企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12033件   回答数24910

社員の親族情報の収集について

初めて相談いたします。

社員の親族情報の収集について問題がないか、お尋ねいたします。

利用目的は、今後に備え、親族の介護に直面する社員がどれくらいいるかという情報を得たいためです。
同居の親族以外でも、両親、義両親、祖父母等の年齢や住所等の情報を収集したい、と考えております。

が、個人情報保護法の観点から、望ましくないのではという意見も総務内で出ており、どのような形で収集するのか(公にアンケートを取るか、個人的にヒアリングするかなど)も含めて、検討しております。

個人情報保護法その他に抵触する可能性はありますでしょうか?

ご教示いただけますとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2017/01/23 16:48
  • ID:QA-0068869

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/23 21:40
  • ID:QA-0068878

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

個人情報の収集や利用目的等については、通常会社の個人情報保護に関する規定で示されているはずです。そうした範囲内での収集・利用であれば都度同意を得る必要はございません。

仮に規定が無い場合ですが、個人情報保護に配慮した調査方法で実施されることで対応が可能になるものといえるでしょう。文面の目的からしましても、氏名や住所の聞き取りまでは不要といえますので、続柄・年齢・仕事や同居の有無といったような、具体的に家族個人を特定出来ない要素のみの調査にとどめられるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2017/01/24 14:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

さっそくのご回答ありがとうございます。
ご指摘の通り、氏名や住所までではなく、続柄、年齢、職業や同居の有無くらいまでの情報収集なら社員の同意も得やすいように思います。上司と相談して検討いたします。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/24 00:01
  • ID:QA-0068881

人事・経営コンサルタント

個人情報

ご提示の件ですが、「今後の介護状況」というきわめて個人的な問題に会社が介入する恐れがあり、深刻な個人情報侵害になる恐れがあると思います。そもそも介護をするしない、家族が相互扶助をするしない含め、完全な個人の事情であり、会社が関与するものではありません。家族で会っても縁を切っているというケースはどうするのでしょうか。そうした他人には知られたくない情報をあばき出す恐れがある点で大いに問題あります。
あくまでそうした状況が発生した場合、個人と会社が話し合って対応することが筋です。個人情報への考え方は個人情報保護法にしっかり明記されていますので、ぜひ今一度ご確認いただければと思います。

  • 投稿日:2017/01/24 14:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

さっそくのご回答ありがとうございます。
たしかに、本人が開示したくない情報を無理に聞きだすことのないように留意はしなくてはならないと考えてはおりました。個人情報保護法、再度確認して、検討したいと思います。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
個人情報保護法と労働組合
個人情報保護法対応で、労働組合と個人の情報をやり取りしていますが、この関係は共同利用となるのでしょうか?組合との関係をきちんと整理したく、お願いします。
家族情報の収集について
現在、弊社では、人事管理ソフトの入れ替えが完了し、これまで対応できていなかった部分へも拡充を図るため、社員から情報を収集しております。 もともと、同居親族の家族住所情報(氏名、続柄、職業、扶養状況、住所、年齢)を入社時に提出してもらっております。 また福利厚生の一環として、2親等以内の親族に弔事が...
社員の個人情報管理上の会社の責任
会社で社員から収集する情報を定義しているとして、その情報の提供を社員が拒否した場合の対処方法について悩んでいます。 例えば、その情報が病歴だとして、会社が知らずに職務につかせ病気が悪化した、または死亡した場合、たとえ事前に責任を問わない旨の覚書等を交わしていたとしても、当然会社の管理責任は問われると...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

【参加特典有】AP市ヶ谷OPEN記念イベント WEB面接に特化した採用システム インタビューメーカー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」
new

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...