企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

業務委託契約に対する、副業会社員への再委託について

地域の中小企業に対して、会社員が副業で携わるプロジェクトを組成したいと考えています。
その際に、中小企業と、会社員(人材)の間に立ち、そのプロジェクトのマネジメントを行う別の団体(コーディネーターと呼称)が入ることを想定しています。

契約形態として、中小企業とコーディネーターが業務請負又は委任の契約を結び、コーディネーターと人材が、その業務の一部を委託する再委託契約を結ぶことを想定しています。

その場合に、問題が起こり得るかを相談したいです。

1.上記の形の場合に、コーディネーターは何か資格を持っている必要があるか否か
業務請負で仕事を受けること自体には、資格は必要ないという認識です。
一方で、人材に対して、再委託で業務を委託する際には、何か、必要な資格はありますでしょうか。
(派遣や、雇用にかかる法律との兼ね合いで、何かあるかを気にしています)

2.上記の場合に、人材の働き方として、気にするべきことがあるか否か
中小企業の事業所に常駐し、中小企業からの指揮命令によって仕事をすると、それは派遣法?労働法?か何かに抵触する気もしますが、それはどうでしょうか。

3.上記の場合に、人材と中小企業の間に契約を結ぶ必要があるか否か
秘密保持契約等は、コーディネーターと人材が結ぶ契約でカバーすればよく、中小企業と人材では契約を結ぶ必要は無いという認識なのですが、それで合っていますでしょうか。

以上3点について、ご回答を頂けますと幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

投稿日:2018/04/10 15:43 ID:QA-0076009

take5292さん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

プロジェクト全体増が未だ個別問題ご議論する段階に達してないようです

▼ 大雑把にいえば、発注は、請負、委任(正確には準委任)、業務委託等の形で、中小企業 ⇒ コーディネーター ⇒ 人材の流れ、対価はその逆の流れになるものと理解致します。
▼ 請負と業務委託の違い、コーディネーターの法的位置付け、それを構成する副業者の確保、その再委託先など、地域産業振興目的の公益財団法人に準ずるアプローチを必要とするような案件ですね。
▼ それは別として、3点の質問にお答えします。
1.コーディネーターは、格別の資格がなくても構いませんが、一定の信用レベルの高さが欠かせません。
2.中小企業でも多くの会社で、就業規則の中にこの兼業禁止規定が定められ、その違反が懲戒事由とされていると思います。尤も、副業・兼業は、政府が「働き改革の第3段階」に位置付けていますが・・・。
3.人材と中小企業間に直接の関係はなく、契約は不要です。但し、冒頭の流れに沿って、コーディネーターと人材間で、秘密保持義務を含む契約は必要です。
▼ ご質問全体を見させて頂いて感じたことは、ご相談プロジェクト全体像が未だ個別問題として。議論する段階まで纏まり切っていない様ですね。具体的に焦点が固まった段階で、改めて、相談先にコンタクトされるのがよいでしょう。

投稿日:2018/04/11 11:40 ID:QA-0076021

相談者より

ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。
仰る通り、まだプロジェクトの全体像が固まっていない中での質問にも関わらず、ご回答頂いたことを感謝いたします。

一点追加質問となってしまうのですが、ご回答頂いた、”地域産業振興目的の公益財団法人に準ずるアプローチ”とは具体的にはどういったことを指していらっしゃいますでしょうか?何か、参考となるWEBページ等ありましたら、ご教示頂けますと幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

投稿日:2018/04/11 12:43 ID:QA-0076023大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問の件について各々回答させて頂きますと‥

1.雇用関係が一切発生しない、つまり全ての当事者が個人事業主として請負または委任契約のみに関わるということであれば、原則として資格は不要といえるでしょう。但し、特定の業種・業務に関わる何らかの資格または行政官庁による許認可等が必要な場合があるかもしれませんので、事前にプロジェクトに関わる業種や業務に関わる団体または専門家等にご確認される事をお勧めいたします。

2.中小企業の事業所に常駐のみならず、中小企業からの指揮命令によって仕事をするとなれば、当然ながら雇用関係が発生しますので、中小企業の従業員として雇用されるか、あるいはコーディネーターが従業員として雇用の上、労働者派遣事業の許可を受けた上で当該企業との間で労働者派遣契約を締結し派遣社員として勤務してもらうかいずれかの方法を取る事が必要です。勿論、そうなりますと個人事業主としての副業という前提は崩れますので、プロジェクト実施自体を大幅に見直しされる事が不可欠といえます。

3.あくまで個人事業主としての前提で申し上げますと、不要といえるでしょうが、当然ながら中小企業とコーディネーター間での秘密保持契約等は不可欠です。

いずれにしましても2の点で問題が生じる可能性が高いですので、極力人事労務に精通した弁護士等の専門家に直接ご相談される等、慎重に検討される事をお勧めいたします。

投稿日:2018/04/11 18:04 ID:QA-0076038

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

公益財団法人に就いて

先般、別件で、某県の公益財団法人の地域内産業振興の人材の件で調査致しました。当該サイトは、どうも公的機関ではないようなので、引用は控えますが、<公益財団法人とは>というキーワードで検索してみて下さい。

投稿日:2018/04/11 21:12 ID:QA-0076043

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
業務委託契約について
ご質問させて頂きます。 業務委託契約を締結予定だったのですが、両社の契約の確認中に 委託予定の業務がなくなってしまいました。 契約がされてない状態で業務は、1ヶ月のみなので委託契約は無かった事にして問題はないでしょうか? 知識不足のため、ご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
社外取締役契約について
従来、社外取締役とは契約を締結していませんでしたが、本年度から契約する指示がありました。どのような内容で契約することが望ましいのでしょうか
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
    主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
  • 人材採用“ウラ”“オモテ” スピードか、スクリーニングか
    近年、人材紹介会社に求められる役割は多様化している。面接までの「スピード」を求められる場合もあれば、「スクリーニング」の精度を求められる場合もあり、同じ会社でも職種や部署によって要求が異なることも珍しくない。紹介会社には、そうしたニーズの違いをきちんと理解して対応することが求められていて――。
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
あわせて読みたいキーワード
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
業務請負
深刻な人材不足を解決する手段の一つとして、アウトソーシングを活用する企業が増えています。一連の業務を一括して外部の事業者に任せる「業務請負」を導入するケースも多いようです。ただし、法律や運用方法をよく理解せずに進めると、偽装請負と判断されることもあるため、注意が必要です。業務請負はアウトソーシングの...
オフショアリング
自社で行われている業務プロセスの一部、またはすべてを海外の専門企業に移管・委託すること。
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/03
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...