無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

定年後の継続雇用において本人が希望しない場合について

お世話になります。
弊社では60歳を定年とし、65歳までの継続雇用制度を導入しております。
その際、継続雇用にて有期雇用で契約している社員から63歳に到達する年度で次期の更新を希望しない旨の申し出がありました。
この場合、継続雇用制度においては会社としては本人が希望すれば65歳まで雇用する必要はありますが、本人が65歳に達する前に継続雇用を希望しない申し出があった場合は、現契約の期間満了をもって退職として問題ございませんでしょうか。
もしくは、本人から希望しない旨を記載した書面等をもらった方が良いでしょうか。

社内では契約満了で良いとの意見が出ていますが、希望しない旨の根拠となるもの(書面等)をもらうべきではないかと考えています。
これまで65歳到達前に雇用を終了するケースがなかったため、ご教示いただければ幸いです。

宜しくお願い致します。

投稿日:2021/03/08 13:19 ID:QA-0101483

otakeさん
大阪府/建設・設備・プラント

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

意思確認

本人の希望ですから全面的に優先されます。また不可欠ではありませんが、退職手続きを円滑に進めるため、退職届は取っておいた方が無難でしょう。

投稿日:2021/03/08 16:00 ID:QA-0101491

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2021/03/08 20:10 ID:QA-0101499大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

有期雇用で3年以内となりますので、期間満了で問題ありません。

本人から、退職届をもらっておいた方がベターです。

投稿日:2021/03/08 17:56 ID:QA-0101495

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2021/03/08 20:10 ID:QA-0101500大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

問題はありません。

65歳までの継続雇用期間中であっても、本人が自らの意思で63歳に到達する年度で次期の更新を希望しないと申し出ている以上、あえて65歳まで雇用継続を促す必要はありません。

退職届はもらっておいたほうがよろしいでしょう。

投稿日:2021/03/09 08:19 ID:QA-0101507

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2021/03/09 10:51 ID:QA-0101517大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、定年後の継続雇用制度に関しましては、当人が希望する場合に勤務が可能となる制度になります。

従いまして、当人が希望する場合のみでよいですし、逆に無理に希望に反してまで勤務を強要されますと、一種の強制労働で労働基準法違反を問われる事にもなります。

但し、書式は自由で構いませんが、念の為継続雇用を希望しない旨の文書を取られる事が望ましいといえるでしょう。

投稿日:2021/03/09 17:45 ID:QA-0101542

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2021/03/09 19:46 ID:QA-0101550大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
出向協定書

産業雇用安定助成金に対応し、在籍出向の契約を結ぶ際の出向協定書です。産業雇用安定助成金の必要事項に加え、出向において定めるのが望ましいルールを記載しています。

ダウンロード
異動希望申告書

従業員が異動を希望する際に、希望する部門や理由を会社(人事)に提出する「異動希望申告書」のサンプルです。テンプレートをダウンロードできます。

ダウンロード
退職連絡票

退職について管理するための連絡票です。退職事由・離職票交付の希望の有無、健康保険証の返還、健康保険証の任意継続手続きの希望、住民税の徴収方法などを書く欄があります。どうぞご利用ください。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード