企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】セイカツザンギョウ 生活残業

「生活残業」とは、生活費として残業代を稼ぐため、意図的に残業することをいいます。日本企業で長時間労働が問題となっている理由の一つは、「生活残業」を当てにする労働者が多いこと。この背景には、会社側は従業員一人ひとりがどのように働いているかを把握し切れず、従業員側は意図的に仕事の工数や働く時間を増やすことができ、さらにそれが高評価に結びついているという、日本企業ならではの根深い問題があります。
(2017/10/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活残業のケーススタディ

残業が月60時間に制限されると3%の減収
給与の現状維持には業務改革が求められる

会社員として、実際に「生活残業」をしたことがある人はどれくらいいるのでしょうか。2016年12月のマイナビニュース会員へのアンケートによれば、「生活残業をしたことがある」と回答した人は約4割。その理由として、「給料が安い」「生活が苦しい」「お金が必要だった」「稼ぎたい」といった声が聞かれました。多くの会社員にとって、残業をすることは、自身で給与を上げる唯一の方法となっているようです。

現在、政府が働き方改革で残業削減を進めていますが、実現したときに「生活残業」に頼っていた人はどうなってしまうのでしょうか。大和総研が2017年8月に発表した「日本経済予測」によれば、働き方改革で月の残業時間が60時間に制限されると、労働者全体で1ヵ月に3億8454万時間の残業が減る、と試算されています。年間の残業代に換算すると8兆5000億円で、雇用者全体の報酬の3%に相当。残業代が大きな収入減となっていることがわかります。

「生活残業」を当てにしていた労働者が「残業代なし」で生活水準を維持するには、基本給が上がる必要があります。そのために会社側は従業員の労働生産性を向上させ、利益を上げなければなりません。「データブック国際労働比較2017」(労働政策研究・研修機構)によると、2014年における労働生産性水準は、日本を100とすると、米国155.0、英国119.2、ドイツ112.3、フランス127.4。日本はもっとも低い水準であることがわかります。別の見方をすれば、それだけ生産性に関しては伸びしろがあるということ。日本企業が生産性向上を実現し、「生活残業」という日本企業特有の問題を解決できるのか、今後の動向が注目されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...
固定残業代
「固定残業代」とは、毎月決まった金額を見込みの残業手当として、実際の残業の有無にかかわらず支給する制度のことです。定額残業代ともいわれ、人件費抑制や支払い事務の負担軽減を目的とした導入事例が広がっています。一定の要件を満たす限り、適法であり、有効な制度ですが、昨今、不適切な運用から労使トラブルを招く...
36協定
労働基準法36条に基づいてなされる残業(法定時間外労働)や休日出勤(休日労働)に関する労使協定のことです。一般に「さぶろく協定」もしくは「さんろく協定」と呼ばれています。

関連する記事

「残業手当」100%支給にこだわる求職者
裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといい...
2012/05/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
生活型、付合い型、独りよがり型、抱え込み型…etc “タイプ別”残業時間削減のテクニックとその進め方
残業を削減するには、まずは社員の働き方を検証、見直し、恒常型残業を削減することから始めなければなりません。本記事では、日本能率協会総合研究所の広田 薫氏が「残業削減に向けた基本的な考え方」や「残業の九つのタイプ-その傾向と対策」など、具体的な事例を挙げながら、...
2013/11/18掲載人事・労務関連コラム
「残業時間削減」を考えるときに読んでおきたい記事6選
働き方改革の重要性が叫ばれる現在、従業員の残業時間削減は、多くの企業にとって重要な課題となっています。しかし、残業時間削減の目的や、残業が発生している原因を明確にしないまま施策を実施しても、その効果は一時的なものにとどまってしまい、根本的な解決にはつながりませ...
2017/06/28掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 労務・法務 ]
分類:[ 報酬 ]
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ インディードの採用ノウハウを無料公開
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...