企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15054件   回答数32348

降格規則の設定について

いつもお世話になっております。
標記の件につきまして、すでに多くの相談の寄せられているテーマと存じますので恐縮ですが、よろしくお願いします。

現在、当社の給料制度は、いわゆる職能資格制度の形態で運用していますが、年次を重ねるにしたがって、個々には業務内容や責任と一致しない状況が目立つようになりました。
そこで、この制度を改めて資格別の範囲給にすることにしました。いわゆる定昇が明確にできることと、資格ごとの給料の額が明確にできるので、それぞれの資格における職務と責任も金額に裏づけできるようになるものと考えております。
一方でこれにより、責任と金額が明確になることから、降格についても規定を盛り込みたく検討しております。
規定制定における留意点をご指摘いただきたく投稿しました。
よろしくお願いします。

【現状】
いわゆる職能資格による給料制度
昇格は資格ごとに所定の昇給額を上乗せする(積み上げ方式)
結果として同資格内において年長者(同一資格滞留者を含む)ほど支給総額が多い
また一部には非管理職が同一職場の管理職の支給額を上回っている(指揮系統と逆転)
就業規則には懲戒としての降格や減給を定めているが給料制度におけるそれはない

【制度改定】
いわゆる範囲給による給料制度
昇格は資格ごとの所定の金額を適用する(リターンマッチができるイメージ)
同一資格滞留には上限ができる
支給額と指揮系統との逆転は起こらない

【降格制度のかたち】
特に同一資格滞留を基準として、範囲給の上限に達し、次資格への昇格が困難な者(もちろん制度の趣旨とあわせて指導をした上で)について、同資格内の範囲で降給を適用する制度としたい。
また、それでもダメな場合(降格云々ではない段階とも思いますが)、資格自体を下げたいと考えています。

【設定を考えている規定案】
昇給および降給は原則としては毎年1回行い、4月に支給する給与より適用する
2)資格等級の見直しにより、上位の資格に昇格した場合は昇給し、下位の資格に降格した場合は降給することがある
3)前項の定めにかかわらず、経営上の都合その他やむを得ない事情が 生じた場合は昇給・降給の時期の変更あるいは昇給を行わないことがある
4)評価給については、人事考課の結果、当該等級の範囲内で決定する
5)昇給の検討は、原則として引き続き6か月以上勤務したものについて行う(試用期間も含む)
6)勤務成績不良のもの、業務外の事由により実就業日数が所定の就業日数の3分の2に達しない者、休暇中の者、休職中の者については昇給をしない、もしくは降給を行う場合もある

以上

  • *****さん
  • 東京都
  • 紙・パルプ
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2010/07/05 17:18
  • ID:QA-0021495

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/07/05 17:55
  • ID:QA-0021500

この回答者の情報は非公開になりました

降格についての規定

大きな問題は賃金を下げることがモチベーションの低下などを招くことです。理屈の上では、指揮命令系統で逆転がありえないと言っても、異動した際に急遽賃上げしたり、上司によって賃下げされたりすることは不満を招くでしょう。

職能資格制度はそもそも年功職階制度が基本だったところを、ポスト不足を解消するために、資格等級が上がる、つまり昇格することで昇給していくという制度でした。ごくわずかの昇給でしかないとしても、いくらかは昇給することがインセンティブになっていました。また、職能資格制度の基本は賃下げがなく、降格はありませんでした。

こうした基本原理は90年代半ば以降、見直しがなされ、上げ下げ自由、成果に応じて伸縮自在になりました。経営合理性は高いですが、現場は混乱しました。新人の大量離職やメンタルヘルス問題の多発、パワハラなどが起こってきました。

急激な人事改革は成功しないことは大手企業の「先進事例」をみれば明らかです。大手では、非正規雇用を多く採用することで、人件費削減にも積極的に取り組みましたが、近年では、雇用劣化不況、名ばかり正社員という言葉も出てきました。

どんなものでしょうか?

深いテーマなので、何回かに分けて回答します。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/07/05 20:29
  • ID:QA-0021509

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

降格と降給とは分けて…

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

実施されようとしている施策の趣旨とその背景となる問題認識はよく理解できます。
ただ、実際の構想されている仕組みは、降格と降給について、少々趣旨の混乱もあるのではとお見受けします。
まず、降給についてですが、その仕組みを採用するのなら、「範囲給の上限に達し、次資格への昇格が困難な者」に対して初めて降給するという仕組みは、少し変ではないでしょうか?
折角「職能給」を「等級別範囲給」に改定されるわけですから、範囲給の仕組みそのものを、将来降給が必要となるような社員に対しては上限に達しないような仕組みにすべきでしょう。

次に降格ですが、モチベーションマネジメントの観点からは、同一等級内における降給と等級を異動する降格とは全くインパクトが異なります。大げさに言えば、降格対象とするような社員は、「いやなら辞めても結構」というメッセージを送るのとほぼ同じと考えておくべきです。
その意味では、降格は人事評価の累積による自動査定のような形で実施すべきではなく、一定範囲で絞り込まれた対象者に対して、役員自らがきちんとした審査を行った上で実施するような仕組みとすべきでしょう。

ご参考まで。

  • 投稿日:2010/07/07 11:33
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
降給につきましてはご指摘の通りです。範囲上限で滞留とならないように指導するのも努めのひとつと思いますが、しかし現状においても例外的な範囲にはまりきらない者もおります。
経験や、職場(製造現場)運営要員面からは必要としつつも、では上位職へ当てはまるか、というとNOという状態です。
そうそうあることとは思いませんし、ある状態にしてはいけないと思いますが、降給についてはこの状態への対応を想定しています。
また、降格はご指摘の通り、自動査定ではなく役員による審査をもって確定とする運用を考えております。そうなることを望んではいませんが、結果として意味することになるところはご指摘の通りの認識です。
いやな言い方になりますが、管理職とその一歩手前の一定の層で吹き溜まりとなる傾向があります。よく言えばつつがなく毎日を過ごしているということでしょうが、そこで滞留し続けるということはワケがある、という現状です。いずれにしましても、恣意的にならない運用を第一としたいと思っております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/07/06 08:13
  • ID:QA-0021518

この回答者の情報は非公開になりました

中高年の報酬削減

企業によって事情が異なるでしょうが、全体のバランスを考えると、45歳以上を中心とする中高年社員の報酬を削減する局面がどうしても出てきます。段階的に下げるのか、一気に下げてしまうのか、いろいろなやり方がありますが、避けられないです。
賃下げはモチベーションを下げ、不満を引き起こします。本人としてはやはり納得できないです。
難しい問題です。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/07/06 08:38
  • ID:QA-0021520

この回答者の情報は非公開になりました

範囲給の設定

範囲給の設定は人事制度の1つのポイントです。

教科書的な職能資格制度では、全体の賃金をセーブするためにもある程度の重複が上位等級とあるものです。そして、上位等級になるほど開差型になるのが一般的です。しかし、その企業の賃金原資がないと、管理者として昇格しても、報酬そのものはさほど上がらない場合が出てきます。これは中小企業の実態です。
90年代後半以降、シングルレートが導入されたり、範囲給の運用はリジットになりました。これによって、昇格の実感は強くなりましたが、昇格しない限り、一切報酬が上がらない場合が出てきて、従業員一般の処遇に対する不満、将来に対する不安感、メンタルヘルスの問題などが生じました。
趨勢としては範囲給は小さくし、昇格のメリハリを強くすべきなのですが、その功罪があることも理解してください。
勝ち組に厚く報いることがインセンティブになると単純に考えられやすいですが、そうすると、先に昇格した者が人事権、評価権限を持ち、これから昇格しようとする層を負け組として固定化してしまう可能性が出てきます。
そうすると、有能な人は社外に去り、無能な人は上司のご機嫌だけ伺うような組織になってしまいます。
このことは米国でもずいぶん、問題になっています。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/07/06 23:59
  • ID:QA-0021551

