無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

採用内定書をタイミングと10月以降の採用内定解禁時の内定書

今年度大学卒新卒者を6月に採用、採用の旨口頭で連絡済みですが、内定通書を出すタイミングと10月以降の解禁日以降の内定通知書をまただす必要があるかどうか。

投稿日:2009/06/18 00:46 ID:QA-0016464

*****さん
神奈川県/その他業種

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

拘束意欲によります

来年4月入社の新卒学生向けの内定通知であれば、既に文書として発行している企業は少なくありません。経団連の倫理憲章等、倫理的に早期化は好ましいことではありませんが、法的なものではないので、特に採用に苦労される中小企業では早めに内定通知、承諾を取る例は実際ございます。

ただし、これは一方で採用を確定することで、実質雇用状態になることを意味しますので、学生側の辞退は出来ても、御社始め、企業からの解約は実質出来ません。
「社会通念上相当な理由」という、解雇と同じようなきわめて高いハードルがあります。

そこを踏まえ、ぜひ人材を固定したいというご意向で、なおかつ御社が経団連倫理憲章等への配慮を特に気になさらずとも良いようであれば、「口頭」ではなく、書面発行まで進まれてよろしいかと存じます。

投稿日:2009/06/18 11:17 ID:QA-0016478

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート