企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「HRテクノロジー」関連のコンテンツ

  • 1

16件中 116件を表示

記事・コラム2020/07/07
労務管理分野のHRテクノロジー導入割合は21.3%。リテンション・退職分野はこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、HRテクノロジーの導入・活用状況の調査結果を紹介します。

記事・コラム2020/01/16
源田泰之さん:
人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開発の責任者として、ソフトバンクグループの後継者育成機関「ソフトバンクアカデミア」や新規事業...

記事・コラム2019/12/24
ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?
人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方だけでなく、企業経営における人事の役割まで大きく変えようとしている。その動きを加速させているのが「HRテクノロジー(HRテック)」だ。さまざまなサービス、ソリューションがリリースさ...

ニュース2019/12/05
シード・プランニング、HRテクノロジーの市場規模を算出
株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、HRテクノロジーに関する最新動向について調査を行い、このほど、その結果をまとめしたのでお知らせいたします。 日本における労働力人口の減少を背景に、企業の労働...

記事・コラム2019/12/02
今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。

用語集2019/11/21
「デジタルレイバー」とは? 一から教育することで最強の労働力に
「デジタルレイバー」とは、RPAやAIを使ったツールなどを用いて、テクノロジーが人間に代わる業務の担い手となる考え方のことをいいます。テクノロジーを働き手として擬人化していることから、「仮想労働者」と呼ばれることもあります。働き方改革による生産性向上...

記事・コラム2019/07/08
HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになる。また、業務効率化にお...

用語集2019/05/24
LMSとは? 一歩進んだeラーニングを可能にする学習管理システム
「LMS」とは、Learning Management Systemの略。eラーニングを行うための学習管理システムのことで、「eラーニングシステム」や「eラーニングプラットフォーム」と呼ばれることもあります。研修などにeラーニングを取り入れる際、企業...

用語集2019/04/26
企業人事への活用も! テキストマイニングとは?
「テキストマイニング」とは、文章や言葉などの大量のテキストデータから、有益な情報を取り出すことの総称です。統計学や人工知能などのデータ分析技術を使って大量のデータを分析し、規則性を見つけ出す技術をデータマイニングといいますが、その中でも文字列データに...

用語集2019/03/25
データドリブンとは? 人事に求められるデータに基づいた戦略
「データドリブン」(data driven)とは、ビジネスなどにおいて得られたさまざまなデータを総合的に分析し、意思決定の判断材料として役立てることをいいます。特にビッグデータを活用し、データによって現状を正しく可視化することで課題解決に結びつける考...

記事・コラム2018/08/07
「HRテクノロジーを活用しようという意識」がある割合は、経営層39.0%、人事部門59.5%、現場26.9%
HRテクノロジーを活用しようという意識が経営層にあるのかを聞いたところ、「当てはまる」(9.1%)、「どちらかといえば当てはまる」(29.9%)を合わせた割合は39.0%にとどまっている。人事部門は、「当てはまる」(16.0%)、「どちらかといえば当...

用語集2018/07/13
人事の仕事をどう変える? ディープラーニングとは
「ディープラーニング(深層学習)」とは、コンピューターが多くのデータから自動的に特徴を抽出し、学習する仕組みのことです。学習の指標などを人間が指示する必要がある「機械学習」をさらに発展させたもので、人間の脳神経回路をまねて作られたアルゴリズムを多層構...

ニュース2018/03/08
話題のAI選考について就活生の反応は?約半数が「AIに書類選考の合否を判定される」ことに否定的~キャリタス就活2019 学生モニター調査結果(2018年3月発行):ディスコ
株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2019年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、3月1日時点での就職意識および就職活動の準備状況に関する調査を行いました。(調査期間:2018年3月1日...

記事・コラム2017/10/23
「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの
HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」「HR technology」がそれに該当します。人材サービス会社だけでなく、ITサービス各社からもさまざまなサービスがリリースされていますが、それらを導入すれば、採用はうまくいく...

ニュース2016/12/02
HRテクノロジーで、人や組織のパフォーマンスの最大化を図る「リシテア/AI分析」サービスを販売開始~組織パフォーマンス診断や組織ストレス予測サービスを第一弾として提供:
株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:柴原 節男/以下、日立ソリューションズ)は、ダイバーシティ経営や働き方改革へのニーズが高まる中、人事総合ソリューション「リシテア」シリーズのコンセプトを、「働く一人ひとりの『躍動』を企業の...

用語集2016/08/05
HR Tech
“HR Tech”とは、“HR(Human Resource)× Technology”を意味する造語。クラウドやビッグデータ解析、人工知能(AI)など最先端のIT関連技術を使って、採用・育成・評価・配置などの人事関連業務を行う手法のことです。新しい...

  • 1

16件中 116件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会