企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15245件   回答数32865

退職勧奨について

お世話になります。
基本的な質問で恐縮ですが、以下の点について教えてください。

1.退職勧奨によって退職してもらう場合(もちろん合意のうえで)、
  その退職は「解雇」扱いになるのでしょうか?

2.退職勧奨で合意を得た場合、退職日の設定に制限はあるのでしょうか?
  (極端な例ですが、本人が良ければ1週間後でも構わない?)

3.上記1で「解雇」にならず、且つ、上記2のように退職日についても合意が得られれば、
  解雇予告手当は必要なくなるのでしょうか?

以上、3点です。
よろしくお願いします。

  • hamatakさん
  • 群馬県
  • 機械
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2014/03/14 19:39
  • ID:QA-0058137
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/14 20:38
  • ID:QA-0058139

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

退職勧奨について

1.について
退職勧奨は解雇扱いにはなりません。退職を勧奨した結果、自己都合退職扱いか合意解約扱いとなります。退職勧奨に同意しない場合には、会社が一方的に解雇するケースがあります。

2.について
本人に意思あるいは話し合い(合意)により決めますので、制限はありません。

3.について
解雇扱いではありませんので、解雇予告手当は必要ありません。

  • 投稿日:2014/03/17 08:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/14 20:53
  • ID:QA-0058140

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まず「退職勧奨」とは、退職金割増等の有利な条件を本人に提示しながら自発的な意思による退職を勧める措置を指しています。

これに対し「解雇」とは、本人の意思に関わらず会社側の意思決定で退職させる措置を指すものです。

上記を踏まえましてご質問に回答させて頂きますと、

1.解雇扱いにはなりません。但し、雇用保険上の取り扱いは解雇等と同様に「特定受給資格者」になりますので、基本手当の給付制限を免れることが出来ます。

2.退職日の制限はございません。

3.解雇では無い為、予告手当も不要です。

但し、最初に触れました通り、あくまで当人の自発的意思による同意でなければなりません。例えば、勧奨の際に退職以外に選択の余地がないような話をされたり、当人が嫌がっているにもかかわらず繰り返し長時間説得をされたりしますと、同意を得ても退職強要による事実上の解雇措置と判断される可能性が高いですので、注意が必要です。

  • 投稿日:2014/03/17 08:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/14 21:46
  • ID:QA-0058141

代表者

「 合意による退職 」 と看做され、法制上の解雇制限を受けことはない

(1) 形式的のみならず、 実態面でも、 円満なプロセスによるものであれば、 .事業主の勧奨による退職は、 「 合意による退職 」 と看做され、 民法上も、 労働法上も、 解雇制限を受けることはありません。 (2) 解雇予告は、 労基法上の解雇制限ですから適用はされず、 双方の合意で退職日を決めることができます。 (3) ご理解の通り、 法に基づく解雇予告手当の支払は必要ありません。但し、任意で、何らかの制限や措置を取り決めることは自由です。

  • 投稿日:2014/03/17 08:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/15 00:53
  • ID:QA-0058143

人事・経営コンサルタント

違い

一般的には退職勧奨が受け入れられれば解雇にはなりません。ただし本人から「会社都合での解雇を条件に、退職を受け入れる」というような条件を出されることもありますので、一律に決まるものではなく、個別ケースでは「解雇」となることもあり得るでしょう。合意さえできれば日付けも自由に(本人が納得している以上)可能です。ただし強制や強要したと、本人が後で申し立てできないよう、しっかり合意書や退職願等そろえないと、大きなリスクになります。解雇でなのであれば予告手当も発生しません。

  • 投稿日:2014/03/17 08:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職勧奨と「退職願」
お世話になります。 退職勧奨と退職願についてご教示ください。 退職勧奨し、本人も同意した場合、 「トラブルを避けるため「退職願」を書いてもらう」 という説明を聞いたことがありますが、 そのような考えでよろしいでしょうか? それでよい場合、退職願に記載する退職の理由は、 「一身上の都合」でしょうか...
退職勧奨と解雇の違い
解雇の場合は1ヶ月前に告知、1ヶ月以内の解雇であれば 解雇予告金の支払が必要ですが、 退職勧奨で15日後に本人が納得の上で退職した場合、 解雇予告の支払は必要ないのでしょうか?
退職勧奨の面接について
お世話になっております。 弊社は50名弱の会社です。近々社員数名に対して退職勧奨の面接を行います。一般的に、面接はどのような立場の者が何名で行うのがよしとされているのでしょうか。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
退職勧奨
使用者が労働者に対して強制ではない退職の働きかけを行うことを指し、俗にいう「肩たたき」がこれに当たります。労働者が退職勧奨に応じると、労働契約上の「合意解約」となり、「解雇」にはあたりません。退職金の優遇や再就職先の斡旋など労働者側が勧奨に応じやすい条件を提示して行うのが一般的です。
リストラ
日本では、「リストラ=解雇」のイメージが浸透しています。しかし、本来はrestructuring(組織再編)が原義であり、経営資源の集中や再編成により収益構造を改善する事業再構築の考え方を指します。つまり、解雇による人件費の削減は、経営効率の向上を目指すリストラの一つの手法という位置づけになります。...
レイオフ
「レイオフ」とは、「一時解雇」のことをいいます。業績が悪化した際に一時的に従業員を解雇し、その後、業績が回復した時に再雇用するというものです。レイオフは主にアメリカやカナダなど、北米企業において実施されている人事施策です。また、似たような用語で「リストラ」や「一時休業」などがあります。ここではレイオ...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...