企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14273件   回答数30295

傷病休職期間満了での退職扱い

弊社で自律神経失調症にて2017年3月末から現在まで休職している社員がおります。
①給与不支給(就業規則遵守)
②社会保険等の負担分も毎月振り込み済み
③医師による診断書も期限毎に提出して頂いております

休職期間が就業規則上2017年10月4日で満了となります、休職確定日2017年7月5日に本人に告知し、満了となる日程2017年10月4日を告示し、再度1ヶ月前の9月3日に再告知する予定です。その際に休職期間満了での退職のお知らせをしますが、この場合の退職は【解雇】【自己都合】【会社都合】等どのような形式になるのでしょうか?

又、弊社において新工場設立等で多額の助成金を頂く形になっておりますが、【解雇】等になると助成金が認定されないと聞いたことがあります。

・退職扱い、助成金等ご指導頂けたら幸甚です。

  • tommy$$$さん
  • 兵庫県
  • 半導体・電子・電気部品
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:助成金
  • 投稿日:2017/08/10 13:58
  • ID:QA-0071949

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/08/10 21:20
  • ID:QA-0071964

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則上で「休職期間満了により退職となる」旨の定めがなされていれば、解雇ではなく退職となります。この場合、定年と同じように規定に基づく自動退職になり法的に明確な退職の分類はございませんが、少なくとも会社都合退職には該当いたしません。

従いまして、基本的には自己都合退職と同様の扱いで問題なく、助成金認定や受給にも影響はないものと思われますが、詳細取扱いについては該当する助成金の運営母体にご確認されるとよいでしょう。

  • 投稿日:2017/09/01 16:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

迷っていた分が明確になりました、ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/10 21:42
  • ID:QA-0071965

代表者

「休期間満了に伴う【解雇】」と言わざるを得ないのでは・・・・。

▼ 就業規則に定められた休職期間は、労働契約不履行に依る労働契約解除に対する猶予期間であり、その期間満了に伴う契約解除が、「自然退職」、「契約解除」、「解雇」のいずれになるかが争点になります。
▼ 又、雇用保険被保険者離職証明関係では、大区分には、「事業所の倒産等による退職」、「定年、労働契約期間満了等による退職」、「事業主からの働きかけによるもの」、「労働者の判断によるもの」があります。
▼ いずれの助成金を指しておられるのか分かりませんが、弊職としては、「休職制度の目的は解雇猶予である」という意見を持っていますので、「休期間満了に伴う【解雇】」と言わざるを得ないと考えます。

  • 投稿日:2017/09/01 17:00
  • 相談者の評価:参考になった

会社都合なのか期間満了なのか判断しにくいのですが、その辺りを詳しくお聞きできたらと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/14 17:16
  • ID:QA-0071984

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

休職期間満了の場合には、離職票は、期間満了となります。
定年退職と同じ扱いです。

資格喪失届は、2となり、3(会社都合)以外となりますので、解雇や会社都合にはなりません。ただし、就業規則の休職規定を持参することになり、ハローワークが最終的には判断します。

  • 投稿日:2017/09/01 17:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

わかりやすく明快なお答えありがとうございました。
この場合本人の退職届が取れない可能性がありますがその場合どのように対応すればよいでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職期間について
いつもお世話になっております。 就業規則の休職期間についてお伺いいたします。 休職期間は会社が任意に定めることができますが、「1ヶ月」と定めることはできますか。 (多くの会社では6ヶ月ぐらいが多いようですが) また、休職に先立って欠勤期間を定めて、その後に休職とした方がいいのでしょうか?
助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
休職と退職
弊社の就業規則では、休職中の者が、休職期間を満了して復職できない場合は退職と規定しております。 退職となるのは、以下の場合です。 (1) 死亡したとき (2) 退職願を提出し、会社の承認を受けたとき (3) 復職を命ぜられることなく休職期間が満了したとき (4) 定年に達したとき (5) 会社に届出...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...
  • 「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
    昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介しています。
  • 利用者急増!退職代行会社等が関与する場合の留意点
    最近、本人に代わって退職の手続きを行う「退職代行業者」が話題になっています。もし、従業員から退職代行業社を通じて退職届が出されたら、どのように対応すればよいのでしょうか。実際の例を紹介しつつ解説します。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあ...


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...