企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

自宅を拠点とする直行直帰型の営業職 移動時間は労働時間か

弊社でも在宅勤務制度を導入することとなりました。営業職も対象です。
特に営業職は、効率よく業務をするため極力事業所に出社せずに自宅を拠点として
直行直帰で営業活動をするというのが会社の指示です。

今回ご相談したいのは、営業職の移動時間を労働時間にどう考えるかです。
当社の所定労働時間は8時間、9時~18時(休憩1時間)での勤務が基本です。

●従来 
1.自宅から直行直帰する場合
  →最初の訪問先での仕事開始時間を始業(9時)、最後訪問先を出るとき(18時)を終業

2.事業所に出社(9時)してから、訪問先に行く場合の移動時間は労働時間とする。
  その後、事業所に帰社するまでの移動時間は労働時間とし、業務を行い18時に退社、終業

でしたが
●今後(自宅を拠点とした営業)
直行直帰の場合は従来のルール適用と考えていましたが、
在宅で仕事を行った後、訪問先への移動時間は労働時間扱いとしなくてはならないのでしょうか。

例)9時に在宅で始業し、10時に外出(1時間移動)→11時に最初の訪問先A~次の訪問先B
  (移動1時間)16時に帰宅しその後在宅で仕事をし、18時に終業

その場合、業務の最初と最後に在宅で少しでも業務を行ッタ社員の場合は
移動時間がすべて労働時間となります。(同じ拘束時間でも実務時間が短い)

前述の直行直帰の社員や、店舗や工場などの現場で通勤時間が必ずかかる社員との間で不公平感が
起きると思いますし、どうするのが公平かと思い色々調べましたが、
本件のようなケースは見当たらず相談させていただくことにしました。

なお弊社は、みなし労働手当などはなく、実労働時間での管理、給与支払いをしております。

投稿日:2020/09/15 12:14 ID:QA-0096739

迷う人事担当者さん
東京都/食品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、訪問型の営業社員であれば勤務時間内での移動は必然的に発生するものといえます。

従いまして、こうした勤務時間内での移動時間につきましても労働時間として取り扱うのが妥当といえます。移動時間といえども決して楽な行為ではありませんし、営業といったストレスのたまりやすい業務内容からしましても、他の社員と単純に比較して不公平等と決めつける事は早計といえるでしょう。

投稿日:2020/09/15 13:45 ID:QA-0096747

相談者より

ご回答ありがとうございます。
移動時間の扱いについては以前から課題でしたが、在宅勤務ができるようになりそこからの直行直帰となるとより難しくなり悩んでおりました。

遠方へ自宅から直行直帰となる場合のルール整備も含め検討してまいります。ありがとうございました。

投稿日:2020/09/15 16:58 ID:QA-0096758大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

在宅勤務には通勤という概念がない

▼在宅勤務には、基本的に、通勤という概念はありません。然し、所定労働時間、始業・就業時刻はある筈です。
▼客先への最初の訪問は、勤務地~客先です。在宅勤務でない場合の会社~客先と同じです。依って、労働時間として取扱うのが筋でしょう。帰宅に就いても同様です。
▼損だ、得だの議論は、在宅勤務という新就労形態に付きものです。具体案は別にして、概念的には、全員、1カ月交代にすれば済む話です。
▼是非論は別にして、具体的導入例が増えれば、本問題も広く議論され、落ち着く処へ落ち着くでしょう。議論は喧しいですが、派生的に起きる問題も多く、引け腰になっている企業も少なくありません。

投稿日:2020/09/15 16:45 ID:QA-0096757

相談者より

ご回答ありがとうございます。
確かに新就労形態への議論、拒否感もありますね。
ご指導ありがとうございます。

投稿日:2020/09/16 16:13 ID:QA-0096790大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

業務内容

完全リモート完結営業でない限り、営業活動で移動は通常欠かせません。製造や店舗など移動の必要の無い業務と比較すること自体が無意味です。全員全く同一業務でもない以上、必ず業務内容は違うのですから、間違った公平性を持ち出すような意見に耳を貸す必要はありません。何より営業効率、営業の成果管理による人事考課こそ営業には重要だと思います。

投稿日:2020/09/15 21:31 ID:QA-0096764

相談者より

ご回答ありがとうございます。
メーカーの色合いの濃い会社なので、色々な捉え方があります。
ご指導ありがとうございました。

投稿日:2020/09/16 16:15 ID:QA-0096791大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

在宅で仕事を行った後、最初の訪問先へ移動する時間、そこから次の訪問先へ移動する時間は、当該時間の自由利用が労働者に保障されていない限りは、労働時間として扱わなければなりません。

投稿日:2020/09/16 07:52 ID:QA-0096766

相談者より

ご回答ありがとうございます。
直行直帰の最初と最後の移動と勤務内の移動との違い(自由利用の可否)も定義が難しく迷っておりました。ご指導ありがとうございます。

投稿日:2020/09/16 16:16 ID:QA-0096792大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
直帰時(時間外)の移動時間について
お世話になります。 例えば、訪問先での商談終了が22時頃になったとして 直帰する際の移動時間は時間外となりますでしょうか? 弊社では通勤時間と考えておりましたが、間違っておりますでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ございません。
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
時間外勤務の移動時間について
表題についてご相談いたします。 弊社では、出張時の標準時間帯外の往復に要する時間は勤務時間とせず移動時間とする規程になっています。勤務時間外に出張先より一度会社に戻り仕事をした場合の移動時間も、勤務とせず移動時間として処理をしています。勤務時間としていませんが、時間外の移動時間を全て加算し(時間外の...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。