オフィス代表

お答えいたします

御利用頂き有難うございます。

賃金制度の適否につきましては、会社の業態や規模・職位の種類と数に加え、組織風土や経営ポリシーによっても異なりますので、文面のような制度変革が御社に適するか否かをこの場で断定することは出来ません。特に文面で示されているような制度上の詳細部分につきましては御社の具体的状況を拝見した上でないと適切な回答を出す事は不可能である旨まずはご了承下さい。

その上で、回答可能な範囲内で私見を申し上げますと、年功偏重による賃金の高止まりを是正し降格・降給をも可能とする改善の方向性自体はおおむね妥当なものといえるでしょう。

但し、最も注意しなければならない点は、こうした降格・降給制度への変更が社員にとって賃金カットを目的としたものと受け止められないよう変更事情を充分に説明される事です。いかに精緻な範囲給制度を構築されたとしましても、その目的が不純と取られますと、実際の制度内容や運用に関わらず社員の不信感を招きモチベーションを低下させてしまいます。

従いまして、細かい制度内容は別にしまして、降格・降給の新設だけではなく、実績を出せば現状以上に昇格・昇給が期待できるといった点を具体的に説明出来るようにしておかねばなりません。

つまり、範囲給と社員の頑張りへの評価をリンクさせ、どの社員にとっても業務に励み成果を示す事で高い評価が得られると共に給与にも反映されることが分かるようなシンプルさ・透明性に留意されることが非常に重要といえます。そうした点で現行の職能資格が分かりにくいようであれば当然ですがその内容を実際の職場での役割に応じた分かりやすい役割等級等に変更されることも有効な方策といえるでしょう。

  • 投稿日:2010/07/07 10:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ご指摘の通り、現在は給料のできあがりが、結果として年功に重きがあるようになってしまい、特に年齢構成の物理面からも若手の管理職登用が増えてきている現状では、モチベーションが見い出せなくなっている傾向があります。(せっかく管理職になったのに矢面には立たされるは、先輩の平社員のほうが給料が実は高いという状態。これを超えてくれればまだ先があるのですが、多くはこの現状がモチベーションの上がらない逃げ道になってしまっています。)
そこで、注意点であげていただいておりますように、いったん降格という扱いになっても、再度がんばればまた元の資格、あるいはその次の資格にチャレンジできる枠組みとしています。回り道はしても基の資格に戻れば、その資格のほかの人と同じ待遇ということで、この点はセットで説明しようと考えております。
現在の制度は、原則降格や降給はないという前提で、いい意味では安心感をモチベーションとしていますが、逆に本人も監督側も『どうしてほしい・こうすればよい』の意思疎通から目をそむける一面もあります。
賃金カットリストラの口実ということではなく、実績を出して次の資格に昇格すればその資格の待遇をして、逆にその資格に求められている職務を満たせず昇格できない状態であれば、なにを求められているかからはじめて、結果としては降格もあるということを見えるように説明したいと思っています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
資格手当について
資格手当の見直しをかけており、国家資格・公的資格に対しての判断は比較的容易にできますが、民間資格に対しての判断が難しいです。 こういった手当基準を作成する際に参考にするもの等のノウハウがあればと思います。 民間資格例:画像処理検定・マルチメディア検定等
【労働保険】資格取得時の表彰金について
いつもお世話になっております。 当社では、会社が推奨する資格を取得したものに対し、表彰金(一時金)を贈る制度があります。 この表彰金は、労働保険の賃金にあたるのでしょうか? 支給は一回限り、一時金の金額は資格により1万~3万円程度です。 尚、所得税の課税対象になることは承知しております。 よろし...
資格手当は基準外手当?
現在、弊社では、公的資格手当の導入を検討しておりますが、導入した場合、資格手当は基準内手当として扱うべきか、基準外手当とすべきなのか、よくわかりません。もしご存じの方がおりましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 転職と資格取得の関係
    「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あくまでも実務経験優先が基本という姿勢を崩...
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。

あわせて読みたいキーワード

トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


従業員フォローと組織改善の<br />
両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の
両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...