企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】セイカツザンギョウ 生活残業

「生活残業」とは、生活費として残業代を稼ぐため、意図的に残業することをいいます。日本企業で長時間労働が問題となっている理由の一つは、「生活残業」を当てにする労働者が多いこと。この背景には、会社側は従業員一人ひとりがどのように働いているかを把握し切れず、従業員側は意図的に仕事の工数や働く時間を増やすことができ、さらにそれが高評価に結びついているという、日本企業ならではの根深い問題があります。
(2017/10/11掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活残業のケーススタディ

残業が月60時間に制限されると3%の減収
給与の現状維持には業務改革が求められる

会社員として、実際に「生活残業」をしたことがある人はどれくらいいるのでしょうか。2016年12月のマイナビニュース会員へのアンケートによれば、「生活残業をしたことがある」と回答した人は約4割。その理由として、「給料が安い」「生活が苦しい」「お金が必要だった」「稼ぎたい」といった声が聞かれました。多くの会社員にとって、残業をすることは、自身で給与を上げる唯一の方法となっているようです。

現在、政府が働き方改革で残業削減を進めていますが、実現したときに「生活残業」に頼っていた人はどうなってしまうのでしょうか。大和総研が2017年8月に発表した「日本経済予測」によれば、働き方改革で月の残業時間が60時間に制限されると、労働者全体で1ヵ月に3億8454万時間の残業が減る、と試算されています。年間の残業代に換算すると8兆5000億円で、雇用者全体の報酬の3%に相当。残業代が大きな収入減となっていることがわかります。

「生活残業」を当てにしていた労働者が「残業代なし」で生活水準を維持するには、基本給が上がる必要があります。そのために会社側は従業員の労働生産性を向上させ、利益を上げなければなりません。「データブック国際労働比較2017」(労働政策研究・研修機構)によると、2014年における労働生産性水準は、日本を100とすると、米国155.0、英国119.2、ドイツ112.3、フランス127.4。日本はもっとも低い水準であることがわかります。別の見方をすれば、それだけ生産性に関しては伸びしろがあるということ。日本企業が生産性向上を実現し、「生活残業」という日本企業特有の問題を解決できるのか、今後の動向が注目されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
労働生産性
就業者一人当たりが働いて生み出す付加価値の割合。国の経済活動の効率性を示すデータの一つです。

関連する記事

生活型、付合い型、独りよがり型、抱え込み型…etc “タイプ別”残業時間削減のテクニックとその進め方
残業を削減するには、まずは社員の働き方を検証、見直し、恒常型残業を削減することから始めなければなりません。本記事では、日本能率協会総合研究所の広田 薫氏が「残業削減に向けた基本的な考え方」や「残業の九つのタイプ-その傾向と対策」など、具体的な事例を挙げながら、...
2013/11/18掲載人事・労務関連コラム
すでに残業時間削減に取り組んでいる企業が8割強。大企業では約97%に
残業時間の削減に取り組んでいるかどうかを聞いたところ、「積極的に取り組んでいる」と答えた企業は34.8%。「取り組んでいる」(49.8%)を合わせると、8割強にのぼった。特に従業員数5001人以上の企業では97.1%、501~1000人、1001~5000人で...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
「残業時間削減」を考えるときに読んでおきたい記事6選
働き方改革の重要性が叫ばれる現在、従業員の残業時間削減は、多くの企業にとって重要な課題となっています。しかし、残業時間削減の目的や、残業が発生している原因を明確にしないまま施策を実施しても、その効果は一時的なものにとどまってしまい、根本的な解決にはつながりませ...
2017/06/28掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事

関連するQ&A

みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
法定内残業をみなし残業に含むことはできますか
お世話になっております。 午前休を取得して、残業した場合の 法定内残業(所定外で100%支払う分)は みなし残業に含めることはできますでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 労務・法務 ]
分類:[ 報酬 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...