企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

定年後継続雇用者の退職金について

当社は正社員の定年は60歳、65歳までの再雇用制度を敷いています。
再雇用で雇用を継続する場合も、一旦60歳で退職金を支給します。

同一労働同一賃金の制度設計にあたって、60歳以降の勤務に対しては、退職金の支給はしない事にしようと考えていますが、問題ありますでしょうか。
同様の考え方で、パートアルバイトについても同様の取り扱いをしようと考えています。合わせて問題の有無をご教示いただけますでしょうか。

定年以後の就業に対する取り扱いは、現役従業員と取り扱いに違いがあっても許容されるのではないかというのが、当方の解釈です。

よろしくお願いします。

投稿日:2020/11/14 10:26 ID:QA-0098284

ばんばさん
大阪府/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

定年退職金であれば、通常は60歳の定年で退職金を払うということで、問題はありません。

ただし、退職金の目的・性質によりますので、会社の退職金制度、規定を確認して、説明ができるようにしておいてください。

投稿日:2020/11/16 09:27 ID:QA-0098307

相談者より

ご回答ありがとうございます。
当社の退職金規程に、退職金の主旨の記載はありませんが、退職後の老後の所得保障として位置づけられ、長期勤続者ほど支給率が有利になっていることから、従業員の長期勤続を促進するためのインセンティブと解釈できると思います。この事から、定年退職後の雇用については退職金は支給しませんよ、と言った説明ができれば良いでしょうか。
規程に主旨を記載する事も検討します。

投稿日:2020/11/16 10:29 ID:QA-0098313大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

定年後継続雇用者の退職金不支給は不合理ではない

▼最近の一連の最高裁の決定は、不支給は「不合理とまでは評価できない」とする一方、格差の内容によっては「不合理とされることがあり得る」とも指摘しています。
▼これは、退職金を後払い賃金とするか、勤続褒章とするかによる解釈方法論以外に、パートやアルバイト迄の非正規雇用との線引き論など、収拾の付かない問題です。
▼ここからは、完全な私見です。定年後の再雇用、パート・アルバイト等の非正規被用者には、「退職金の支給は不要」です。今後のトレンドとしては、正社員に対する退職金は、漸減・廃止の方向に進むと思います。合理的存在理由の脆弱な賃金は自然消滅するでしょう。

投稿日:2020/11/16 10:21 ID:QA-0098311

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/11/16 10:40 ID:QA-0098314大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

退職金制度

社会通念的にも再雇用者への退職金はあまり合理性が感じられませんので、不支給自体は現時点で問題ないと思います。しかし社会通念自体が変化していくため、またこの先解釈が変わる可能性はあるでしょう。今準備しなくても良いだろうという判断には賛成です。パートアルバイトなど非正規雇用者については、重要なことは「同一労働性」ですので、立場がどうこう以前に、非正規労働者と同じ業務を無期雇用者が行わないという大原則が守られていれば問題ないでしょう。

投稿日:2020/11/16 22:41 ID:QA-0098334

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/11/17 08:52 ID:QA-0098341参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、いわゆる同一労働同一賃金とは、正社員と非正規社員が同じ業務内容や責任程度等で勤務する場合における不合理な処遇格差を解消する為に先般の法改正で設けられた制度となります。

従いまして、雇用身分に関わらず当事案の内容に関しましては直接適用されるものではございませんし、また特約でもない限り定年後の勤務に際し退職金を支給されるべき義務もございませんので、特に問題はないというのが私共の見解になります。

投稿日:2020/11/16 23:11 ID:QA-0098338

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/11/17 08:52 ID:QA-0098342参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

問題はありません。

60歳定年の時点で退職金を支払い、再雇用期間中については退職金の支給対象としないとする運用は極めて普通です。

そもそも退職金を支給するか否かは企業の自由であり、再雇用期間を退職金支給の対象とするか否かも企業の自由です。

パートアルバイトについても、同様の運用で別段問題はございません。

投稿日:2020/11/21 06:50 ID:QA-0098476

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/11/24 08:48 ID:QA-0098492参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
退職届について
いつも参考にさせていただいております。 弊社では、定年退職し、再雇用される場合でも、「退職届」を提出させており、再雇用期間満了時にも「退職届」を提出させております。 再雇用は一旦退職した者を再度雇用するということであると解釈しているためこのように同一社員に2度退職届を提出してもらっていますが、再雇用...
定年再雇用の退職金
初めて質問します。 当社では定年再雇用制度を導入しており、65歳まで再雇用するようになっています。65歳に到達した方で、貢献度が高かった方には退職金を支給するようにしています。 そこで質問ですが、 ①60歳定年時に退職金を支給しておりますが、65歳で支給する退職金は「退職所得」となるのでしょうか...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
高年齢雇用継続給付
「高年齢雇用継続給付」とは、定年後も企業に雇用されて働き続ける65歳未満の人が、60歳到達時点に比べ賃金が75%未満に低下した場合に雇用保険から支給される給付金であり、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類に分かれます。前者は、60歳以降も継続して同一企業に雇用されている60歳...
改正高年齢者雇用安定法
高年齢者雇用安定法とは、高齢化による生産年齢人口(15〜64歳)の減少が予想される中で、労働意欲を持った高年齢者が長く働くことができるよう、雇用確保や労働環境の整備を目的に1971年に制定された法律です。   2013年からの老齢厚生年金における受給開始年齢の引き上げを受けて、年金を受け取るまで...
定年後再雇用
厚生年金の支給開始年齢引き上げに伴い、定年延長などが義務づけられますが、定年は従来のままとし、希望者を定年後一定期間再び雇用する制度を導入する企業が増えています。企業は活用できる人材だけを確保することができます。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...