企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15375件   回答数33191

就業規則記載定年より上の方の正社員採用

弊社の定年は就業規則にて60歳と定めています。また従業員の区分と定義は以下のようになっております。現在62歳の方を
中途で、管理職、正社員で採用することを検討中です。そうなると弊社の就業規則の変更が必要でしょうか?

それとも、就業規則は変更せず、この方と結ぶ雇用契約で
何かを規定するのは(別の「定年」とか?)可能でしょうか?

弊社の規定では、正社員には、「期間の定めのない雇用契約」と「期間を定めた雇用契約」があるので、この方にどちらを適用するかは、まだ決めておりません。 

ご助言いただきたく、よろしくお願いいたします。

(定年退職および再雇用)
1.従業員の定年は満60歳をもって退職とし、定年に達した日の翌日(誕生日)の属する月の末日をもって退職とする。
2. 会社は従業員が希望する場合、原則として65歳に達した日の属する月の末日まで再雇用する。
3. 再雇用期間は1年とし、原則として反復更新する。ただし従業員が本規則に定める解雇事由もしくは退職事由に該当する場合、または雇用契約に定める契約刻新事由を満たさない場合はこの限りではない。

4. 再雇用の条件は雇用契約書において個別に定める

5. その他再雇用にかかわる事項については、高齢者雇用安全法の定めるところによるものとする。

(従業員の区分と定義)
1.正社員:正社員として基幹業務に携わることを前提に、期間の定めのない雇用契約により雇用された者
2.期間の定めのある正社員
正社員として基幹業務に携わることを前提に、期間を定めた雇用契約により雇用された者
3.嘱託従業員
正社員とは異なる労働条件で、嘱託従業員として1年以内の期間を定めて雇用された60歳以上の者

  • なんでも事務屋さん
  • 東京都
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2019/08/23 15:48
  • ID:QA-0086375
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/08/23 22:52
  • ID:QA-0086385

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則で定年を超えるような年齢の方であっても、当人の希望に応じ雇用契約を締結する事は差し支えございません。

但し、既存の管理職社員等に不公平感を持たれかねませんので、業務運営の事情や当人の優れた業務能力といった特別な理由での採用として明確に位置付けられるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2019/08/26 14:31
  • 相談者の評価:参考になった

ご助言ありがとうございます。
定年超えの方を雇用する手段はあることが分かり
安心致しました。一方、別の方からの助言も読み、
不公平な状態になるという問題に真剣に配慮しなければならない。とも理解しました。

実は「定年を設けない」とする案が出ております。理由としては、1) 中途採用が主で、今後も新卒採用は起きない 2)10名前後で今後も事業を行う 3)採用条件が厳しく条件に合う人はなかなか見つからない。などがあります

定年ナシというのは、法規上やってもよいのでしょうか? 定年は設けない事にした場合、就業規則上に記載すべき事項はございますでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/08/24 11:41
  • ID:QA-0086389

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、会社のルールである就業規則にあてはまらない従業員はおくべきではありません。
他の社員にも説明がつかないからです。

選択肢としては、
2.期間の定めのある正社員
正社員として基幹業務に携わることを前提に、期間を定めた雇用契約により雇用された者
がよろしいかと思います。

私の経験上ですが、
顧問先等で他社で長い方を、管理者で迎えた場合に、期待外れのケースも少なくありません。
前社のルールが常識になってしまい、柔軟性に欠けるケースも多いからです。
ですから、そのリスクを軽減する意味でも、はじめは有期契約をお勧めします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/08/26 19:05
  • ID:QA-0086421

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、定年を定めないことは労働者にとりまして有利な取扱いになりますので勿論法令上差支えはございません。

但し、そうなりますと当人が就労希望される限り特に問題がなければ半永久的に雇用し続けなければなりませんので、慎重に検討されるべきといえます。

  • 投稿日:2019/08/27 10:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部先生
再度のお答えありがとうございます。やはりその点が慎重に検討する項目なのですね。従業員に有利な変更は簡単にできますが、元に戻す際(不利な条件)には、正当な理由と従業員の理解が必要だと思っております。今回の件につきまして、慎重に検討することにいたします。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則・パート就業規則、嘱託就業規則について
就業規則ですが、無期雇用対策のために正社員用、パート・アルバイト用、嘱託用と 分けて運用をしようと考えています。そこで就業規則の適用条文に この就業規則は正社員に適用し、パートや嘱託には適用しないと規定した場合、 パート就業規則、嘱託就業規則を作成する際に、正社員就業規則を準用するという 文言を入れ...
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
改正高年齢者雇用安定法
65歳まで働き続ける環境整備を企業に義務づける法律。高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となった(2006年4月施行)ほか、雇用者の再雇用促進などを図る措置(2004年12月施行)も盛り込まれています。
正社員
普段、何気なく使用している「正社員」という言葉。あらためて、正社員とはどのような労働者を指すのか、また正社員以外の労働形態について詳しく見ていきます。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY 最短1営業日で従業員代表を選出しませんか
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...