企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12849件   回答数26792

フレックスタイム制の遅刻取扱い

いつもお世話になりありがとうございます。
フレックスタイム制の運用で質問がございます。

弊社ではもともと9:00~17:30の勤務です。
規程に「相互信頼の趣旨に基づき遅刻、早退及び私用外出については人事考課と関係させない」
という定めがあり、この規定を大きく解釈し、遅刻早退があっても賃金の控除を行っておりません。
これは、私用で遅刻しても、その分残って頑張る・・・というお互い信頼しあって勤務する
というもともとの社風に由来するものでしたが、昨今は働き方改革など、そういう信頼関係は
一般社会の考え方とそぐわなくなり、遅刻しても賃金カットはしないが、残業したらその分は
残業手当をお支払いするといった運用をしております。

話がそれましたが、、

最近、フレックスタイム制を導入しました。

10:00~16:00がコアタイムで
8:00~10:00、16:00~20:00がフレキシブルタイムです。

規程には 
コアタイムへの遅刻・早退については、実際に勤務した時間を実労働時間に参入する
と定めています。

先日、
フレックスで9:00に出勤しようと計画していたものが、人身事故による電車の遅延で
9:40に出勤しました。
これまでの通常勤務の感覚で、9:00~の勤務を報告してきましたので
フレックス勤務制度を選択しているので、勤務を開始した9:40からの報告に変更
するよう指導したのですが、人身事故は自分のコントロール外の出来事なので
その事故で遅れた分、「勤務していない」と報告するのは納得できないと申します。

通常勤務のものは、9:00~勤務とみなされて
フレックス勤務のものは9:40~の勤務とする事に関し
専門家の先生の見解をお聞かせくださいませ。
どうぞ宜しくお願い致します。

  • 新井 淳子さん
  • 京都府
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/10/10 13:46
  • ID:QA-0072859

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/10 17:01
  • ID:QA-0072866

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

フレックスタイム制なので、9:40~の実労働時間が通常です。
始業時刻は本人の自由なので、遅刻という概念はありません。逆に言えば、遅刻扱いにはならないのです。コアタイムについては、遅刻扱いになりますので、遅延証明を持ってくれば、遅刻扱いにはしないということになります。

なぜなら、9時に出勤しようと計画していたことは、本人の頭の中にあることですので、会社にはわかりません。時間を縛らないのがフレックスなのですから、実時間で計算します。

本人がそれでも納得しないようであれば、フレックスの対象から外すことです。

  • 投稿日:2017/10/10 18:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々にお返事をいただき大変ありがとうございました。
考え方が参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/11 17:23
  • ID:QA-0072886

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、フレックスタイム制につきましては原則自由に労働者自ら出勤・退勤時刻を決める事が出来る制度になります。

つまり、当事案の場合ですと、そもそも午前9時に出勤するという点につきまして会社が義務付けたものではないですので、それが不慮の事由で遅れた場合であっても、実際に出勤した時刻がそのまま始業時刻ということになります。

当人に取りましては通常の労働時間制の場合と比べて損をされた気持ちになるのでしょうが、普段は始業・終業時刻を自由に出来るという非常に大きなメリットがございますので、こうした特別な事態における取扱いについてまで便宜を図る必要性はないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2017/10/12 12:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部先生
ご回答いただきありがとうございました。
先生方のお考えを確認できますと、会社での判断も自信をもってできます。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
半休の場合の割増無の時間
派遣勤務者は、本社と勤務時間が異なります。半休を取得して残業を行った場合、派遣勤務先の勤務時間が9:00~17:00の7時間勤務、本社は8:30~17:30の8時間勤務、派遣勤務者は午前中半休、13:00~22:00まで勤務すると×1.25が1時間、×1.00が4時間となるのでしょうか?本社勤務者は...
早朝勤務者の短時間労働について
弊社では、事業のために土曜日の早朝4時ごろから勤務させる場合が年に数回あります。この場合、3時間程度の勤務でこの日を労働日とみなしてかまわないものでしょうか。また、いったん帰宅して夕方から深夜までの勤務というケースもありえるのですが、例えば「午前4時―7時まで勤務し、いったん帰宅して午後4時から12...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア 就活図書館
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...