企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

新型コロナによる雇用調整助成金 在宅勤務の短時間休業について

いつもお世話になっております。
毎回こちらでの情報を活用させていただいております。

只今弊社では新型コロナウイルスによる影響で、
短時間休業と在宅勤務を併用して業務にあたっております。
短時間休業につきまして雇用調整助成金を申請するつもりです。

在宅勤務は短時間休業の日数にはふくまれない(助成金対象外)だと認識しておりますが、
業務内容の縮小から在宅勤務時間も、出社時と同じ短時間に縮小して行っております。
この場合、雇用調整助成金の申請には在宅勤務の日数も含めてよいのでしょうか。

すみませんが、お知恵をお貸しいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿日:2020/05/13 13:36 ID:QA-0093132

JINJIまりさん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

在宅勤務時間は休業ではありませんが、
在宅勤務時間を短時間にするということでであれば、短時間休業は可能です。

投稿日:2020/05/14 11:32 ID:QA-0093169

相談者より

ご回答ありがとうございました。

在宅勤務時間の短縮も短時間休業にできるということで安堵いたしました。

投稿日:2020/05/15 13:34 ID:QA-0093209大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、在宅勤務であっても労働時間になる事は変わりございませんので、時間短縮があれば短時間休業に該当するものといえます。

但し、在宅勤務に変更された時点でコロナ事象の影響は受けていないものとも考えられますので、そうであれば通常の時短扱いとしまして特例措置については対象外とされる可能性が無いとまでは言い切れません。

特殊な事案であり最終的には業務実態から行政が判断する事になるものといえますので、この場で確答までは出来かねる旨ご了承下さい。

投稿日:2020/05/14 13:09 ID:QA-0093178

相談者より

ご回答ありがとうございました

在宅勤務の短縮も短時間休業に該当する旨、安堵いたしました。
ただ、最終判断は行政にゆだねられること承知いたしました。
ご丁寧にありがとございました。

投稿日:2020/05/15 13:55 ID:QA-0093217大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

在宅勤務の日数含めてもOK

▼職場勤務であれ、在宅勤務であれ、それが、新型コロナウイルスにより縮小を余儀なくされた結果の措置であれば、いずれも雇用調整助成金の申請対象となり得ます。
▼従って、両者含めて申請して下さい。尚、お聞き及びだと思いますが、その手続きの多種多様さ、複雑さ、(相当、簡素化されましたが、それでも、アマゾンのジャングルだと酷評されています)には、腹を括って望んで下さい。
▼それでも、承認実績の悪評止まず、申請者・受取者、いずれも、企業から個人へ変更されることが、昨日、決まりました。(本日・日経・2面)「頑張って下さい」としか言いようがありません。

投稿日:2020/05/14 13:21 ID:QA-0093180

相談者より

ご回答ありがとうございました。

両社含めて申請できる旨、安堵いたしました。
仰る通り、まさに今申請手続きの複雑さと戦っております。
申請・受取共に企業から個人へと変わる情報は知りませんでした。
ご教示いただきありがとうございました。

投稿日:2020/05/15 13:38 ID:QA-0093214大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
在宅勤務手当の取扱いについて
いつも拝見させていただいております。 今般の新型コロナウィルスの影響により、弊社では、在宅勤務を導入しました。 今後も継続で在宅勤務を行うことになり、自宅での光熱費等が増えるということで、在宅勤務手当の支給を検討しております。 いろいろと調べてみますと、在宅勤務手当は割増賃金計算の基礎となる賃...
在宅勤務について
質問があるのですが、事務職の社員でヘルニアを発症し病院より、1ヶ月間の在宅勤務が望ましいとの診断書を頂きました。 本人、会社の同意の上、在宅勤務をする運びとなりましたが弊社では、規程等にも在宅勤務の運用ルールがないため、注意する点、必要な事項等があれば教えていただけますでしょうか?
在宅勤務手当について
 在宅勤務に伴って発生する水道光熱費や通信費用を在宅勤務者に負担とし、その負担分を補う形で在宅勤務手当を支給する場合、定額の手当(在宅勤務手当)で補う場合は、割増賃金の算定基礎に参入しなければならないと思います。  しかし、日額で支給する場合(例えば日額300円×在宅勤務日数で支給する場合)、月によ...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...
隠れ失業者
雇用維持の目的で政府が企業に支給する雇用調整助成金がなければ、リストラ解雇や派遣切りの対象となっていた可能性のある就労者を「隠れ失業者」と呼びます。雇用調整助成金が隠れ失業者の顕在化を食い止めているため、失業率は過小評価され、実態を反映していないという指摘があります。
雇用調整助成金
雇用調整助成金とは、景気悪化などによる事業縮小や労働者の雇用調整が必要となった使用者に対して休業手当や賃金の一部を国が助成するもので、雇用を維持することを目的に支給されます。 ※本記事は社会保険労務士の監修のもと作成しました。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。