企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15416件   回答数33320

半日有休の取得について

いつもお世話になりありがとうございます。
半日有休の取得について相談させていただきます。

弊社ではフルタイム勤務の方に対しては、有休の取得は1日単位か半日単位
短い働き方(2016年10月から社会保険加入となったような1週20時間勤務者)
に対しては1日単位の取得

と規定で定めています。

先日契約をフルタイムから短時間勤務に切り替えた方がおられ、
その方は有休が2.5日残っていました。

短い契約に切替えられた以降は、1日単位の有休取得が原則ですので
現在の契約が続く限りは半日有休は取得していただけない。
と考えているのですが、問題ありますでしょうか?

ご教授いただきたく、何卒よろしく御願い致します。

  • 新井 淳子さん
  • 京都府
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2017/03/31 11:22
  • ID:QA-0069935
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/03/31 13:19
  • ID:QA-0069938

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、半日単位の年休取得に関しましては、会社が任意に定めて運用する制度になります。

従いまして、当人が自ら希望して短時間勤務契約に変更された場合ですと、半日単位の年休を付与する義務まではないとする解釈も不可能とは言い切れないでしょう。

但し、元々は権利保証されていた年休分のはずですし、取得時間数からしましても特に会社側に大きな不都合を与えるものでもございませんので、このような事案については付与されるのが妥当というのが私共の見解になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/03/31 13:55
  • ID:QA-0069940

代表者

半日有休を取得させて、残日数を整数化

労働者が希望し、使用者が同意すれば、労使協定が締結されていない場合でも、日単位での取得を阻害しない範囲で、半日単位で付与することは可能です。1日単位は、あくまで「原則」ですから、半日有休を取得させて、残日数を整数化しておくのがよいでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/04/03 13:26
  • ID:QA-0069951

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

契約切り替えの際に、
有休については、従業員に不利益のないように移行すべきです。
少なくとも、残日数2.5日のうち、0.5日は切り捨てることは、
労基法を下回ることになりますので、
1日分として、付与を認めることです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
時間有休の場合の昼休み
1日の所定労働時間は7時間50分です。 基本的に、始業8時40分、終業17時20分、昼休みは12時00分~50分です。 現在半日有休制度はありますが、時間単位有休を検討しています。 ①半日有休と時間単位有休の併用は可能ですか? 時間単位有休は年5日分(40時間)とされていますが、たとえばこれを最...
半日単位有休の賃金について
いつもお世話になっております。 半日単位の年次有給休暇の賃金についてご教示ください。 当社は半日単位の有休も認めていますが、午前労働時間3時間40分、午後労働時間4時間20分と時間の差があります。 午前有休、午後有休のどちらを選択しても、0.5日分の有休として取り扱うのは認められているようですが、...
有休の計算方法について
いつもお世話になっております。 当社は4週6休(第2・4土曜日休み)なのですが、 今度新規で採用するパートさんの勤務体系が ・土曜日ある週(第1・3・5):6時間、土曜日:3時間30分 ・土曜日がない週(第2・4):6時間30分で働かせたいと担当部署から相談を受けました。 半年後有休取得出来ます...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...