企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14281件   回答数30314

みなし残業手当の個人別設定について

いつも拝見いたしております。

当社では、給与が基本給およびみなし手当(一律30時間分のみなし残業分)を支給しています。
30時間を超えた部分は支給しています。

今後、中長期的にこのみなし手当てを廃止していきたいと考えており、給与改定を行なうことになりました。
2年置き程度に改訂を実施し段階的に減らし、最終的に廃止としていく予定です。

ただ、恒常的に残業している社員とほぼ残業がない社員でばらつきがあり、実績に応じて個人別にみなし時間を設定できないかとのオーダーを受けています。
具体的には、30時間未満の社員は20時間、30時間を恒常的にオーバーしている社員は35時間といったイメージです。

職種で分けるというよりは、個人実績で分けたいと考えています。
最終的に全員廃止の方向は変わりません。

ご教授頂きたくお願い致します。

  • やまもと2016さん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/12/23 14:48
  • ID:QA-0081212

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/25 12:44
  • ID:QA-0081229

社会保険労務士法人SRグループ 代表

みなし残業手当を個人別に設定することは問題ありません。

みなし残業手当を個人別に設定することは問題ありません。
みなし残業時間を廃止する場合、減額分のみなし残業代を基本給に組み込み、総支給金額は、変更前の金額と同額となるように調整する方法をお勧めしております。

このとき、業務量が従来通りのままである場合、残業時間は従来通りのままとなる可能性が高く、みなし残業代を廃止した後は、従来のみなし残業代を基本給に組み込んでいるため、残業単価が高くなり、支給するべき残業代は高くなります。

そこで、社員個別に業務量の過不足の確認を行い、勤務時間内で収まるよう業務調整を行うことや、業務量に比べて時間がかかっている社員に対しては、何が問題になっているか確認を行うことなど、精査を行うことが望ましいです。

そのうえで個別の残業時間を把握し、直ちにみなし残業代を廃止することで、残業代増加による人件費の高騰が見込まれる場合は、移行措置として社員個別にみなし残業時間を設定し、複数年かけて業務の調整もしくは本人の業務能力向上などと併せて段階的にみなし残業代を廃止していくことをお勧めいたします。
また、どうしても残業時間を調整できない場合も想定して、残業代の増加見込み金額をシミュレーションしておくことも重要です。

  • 投稿日:2018/12/26 07:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

藤田先生

回答有難うございます。
総賃金が意味なく増加しない様、業務管理を行ないながら調整していきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/25 12:57
  • ID:QA-0081231

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

みなし残業手当を個別に設定しても問題はありません。
ただし、就業規則、雇用契約書にその旨を明示する必要があります。

  • 投稿日:2018/12/26 07:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

小高先生

回答有難うございます。
就業規則を確認し、対応して参りたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/25 18:22
  • ID:QA-0081236

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、固定(みなし)残業制は法的に定められた制度ではございませんが、労働基準法上の時間外労働等の扱いに反していない事が求められます。

個人別に設定されるとしましても、該当時間数を明確にされ法定以上の割増賃金支払いになる等法的取扱いに反していない限り、差し支えはないものといえます。そして、メリットの少ない固定残業制を廃止される方向性も理に適っているものと考えます。

  • 投稿日:2018/12/26 07:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部先生

回答有難うございます。
固定残業制を将来的に撤廃していきたいとも考えていますので、慎重に検討していきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/26 10:54
  • ID:QA-0081264

人事・経営コンサルタント

労働契約

個人毎に条件の変わることはあり得ますので、可能ですが、そのことは労働契約や就業規則での明記が必要です。すべての対象者となる人の労働契約を見直す必要があるでしょう。また残業時間の差が問題なのであれば、単に管理者の管理の問題ですので、そうした手間をかけずとも、しっかりと残業命令や業務進捗を上長が把握しているかなどを検査することで対応できます。

  • 投稿日:2019/01/28 15:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

増沢先生

お忙しいところ回答有難うございました。
参考にし、検討いたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
みなし残業手当廃止に伴う賃金規程の改定について
当社では現在、残業約30時間分をみなし残業手当として 固定給で社員に支給しております。 みなし残業手当以上の残業をすれば、超過分は支給しています。 またみなし残業手当以下の残業時間であっても、みなし残業時間分に達しない分を減額せずに 固定給として支給しています。 この制度を来期から、みなし残業手...
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。