企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12859件   回答数26823

クラッシャー社員の取り扱い方法

弊社、政令指定都市の外郭団体の株式会社です。
市からの退職者を嘱託として受け入れて7年くらい経過しております。通常は嘱託は5年が限度であったのですが、会社の判断なのか68~69歳の今も再雇用となっております。
ただ、予算とか予算配分の事業所の部長の意向や、直属上司の部長の指示、要望に対しては、聞く耳を持たず、自分の考えるままに仕事が進まないと気に入らず、悪態をついたり、支持をしても無視したり、挙句の果ては、社内メールで嘘の悪口を対象者以外の周辺に送り、また、直接顔を合わせて論議せず、同じく社内メールで、自己の変な主張を送りつけてくる次第です。技術部署の建築職ですが、彼の属する部署内では全く無視されており、(反論すると、ありもしない事を社内メールで周辺に送りつけられる為)本人は気づいているのかいないのか、『厚顔』な存在です。直属の上司である部長が、本社人事部長、担当常務、専務にまで勤務状態を直訴報告しても、何ら処置の無いままです。役員は市の現職が出向してきておりますが、直属の上司である部長も市からの出向なのです。
このような職員を退職等、退かせる手段はあるのでしょうか?

  • SHOPさん
  • 兵庫県
  • 不動産
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2018/03/13 15:00
  • ID:QA-0075442
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/03/13 22:57
  • ID:QA-0075455

人事・経営コンサルタント

懲戒

就業規則に反する行動を取っている以上、懲戒規定に則って処分をしなければなりません。公正は対処は人事の基本です。
それができない現状は異常な状態であり、経営者が責任を問われるべき事態です。しかしさまざまな力関係が働く組織で、こうした正論が通らないのであれば、組織は崩壊していくことになります。
人事部門責任者が、該当人物の監督者含めて厳重注意と改善命令をする。改善できなければ懲戒で、究極は解雇になります。

  • 投稿日:2018/04/18 15:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

人事・役員の意識の薄さをしみじみ感じます。非常に常識的なアドバイスをありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/03/13 23:01
  • ID:QA-0075456

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、上司の業務指示に従わない等という状態が続いているという事であれば重大な労働契約違反になりますので、通常であれば就業規則上の懲戒及び解雇規定に基づき懲戒解雇の対象となりえるものと考えられます。このような事態を放置されている事自体、通常の民間企業ではおよそ考え難いものといえます。

こうした明らかに素行不良である職員を退職(解雇)させられない原因は、単に組織の対応力の欠如ということに他なりません。

つまり、人事部長を始めとする管理権限を有する方々が動かない限り事態は変わりませんので、この場で解決案を出せるような問題ではなくあくまで御社組織上の取り組み姿勢の問題といえます。事態を打開する為には、このような状況を危惧する職員を広く巻き込んで、経営上層部へ強く訴え対応を促される他ないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2018/04/18 15:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

公務員的、仲間意識が強いのか、公にならない限り
臭いものには蓋をする。自分たちが人事の内には、波風を立てたくない。ような風潮ですが、㈱でありながら、無様な感じを強く受けます。わたくしの考えと同じだったので、考えすぎ。ではなかったことを確認できました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア Indeedオンラインセミナー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...