企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13191件   回答数27609

役員の内定辞退・損害賠償(続編)

以前、役員クラスの人材に内定承諾後、入社1ヶ月前に内定辞退をされた件で相談させて頂きました。

https://jinjibu.jp/qa/detl/68903/1/inst/

追加の質問ですが、具体的な損害があった場合、頂いている例ならこの役員のために「専用の執務室を大金かけて特殊な設備でしつらえた」などの場合は損害賠償は経費、時間を払う覚悟があるなら可能、とのアドバイスを頂きました。

このような具体的なケースではなく、この役員が営業担当であり、新しい候補を探して採用するまでの時間に起きる売上ロスを損害賠償で請求するのは可能ですか?契約書には売上目標は明記されていませんし、口頭でもお聞きしたことも無いです。

担当者としては痛い授業料として次の採用に進めたく思いますが、上の者の怒りが収まらず大変困っています。いいアドバイスを通して助けて頂けると幸いです。宜しくお願いします。

  • YAMADA33さん
  • 東京都
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2017/01/27 16:35
  • ID:QA-0068962

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/28 11:21
  • ID:QA-0068976

代表者

内定責任はトップに。パワハラの様相

▼ 前回の回答には関与していませんが、本件の内定辞退の何処を押しても、損害賠償が出来る余地はありません。
▼ 上司の怒りが収まらない程、重要な役員レベルの採用過程では、会社トップの方々が、納得するまで面接、評定、決定された結果と推定されるのが普通です。依って、内定責任はトップにある筈です。
▼ 逃げられたからと云って、それは、担当部署のせいではなく、会社トップが直接責を負うべき事案です。それを、担当者が困るほど、怒りまくっているのは、最早、パワハラマンがの世界の様です。
▼ 一過的な怒りも収まり、冷静さを取り戻されることを期待しますが、後にお尾を引くようだと、マンガではなく、現実のパワハラの様相になるようにも感じます。
▼ 関連経緯、状況が、具体的に分りませんので、掲示板では、これ以上のことは申し上げ兼ねますが、身近に、助っ人となるお方はいらっしゃれば良いのですが・・・。

  • 投稿日:2017/01/30 09:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

仰る通り、押しが強くて困っています。頂いたアドバイスの元、再度説明してみます。ご返答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/28 11:47
  • ID:QA-0068977

人事・経営コンサルタント

証明

本件は人事マターではなく、法律相談の領域になりますので、法律の専門家ではない一コメントとして書かせていただきます。

訴訟をすることは可能ですが、具体的な損害を証明する責任があります。それは可能でしょうか。実際には「得べかりし利益」を証明することは限りなく不可能だと思いますがいかがでしょう。たとえばその方が入社する前提である契約が決まっており、それが無くなったためにその契約締結に要したコストなどですが、その方が入社しないがゆえに契約も流れたことを証明できるかということです。

精神的損害の慰謝料という手は残りますが、こちらについては限りなく軽微なものになる恐れが高く、訴訟手続きと費用はまず回収できないように思います。

  • 投稿日:2017/01/30 09:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご返答ありがとうございます。

利益損を表すのは実際不可能に近いかと思いますのでその旨上司に伝え、次の候補探しに集中するよう説得します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
内定辞退
今年になって内定辞退が急増しております。内定辞退を防ぐ具体的な方法についてお伺いいたします。
嘱託社員の採用について
いつもお世話になります。 現在、役員運転手がおりますが、退職に伴い役員運転手の採用を行います。 60歳前後で1年契約を3回更新程度考えておりますが、 「60歳前の人の採用」と「60歳超えの人の採用」では 何か違いがありますでしょうか。 ご教示いただきたくよろしくお願いします。
採用内定書をタイミングと10月以降の採用内定解禁時の内定書
今年度大学卒新卒者を6月に採用、採用の旨口頭で連絡済みですが、内定通書を出すタイミングと10月以降の解禁日以降の内定通知書をまただす必要があるかどうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「内定者フォロー」とは ~その目的
    新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。
  • 中途採用の「実務」【6】内定後の対応
    優秀人材は逃がさない!内定は出しても油断は禁物。スムーズな入社につなげるために必要な内定後対応とは?
  • 内定後に「雲隠れ」する転職者の心理
    複数の企業から内定が出た場合、入社する会社以外はすべて辞退しなくてはなりません。転職活動ではよくあることですが、せっかく内定をくれた会社に辞退を伝えるのは、やはり気が重いもの。しかし、人材紹介会社を経由して転職活動を行う場合は、基本的に紹介会社に辞退を伝えればいいだけです。「そこが気楽だから人材紹介...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン リクナビHRTech
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....