企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

採用後2~3日で出勤しなくなる者への対応について

いつもお世話になっております。
標記の件につきまして、最近の当社の傾向で恐縮ですが、実際に配置して勤務開始したものの、タイトルの通り、2~3日、場合によっては1日で来なくなるケースが散見されるようになりました。
と申しますのは、もちろん、イメージが異なり、退職したいということであれば、退職願をもらって勤務分の賃金を精算するだけなのですが、出勤しなくなり連絡すら断つケースが増えてきており、この対応をどこまですべきか、というところの基準を持ちたくお尋ねした次第です。
当社側は、試用期間就業規則に「14日間を超える者を解雇するときは法の定めによる」とした一文を明示しようと考えております。現在は、連絡手段を尽くして退職届なり必要手続きを取るようにしていますが、連絡を断つ者の場合は、解雇通知なりを発すれば足りるという理解でよろしいでしょうか。
また、給料の精算も、例えば入社時の書類が不備で銀行送金ができない場合は、宙に浮いてしまうことになり、対応に苦慮する場面があります。精算する必要すら疑問に感じるときがあります。(今までは、手紙含めて探し当てて対応してはいます)
後ろ向きな質問で申し訳ありませんが、一方で事務取り扱いも限られた人員で対応しなければならず、一定のラインを用意しておきたくお尋ねしました。
よろしくお願いします。

投稿日:2013/03/02 19:45 ID:QA-0053625

*****さん
東京都/紙・パルプ

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

文面のようなケースは御社に限らず非正規社員の場合よく見受けられる事態といえるでしょう。

その際、会社としましては通知を発するだけではなく自宅を訪問する等極力当人と連絡を取るよう最大限の努力をされる事が必要です。解雇の場合は会社の意思が当人に伝わらない限り有効とはなりえませんので、面倒でも確実に通知される事が求められます。

とはいっても、現実に全くの行方知れずとなる場合も多いですので、そのような場合最悪公示送達の手続きを採らざるを得ないことにもなりかねません。

こうした連絡不能者への対策としましては、解雇ではなく無断欠勤が30日以上続き連絡も取れない場合には自然退職とする旨の規程を設けるのが妥当といえるでしょう。そうすれば、解雇に関わる面倒な手続き無で30日経過で退職扱いする事が可能です。給与は本人指定口座への振込みでよいでしょうし、当人に手渡ししか出来ない場合は取り敢えず会社預りでよいものといえます。

投稿日:2013/03/02 23:23 ID:QA-0053627

相談者より

いつもお世話になっております。
早速のご回答ありがとうございます。
ご指摘の通り、「まま」あることで、各部署担当者ともども、事案発生の際は憂鬱な気持ちになるところです。
さて、連絡不能の場合の解雇を定めた条文はあった記憶でしたが、規定を見直しましたところ、「解雇」にはなく、「懲戒に悪質欠勤が7日以上におよんだとき」となっておりました。
新年度に向けて規則改定を予定しておりますので、あわせて対応します。

投稿日:2013/03/04 08:54 ID:QA-0053632大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

先ず、「 無断欠勤 」 の取扱いを検討

「 14日を超えて・・ 」 は、 解雇予告の必要性の法定基準なので、 その文言自体を、 就業規則に追加することに、 大した意義はないとないと思います。 むしろ、 問題の大元となる、 一定基準を超える、 「 無断欠勤 」 を、 懲戒解雇事由とするのか、 その他の解約事由とするのかを含め、先ず、 優先確立した上で、 通知方法や賃金債務の取扱いなど、 実務事項をご検討されることをお勧め致します。

投稿日:2013/03/03 11:37 ID:QA-0053628

相談者より

早速ありがとうございます。
新年度に向けて規則改定を予定しておりますので、あわせて対応します。

投稿日:2013/03/04 08:56 ID:QA-0053633参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

ご参考まで

まず、連絡がとれなくなってしまった場合の解雇の対応に関してですが、
もちろん就業規則の定めにより一定期間無断欠勤が続けば解雇可能です。
しかし、解雇の通知が本人に到達しなければ解雇の効力が生じません。
内容証明郵便等で解雇の通知を送り、受け取りがあれば問題ございませんが、
住居にもいるような形跡がない場合ですと「通知が本人に到達した」と確実に判断できる状況ではないため、のちのち従業員が現れた場合には解雇の効力が問われるかもしれない、というリスクが残ります。
そういった場合には簡易裁判所に申し立て、公示をしたことをもって到達とみなす手順がございますが、費用と時間がかかります。
ですので、現実的な対応といたしましては、就業規則に「従業員が連絡なく欠勤し○日を経過した際は退職とする。」といった自然退職の文言を入れておくことがよろしいでしょう。
この期間に関しては、30日ないし60日で設定されるのが一般的です。

