企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14073件   回答数29761

年休の時季変更権の行使、使用者側の時期指定の違いについて

平素はいつも参考にさせて頂いております。

さて、当社のシフト勤務の職場の職場長より表記についての解釈が分かりかねている旨の質問を受け、当方でも見解を示すのに至らなかった点があるため、各論となりますがご質問したく存じます。


当社のシフト制の職場においては、翌月のシフト作成にあたって、特定日に休日希望者が集中して当該日の運営が厳しいと想定される場合、調整を行うことがあります。
具体的には、職場長から当該社員のから「時季変更する方がいないか」申し入れします。多くの場合、その中から「とりあえずでこの日に希望を出したから別の日に変更してもよい」という社員がいるため、その社員には別の日で休み希望を入れ直ししてもらっています。
このような運用について、当社では職場長の「時季変更の申し入れ」と考えており、「時季変更権の行使」「使用者側の時季指定」いずれにもあたらないと考えております。この解釈・認識に何か法的懸念点はございますか?


当社では年休の消化が進まない社員に対して、職場長より「今月はなんとか●●日は年休を消化できるよう休み希望を入れてもらえないか」と申し入れることがあります。
このような場合、当該社員から指定された年休希望はシフト調整されることはまず実務上はありませんが、職場長から特定日を指定しているわけではないため、「使用者側からの時季指定」にはあたらないと解釈・認識してよいでしょうか。

①、②に係るご見解及び前提として~場合であれば可能などございましたらご教示頂けますと助かります。
細かい質問で恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 着眼大局さん
  • 静岡県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2019/02/06 10:44
  • ID:QA-0082188

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/06 11:21
  • ID:QA-0082191

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず①につきましては、当初の年休希望提出時点で時季指定は確定していないものと見受けられます。つまり、あくまで仮の調査に過ぎず後日正式に当人の希望に応じて決められているものといえますので、これだけで使用者側での時季変更等には当たらないものと考えられます。但し、当人が当初から確定的な年休希望日を示されたものを変更する場合または後日出された希望を変更されるような場合ですと、時季変更権の行使となり通常は認められませんので注意が必要です。

そして②につきましては、当月取得の強要や具体的な取得日の指定をしていないことから単なる年休取得の勧奨(決定は労働者本人に委ねられる)といえますので、使用者からの時季指定には該当しないものといえます。

  • 投稿日:2019/02/06 11:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々に明快なご回答頂きましてありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/06 14:52
  • ID:QA-0082197

人事・経営コンサルタント

時季変更

時季変更はあくまで会社の都合で日時指定をすることを指しますので、①②いずれも単に希望を募る、休暇取得を呼びかけるだけで、特定の指示はないと考えるべきでしょう。

  • 投稿日:2019/02/06 16:52
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/06 16:03
  • ID:QA-0082200

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 長期有休やシフト勤務における事前の調整は、判例でも事業の正常運営を保つため、必要なものと認められております。ご質問の内容は、事前調整であり、ご認識のとおりと思われます。

②について
 有休取得を促しているだけですので、ご認識のとおりです。

  • 投稿日:2019/02/06 16:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
シフト制について
シフト希望を当社はとるようにしているのですが、社員とPTEのシフト希望は、そもそも聞かなくとも問題にはならないのでしょうか?
「使用者による時季指定」と「労働者自らの請求・取得」について
いつも大変参考にさせて頂いております。 さて、当社では1箇月単位での変形労働によるシフト勤務を行っている職場が多くありますが、年休5日取得義務化にあたって当社の運用が表記のいずれの解釈になるか確認したくご質問いたします。 当社では月の中旬より、翌月の休み希望(年休希望日)を社員に仮シフト表に登録...
指定年休と派遣社員
当社は派遣社員を受け入れる側である派遣先事業所です。 当社事業所の社員には、就業規則及びそれに基づく勤務カレンダーで所員一斉の指定年休日を設定しているのですが、この場合、派遣社員の扱いはどうなるのでしょうか。 その指定年休日に派遣社員を休ませると事業主都合による休業扱いとなってしまうのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...