企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

振替休日について

お世話になります。振替休日について9/17(本日)にインターネットに記載があり下記の様な内容でした。

土曜日を休日出勤し翌週の月曜日を振替休日とした場合、労働基準法の週40時間をオーバーするので25%の割増賃金を支払わないといけないと記載してありました。
月 火 水 木 金 土   日  月
8H 8H 8H 8H 8H 8H  休 振替
          48H労働

1ヶ月を見ると労働時間は同じとなるのですが支払わないと労働法に違反するのでしょうか?
支払う場合オーバーの8Hに対して25%の割増金を支払うのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿日:2010/09/17 08:06 ID:QA-0022956

*****さん
三重県/石油・ゴム・ガラス・セメント・セラミック

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答6
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

田添 忠彦
田添 忠彦
ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

割増部分の支払いが必要

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

本件は、昔振替休日の適用事例に関する行政通達があります。
それによれば、振替休日にによって振り返られた元の休日は労働日でなくなるが、週で見て40時間を越えている場合には、その超えた部分についての割増部分のみの支払い義務は残る、というものです。
従って、通常の割増残業代ではなく、割増部分(25%相当部分)の支払いが、厳密には必要ということになります。

ご参考まで。

投稿日:2010/09/17 08:29 ID:QA-0022957

相談者より

ありがとうございました。
対応について上司に相談いたします。

投稿日:2010/09/17 11:28 ID:QA-0041238大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

時間外手当

割増残業代義務があると考えますが、一方で連休を作るためなどの場合、支給がないとしても、従業員は納得すると考えます。

投稿日:2010/09/17 09:35 ID:QA-0022962

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

振替休日に関しましては、就業規則に定めがありかつ事前に振替日を特定する等の要件を満たす限り休日労働は発生しません。

しかしながら、免除されるのはあくまで休日労働に限られ、週単位の時間外労働に関しましては法定ルールがそのまま適用されます。通常これを1ヶ月単位で見る事は出来ず、そのような取り扱いは労働基準法違反になります。

従いまして、振替の結果当該週の労働時間が40時間を超える場合その時間分(本件ですと8時間)の時間外割増賃金部分(×0.25)の支給が必要になります。

投稿日:2010/09/17 09:43 ID:QA-0022963

相談者より

ありがとうございました。
8時間に対して25%の割増賃金が発生する事は解りました。
割増賃金を支払うのであれば振替出勤でなく休日出勤のままにしておいたほうが休日を取らせなくていいので会社にとってはいいのでしょうか?休日分の賃金に付いては振替も休日出勤も手当額は変わらないのですよね?週40時間を超える場合は代休の方が時間外額について支払い金額が少なくなって会社にとってはメリットがあるのでしょうか?

投稿日:2010/09/17 10:04 ID:QA-0041243大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

田添 忠彦
田添 忠彦
ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

割増部分の支払いが必要※補足

追加でのご質問に関しての補足です。

振替休日を運用した方が、休日時間外労働時間の本体部分の支払いはなくなりますので、会社のメリットは大きいと思われます。
なお、「代休」は法定の制度ではなく、そのような休暇を与えても、対象となった休日労働はなくなりませんので、休日分の時間外労働手当を丸々支払う必要があります。

ご参考まで。

投稿日:2010/09/17 10:43 ID:QA-0022966

相談者より

ありがとうございます。勉強不足で申し訳ありません休日出勤の本体部分についてご教授願います。
本体部分の支払いがなくなるとはどのようになるのでしょうか?
すみませんがよろしくお願いいたします。

投稿日:2010/09/17 11:17 ID:QA-0041245大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

田添 忠彦
田添 忠彦
ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

Re:割増部分の支払いが必要※補足

ご返信、ありがとうございます。

「休日出勤の本体部分」と申し上げたのは、通常休日出勤が発生すると、[残業基礎給×(1.0+0.35)]で計算した休日出勤手当を支給しなければなりませんが、その1.0の部分のことです。
つまり、振替休日を運用することは、人件費のマネジメントとしては、この本体部分を完全に消滅させる効果があります。

ご参考まで。

投稿日:2010/09/17 11:24 ID:QA-0022971

相談者より

 

投稿日:2010/09/17 11:24 ID:QA-0041248大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂き感謝しております。

再度御質問の件ですが、各々手当の額は異なります。休日割増賃金(×0.35)>時間外割増賃金(×0.25)ですので、週40時間を超える場合でも休日割増が必要となる代休を付与するより振替休日の方が会社にとりましてはコストダウンになります。

ちなみに、費用面のみで休日労働について考える事は妥当性に欠けるものといえます。所定労働時間を逸脱する労働は本来例外的措置である事に加え、当然ながら労働者の健康面での負担にも繋がるものです。そうした健康管理上での配慮からも、法的義務はないとはいえ極力振替休日を付与する事が望ましいというのが私共の見解になります。

投稿日:2010/09/17 11:35 ID:QA-0022975

相談者より

 

投稿日:2010/09/17 11:35 ID:QA-0041250大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
【36協定】延長時間と休日作業時間の関係について
休日出勤を伴う36協定の延長時間ついて質問させてください。 条件は以下になります。 ・変形労働時間制を採用していません。 ・36協定で月の延長可能時間を45時間までとしています。 ・法定休日は日曜のみです。 以下のような勤務状況の場合、36協定の延長時間の計算はどのようになるでしょうか。 20...
振替休日について
当社は、振替休日を実施していますが、半日の振替休日を2回で1日分の振替休日としてよいものでしょうか。また、振替休日日の変更はみとめられるものでしょうか
有給消化について
教えてください。 H28年3月7日~有給が発生している社員がいるのですが現在まで全く使っておりません。 事情があり、来月から勤務日数が減るので、その分を有給で消化しようと思いますが よく分からなくて困っています。 H28.3.7~H29.3.6⇒10日 H29.3.7~H30.3.6⇒11日 H...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
介護基盤人材確保助成金
新しく介護分野で創業したり、異業種から介護分野に進出したりした事業主に対して、その事業の核となる従業員および一般の従業員を雇用した場合に支給される助成金です。少子高齢社会が進む中で、ますますニーズが高まり、注目を集めています。
未活用労働指標
「未活用労働指標」とは、労働力人口と潜在労働力人口のうち、未活用を示す失業者、追加就労希望就業者、潜在労働力人口の割合を示す数値です。総務省は2018年1~3月期から新たに、労働力調査において「未活用労働指標」の公表を始めました。これまで労働市場を表す一つの指標として示されていた「完全失業率」に加え...
振替休日
「振替休日」には、大きく分けて労働基準法上の振替休日と、カレンダー上の振替休日があります。このうち、労働基準法上の振替休日の意味を理解していないと、給与計算を間違えたり、トラブルになったりすることがあります。また、休日の割増賃金が発生する「代休」との違いについての理解も欠かせません。これらは賃金の増...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/13
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...