無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

休憩時間につきまして

労働基準法では
労働時間が6時間を超えると45分
8時間を超えると1時間の休憩を与えなくてはならないとなっていますが
6時間ちょうどなら超えてないので休憩なしでも大丈夫なのでしょうか?
それとも5時間59分なら大丈夫なのでしょうか?
同じように8時間ぴったりなら45分でもいいのでしょうか?
7時間59分なら45分でいいのでしょうか?

大多数の企業が6時間勤務では45分
8時間勤務では1時間の休憩を与えていますが
厳密にはどうなりますでしょうか?
ご教示頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。

投稿日:2023/10/04 14:51 ID:QA-0131592

るぴしあさん
千葉県/医療・福祉関連(企業規模 51~100人)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

超えるとですので、
6時間ちょうどは、超えてませんので、休憩はなしでも大丈夫です。

8時間ちょうどは、45分の休憩が必要です。

大企業でも8時間勤務の昼休憩は45分とし、残業をする場合には、15分休憩してから、
というケースも少なくありません。

投稿日:2023/10/04 17:33 ID:QA-0131594

相談者より

ご回答ありがとうございます。
残業の際のことまでご教示頂き感謝致します。

投稿日:2023/10/05 16:25 ID:QA-0131633大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

労働時間が6時間以内であれば、6時間ちょうどでも休憩時間は無しで済みます。
8時間ちょうどなら45分となります。

投稿日:2023/10/04 18:17 ID:QA-0131598

相談者より

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

投稿日:2023/10/05 16:26 ID:QA-0131634大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、「超える」とは当該時点を含まない用語になります。

従いまして、1日の労働時間が6時間丁度であれば45分の休憩で、8時間丁度であれば1時間の休憩で差し支えございません。

投稿日:2023/10/04 18:57 ID:QA-0131603

相談者より

ご回答ありがとうございます。
パートさんや管理者の方に何度も尋ねられるので「絶対正解」というのを求めて質問させていただきました。助かりました。

投稿日:2023/10/05 16:28 ID:QA-0131635大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

厳密にいえば、法律上はあくまで6時間を超えた場合に45分、8時間を超えた場合に1時間ですから、労働時間が6時間であれば休憩を与える必要はなく、8時間の場合は45分の休憩を与えておれば問題はありません。

投稿日:2023/10/05 09:35 ID:QA-0131618

相談者より

ご回答ありがとうございます。
ご教示頂き自信を持って社員にお話しできます。
助かりました!

投稿日:2023/10/05 16:29 ID:QA-0131636大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。



問題が解決していない方はこちら
この相談に関連するQ&Aを見る
無料・匿名で相談できます。
お気軽にご利用ください。
社労士などの専門家がお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード