企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 最終更新日:2019/12/26

【ヨミ】ワーケーション ワーケーション

「ワーケーション」とは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、旅先で休暇を楽しみながら、テレワークも行う働き方を言います。欧米で広まりつつあるスタイルで、休暇に仕事を組み込むことで、長期の休暇を取りやすくなるメリットや、業務終了後はレジャーを楽しみリフレッシュし、業務への新たな活力へつなげることなどが期待されます。

ワーケーションのケーススタディ

日本でも日本航空が「ワーケーション」を実施
観光地では受け入れの動きも

エクスペディア・ジャパンが2018年に発表した有給休暇の国際比較調査によれば、日本は調査した19ヵ国のうち、有休消化率が50%で最下位。「休み不足を感じているか」という質問でも、感じている人は53%と各国と比べて低くなっています。さらに、58%の人が「有休取得に罪悪感がある」と回答しており、各国の中で最も割合が多くなっています。この結果をみると、日本人はまだまだ休むことに慣れていない、休み下手な国民性だといえます。

日本航空は先駆けて、2017年7月から8月にかけて「ワーケーション」へのトライアルを行いました。同社ではワーケーションを「電話やWi-Fiがつながり、一両日中にオフィスに戻ってこられる場所でテレワークをすること」と定義。それまでもテレワーク制度はありましたが、年次有給休暇の完全取得のための新たな一手として導入されました。

トライアル実施にあたり、日本航空では社員が「『ワーケーション』は休暇に仕事を持ち込むもの」と捉えることのないよう、「ワーケーション」に適さないNGケースと適するOKケースを説明会を開いて明示。「予定していた休暇を、直前まで終わらなかった仕事に充てる」「出張に絡めて『ワーケーション』や年休を取得する」といったケースはNG。「急きょ入った仕事を旅先で短い期間に限って進める」「旅先にいる期間を長めにして、休暇とテレワークを行う」、「セーフティネット型」と「長期滞在型」をOKケースとし、仕事と休暇のメリハリをつけることを重視しています。(Itpro 2017/8/22記事より)

「ワーケーション」ではその受け入れの動きも見られています。和歌山県ではITを活用して白浜温泉街などの観光地で仕事と休暇をしてもらおうと、「ワーケーション」をPRした企業誘致に力を入れています。東京都内で「ワーケーション」に関するフォーラムを開催し、和歌山県知事や白浜町町長も出席。パネルディスカッションも行われました。

そもそも欧米などの海外には休暇中に仕事をする「ワーケーション」の考え方がありましたが、日本ではまだ広く認知されていません。忙しい日本人にとってはまとまった休暇を取ることが難しく、このような働き方が可能になれば、急な仕事が入って予定していた旅行がキャンセルになるようなこともなくなります。ただし、休暇を満喫するためには、仕事と休暇のメリハリをつけることが必須。働き方改革でもテーマとなっているテレワークやワークライフバランスの推進も絡み、今後の動向が注目されます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
ふるさとテレワーク
「ふるさとテレワーク」とは、都市部に拠点を置く企業が、地方に人材や仕事を移して行うテレワークのことで、地方の移転先や委託先で都市部にいるのと変わらない働き方を実現する取り組みをいいます。地方に整備したサテライトオフィスやテレワークセンター、個人宅などで働くことを前提として、都市部の人材を地方へ長期派...
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...

関連する記事

「働き方改革」推進に向けての実務(4)テレワーク
注目が高まっている「テレワーク」がもたらす様々なメリットについて、具体的な実務と留意点をまとめた。
2017/03/31掲載よくわかる講座
【「特別な休暇制度」の導入&活用方法】「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ!
昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省...
2015/01/16掲載人事・労務関連コラム
人事マネジメント「解体新書」第47回 「テレワーク」1000万人時代に向けて(前編)
近年、ブロードバンドや情報セキュリティ技術の発達に伴い、ITを活用し、自宅や社外で働く「テレワーカー」が増えてきている。テレワーカーが1000万人を超えてきたと言われる現在、人事としてどのように在宅勤務へ取り組んでいけばいいのか?今回は、そのポイントを紹介して...
2011/07/04掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
特別休暇の申請について 追記
特別休暇についてですが、 就業規則には、「休暇を与える」ではなく、「休暇を与えることができる」でした。 失礼しました。
忌引休暇の扱い
当社では、従業員本人が喪主の場合、5日以内の忌引休暇を取ることが出来ます。今回、疑問に感じたのは、夏期休暇や正月休暇など会社の長期休暇と重なった場合に、その休暇が終わった後に、続けてもう5日休暇を取るのは、忌引休暇の主旨に反すると感じるのです。会社の休暇日日数を忌引休暇の日数に含めて数えるというのは...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...