計算します。時間外労働の割増賃金は通常の25%割増になるため、基本給の時給に1.25を掛けた金額が残業代です。1時間当たりの残業代の計算式は次の通りです。

1時間当たりの残業代=基本給÷(月の労働日数×1日の所定労働時間)×1.25
例)
・基本給が20万円
・月の労働日数が20日
・1日の所定労働時間が8時間

1時間当たりの残業代=基本給20万円÷(月の労働日数20日×1日の所定労働時間8時間)×1.25=1,563円(端数は四捨五入)

月30時間の残業があった場合は、1,563円×30時間=46,890円がその月の残業代となります。

休日労働や深夜労働がある場合の残業代

休日労働や深夜労働がある場合は、通常の賃金よりも割増となります。休日労働の場合は35%、深夜労働の場合は25%の割増です。深夜労働は、原則午後10時から午前5時までです。

休日労働が深夜になる場合や、深夜労働が残業(時間外労働)になる場合は、割増率を合算します。

●休日労働が深夜になる場合
35%+25%=60%

●深夜労働が残業(時間外労働)になる場合
25%+25%=50%
例)
・基本給が20万円
・月の労働日数が20日
・1日の所定労働時間が8時間
深夜労働で2時間の残業を20日間した場合の残業代

基本給20万円÷(月の労働日数20日×1日の所定労働時間8時間)×1.50×2時間×20日=75,000円
欠勤の扱いについて

欠勤のある月は通常、みなし残業代の計算には影響が及びません。欠勤日数が極端に多いなど、固定残業代を満額支給するのは不合理と思われる場合は、該当者に対するみなし残業制度の適用について見直すことも必要でしょう。

4. 従業員の理解を促しトラブルを防ぐことが重要

企業がみなし残業制度を導入することのメリットとして、一定時間分までは残業代の処理が不要になり、業務の負荷を減らすことができる点が挙げられます。一方、従業員側には、残業しなくても固定で残業代をもらえるため、時間内に終わらせようという心理が働く、というメリットがあります。

ただし、法律や計算方法をしっかりと理解しないまま運用すると、思いがけず大きな問題に発展するなど、企業にとってマイナスになる可能性があります。人事担当者として制度の内容をしっかりと理解し、従業員への周知を徹底することが大切です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

最低賃金
働き方改革により同一労働同一賃金の考え方が認知され、賃金への意識が変わりつつあります。政府の重要施策の一つである最低賃金の引き上げは、非正規雇用者の賃金を底上げし、消費を拡大させて経済の好循環を目指すものです。最低賃金はほぼ例年改定されるため、制度を理解したうえで対応することが重要です。ここでは、最...
朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...
ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...

関連する記事

【違反タイプ別に解説】近時の最低賃金法違反にまつわる指導・トラブル事例と実務のポイント
最低賃金には、地域別最低賃金および特定最低賃金の2種類があり、地域別最低賃金および特定最低賃金の両方が同時に適用される場合には、使用者は高いほうの最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません。 定期監督における最低賃金法4条違反業種別件数は毎年3,000件前...
2015/03/26掲載人事・労務関連コラム
「給与計算」とは
企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソー...
2011/08/30掲載人事支援サービスの傾向と選び方
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
法定内残業をみなし残業に含むことはできますか
お世話になっております。 午前休を取得して、残業した場合の 法定内残業(所定外で100%支払う分)は みなし残業に含めることはできますでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...