企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14936件   回答数32042

勤務時間の変更について

ある社員が規定の勤務時間に出勤することが難しいと言ってきました。
理由は下記の通りです。
 1.異動により通勤時間が約1時間30分~2時間程度かかる場所になった。※車通勤で渋滞あり
 2.異動時は10:00~19:00の勤務時間でしたが、会社の都合で9:30~18:30に変更した。
 3.家庭の事情で子供を保育園に預けてから出勤しないといけないが、これ以上早めることができない。

本人は他の社員に迷惑をかけるので退職しますと言ってきていますが、
採用困難な職種でもあり、特別扱いはしたくないのですが、子供が保育園に通っている間は
10:00~19:00までの勤務時間にして対応してあげたいと考えています。

そこで、勤務時間についての覚書を交わすことで進めようと思っています。
注意事項としては、異動があった場合、保育園を退園した場合は9:30から勤務を開始する
こととするなどを盛り込みたいと考えています。

通常このような場合、どのように進めればいいのか、また、注意事項等あれば、
ご教示いただければと思います。宜しくお願いいたします。

  • 投稿日:2019/11/12 21:24
  • ID:QA-0088365

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/13 19:57
  • ID:QA-0088396

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

会社としても、優秀な人材確保、離職防止のために、
働き方改革、多様な人材対応の検討が必要とされる典型的なきっかけです。

本人が堂々と働けるよう、また他の社員からも不平がでないよう、ルールをけんとうすべきでしょう。
具体的には、育児休業法では、子供が小学校入学前までは、始業終業時刻の繰上げ・繰り下げ等が会社として努力義務とされています。

育児のための時差出勤制度導入を検討してください。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/11/14 07:57
  • ID:QA-0088398

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

問題は、この「特別扱い?」を他の社員が快く受け入れてくれるか否かです。

快く思わない社員がいれば当然社内の空気も気まずくなり、業務効率にも影響が出ます。

「自分もこういう事情があるので出勤時間をかえてほしい」といった要望が次々と出てきた場合、どう対応するのかといった課題も残ります。

当該社員も他の社員に気を遣って退職します、とまで言ってるわけですから、本人と覚え書きをかわせば、それで済むような問題ではございません。

まずは他の社員に事情を説明し同意を得ると供に、本人にその同意を遠慮、気兼ねなく受け入れてもらうことが大事です。

さらに、始業・終業時刻は、就業規則の絶対的必要記載事項ですから、やむを得ない事情により、これらを繰り上げ、又は繰り下げることがある、といった旨の改定も必要になるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/14 14:45
  • ID:QA-0088408

代表者

当事者の合意書及び就業規則への追加が必要

▼車通勤で、1.30H~2Hかかるのは、限界ゾーンですね。それは、さて置き、保育園への送迎問題が絡んでくると、何らかの特別措置の必要度合は高くなります。
▼所定労働時間は変わりませんが、始業及び終業時刻は、就業規則への絶対的必要記載事項なので、当事者の合意書及び就業規則への追加が必要です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/14 17:21
  • ID:QA-0088418

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、1の通勤時間に関しましては許容範囲内と考えられますので、異動命令自体が就業規則の定めに基づく適切な措置であれば問題ないものといえるでしょう。

しかしながら、2の始終業時刻の変更につきましては、就業規則で9:30~18:30という時刻が定められていなければ労働条件の不利益変更に該当しますので、通常の場合ですと労働者本人の同意を得られることが求められます。

加えまして、3についてはご認識の通り配慮措置を行われるべきですので、変更後の契約内容について当人ときちんとご相談され、折り合いが難しい点に関しましては代替措置を採られる等柔軟な対応も示される事により双方合意の上で決められる事が重要といえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
人事異動拒否
 就業規則で人事異動についての規定は一切ありません。  今回本人は現在の部署でもっと勤務したいというだけの理由で就業規則で「社員は人事異動に応じる義務がある」とは記載されていないとして異動を拒否しています。  このような場合本人の同意を得れないと人事異動を発令することは出来ないのでしょうか。  なお...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
人事異動
「人事異動」とは、会社組織の中で従業員の配置・地位や勤務状態などを変更することです。住居の異動などを伴うことがあるため、日本企業では年度末に実施されるケースが多くなっています。ここでは人事異動の種類と、円滑に実施するためのポイントを解説します。
玉突き人事
「玉突き人事」とは、一人の従業員を特定のポジションに異動させたことで、ビリヤードの玉突き連鎖のように次々と穴埋めで行われる人事異動のことをいいます。本来、人事異動は人材育成や組織活性化を目的に本人の希望も加味しながら、明確な目的をもって行われますが、玉突き人事の場合には客観的な理由が不明瞭なまま異動...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/15
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...