企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ザイタクキンム 在宅勤務

事業主と雇用関係にある労働者が、情報通信ネットワークなどを活用して、労働時間の全部または一部について、自宅や自宅近くの小規模オフィスで仕事に従事する勤務形態のことを言います。
(2005/2/14掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅勤務のケーススタディ

メリットはあるが業績評価などに難点
導入済み企業は2.8%にすぎない状況

インターネットが社会インフラとして急速に普及し、一方で働き方も多様化しつつあります。「在宅勤務」は労働者が仕事と生活の調和を図りながら、その能力を発揮して生産性を向上させることができ、また生きがいや働きがいの充実を実現することができる次世代のワークスタイルと言われています。他方、企業にとっては、都心に大規模なオフィスを構える必要がなくコストを削減できます。また交通渋滞や通勤ラッシュの緩和・解消など、社会的メリットもあり、これから普及が期待されています。

企業用データベース管理ソフト大手の日本オラクルは、2004年9月1日付で全社員(約1450人)を対象に『ワークアットホーム・プログラム』という名称で在宅勤務制度を取り入れました。特定の部門を対象に在宅勤務を導入する企業はありますが、監督職を含む全社員を対象にしているのは、きわめてめずらしいケースといえます。2段階に分けてさまざまな在宅勤務パターンをテストし、試験導入から本格導入まで2年9カ月を費やしたと言います。

2004年6月に厚生労働省が発表した「多様就業型ワークシェアリング制度導入意識調査」(個人約2200人、企業約650社が回答)によると、個人調査で在宅勤務を「希望する」または「どちらかといえば希望する」と答えた人の割合は38.9%となっています。性別に見ると男性が37.2%、女性が40.6%で、年齢別に見ると最も高かったのが30歳代の女性で51.9%でした。

一方、企業調査では導入企業は2.8%にすぎませんでした。「人材の有効活用につながる」「仕事の能率が向上する」といった声はあるものの、仕事の配分や雇用管理の複雑さ、業績評価の難しさなどから、本格導入については慎重な企業が多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

継続雇用制度
2006年4月、改正高年齢者雇用安定法が施行されました。同法には、雇用確保のための65歳までの「定年延長」、希望者全員の「継続雇用制度」、「定年の定めの廃止」――3つの選択肢が規程されていますが、継続雇用制度を導入する企業は対象となる高年齢者に関する基準を労使協定で定めれば、希望者全員を対象としな...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
個人請負労働者
企業と雇用関係を持たない個人請負の契約労働者を言います。最近、急増していると言われますが、労働基準法上の労働者に該当しないため、労働法などの保護の対象にはなりません。

関連する記事

在宅勤務制度に関する実態アンケート(労務行政研究所)  実施企業は36.4%。未実施でも検討・予定している企業が61.5%に達する。  運用上の効果は「育児による離職リスク軽減」が54.9%で最多
政府が推進する「働き方改革」において、「テレワーク」は「場所」や「時間」にとらわれない柔軟な働き方として重要施策に位置づけられている。中でも企業で導入機運が高まっているのが「在宅勤務制度」。各社の導入状況や導入効果など、人事担当者を対象とした実態調査から分析す...
2017/10/10掲載人事・労務実態調査
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査
業績連動型賞与制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度ですが、経済環境が変化する中で、見直す企業も少なくありません。今回はこの中から、導入状況、導入年、過去5...
2011/06/20掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...