次に、賃金の取り扱いに関してですが、第一にはご相談のような事態を避けるため、
入社前、もしくは入社日当日には入社書類の回収を確実に行い、
銀行口座を把握しておくことが重要です。その際、通帳のコピーなどもあわせて回収し、
本人の記載ミスなどで振込先不明、ということがないようにするのもよいでしょう。

それでも振り込み先が不明、という場合はどうしようもありませんので、
本人に請求権がある2年間は万が一請求があったらいつでも支払う準備をしておく必要があります。
経理ご担当の方とよくご相談なさっていただければと思います。

そのほか、従業員の方と連絡がつかなくなった場合の対応といたしましては、
本人の意思で出社していないのか、事件もしくは事故にまきこまれ出社できない状況なのか、
判断がつかない可能性もございます。
そういった場合の確認先とし、入社時には緊急連絡先、もしくは身元保証人、ご家族の連絡先などをおさえておき連絡をしてみることも手段としては考えられます。
どこまで対応してあげるか、ということはございますが、事件もしくは事故ということもございますので、手を尽くしておくことが、もしもご家族等からの問い合わせ等があった場合にもよろしいかと思います。また、いつどのような連絡を行ったかの記録を残しておくことも大切ですのでご留意ください。

投稿日:2013/03/03 19:36 ID:QA-0053629

相談者より

ご回答ありがとうございます。
また、手続き面までをケアしていただき、すっきり理解できました。
最近は、本人ではなく家族が出てくるケースが多くなりました。本人不在で、その勤務状況を知らない第三者と話すことになるので、話が膠着することが多く、悩ましいところです。
新年度に向けて規則改定を計画しておりますので、あわせて対応します。
(しかし、2~3日の勤務分ですから、金額にしても五千円未満ですし、勤務という表現こそするものの、その間は職場説明の時間がほとんどです。一方で就業規則改定となると、社内は取締役会決議まで要します。全社的なリスク対応という考え方が成り立ちますが、残念ながら、社会生活における常識の範囲の外にある者の行動まで網羅しなければならないのは悩ましいところです。)

投稿日:2013/03/04 09:11 ID:QA-0053634大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

プロセスの整理

アルバイトが数日で行方不明になることはまま、あることと思います。また業務・業種によってはかなりひんぱんにある場合もあります。一般的デスクワークとは大きく異なる就業環境等、さまざまな事情があるでしょうから、現実的な対応を整理されるのが良いかと思います。まずは今後もそうした退職があり得ると想定し、入社時に給与振込先データを完全に把握するように徹底する。初日当日ではなく、入社確定時に提出させるなど、行方不明になってからコンタクトを取るのではなく、そうなる前に確定する前提で、二重三重に設定をすることによって給与振込を可能にする。未払いを2年間宙ぶらりんで保持する必要がなくなります。2年間の時効まで留保することも可能ですが、事務手続きや決算対応他、あまりメリットがないのではないでしょうか。次に〇日以上連絡が取れず、まら当人からも連絡がなく欠勤した場合は退職と見なすことを就業規則でうたえば十分ではないでしょうか。「14日間を・・」の文は特に必要ないように思います。

投稿日:2013/03/03 23:46 ID:QA-0053630

相談者より

ご回答ありがとうございます。
今回ご相談の募集職種は工場現業分野ですので、応募自体が少なく、人員確保の要望と、採用実現に至るまで、期間的な綱渡りになることもままあります。
そのため、そうなってしまった場合の落胆が大きく、悩ましいところです。

新年度に向けての規則改定を計画しておりますので、そこで対応します。

投稿日:2013/03/04 09:16 ID:QA-0053635参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
解雇通知書の件
今回1ヶ月の試用期間として採用していた方を、7月20日をもって解雇することに致しました。その時”解雇通知書”を出してくれと言われましたが必要でしょうか? 必要であればその内容を教えて下さい。
土曜日出勤について
土曜日出勤の対応について教えて頂けますと幸いです。 弊社の休日は、土曜、日曜、祝日です。 ある部署だけ、取引先より土曜日に問い合わせがあり対応をしなければなりません。 対応時間は、10分~60分程度、自宅での対応となります。 時間外手当を支給すれば問題ないでしょうか? ご教授頂けると幸いです。...
退職金の精算
現在ある退職金制度を今後、なくしてしまいたいと思いますが、まずもって可能なのでしょうか? 現在の在籍者にはすでに退職金の受給権が発生しています。この退職金を精算して、今後は退職金自体をなくすことは可能なのでしょうか? もし、なくせるなら、どのような精算方法がいいのでしょうか?
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
競業避止義務
「競業避止義務」とは、労働者は所属する企業と競合する会社・組織に就職したり、競合する会社を自ら設立したりするなどの競業行為を行ってはならないという義務のことです。一般に在職中は、労働契約における信義誠実の原則にもとづく付随的義務として競業避止義務を負うとされ、また取締役は会社法365条により、在任中...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/23
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。