企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15382件   回答数33230

将来の幹部候補に対する教育について

弊社は製造業ですが、将来の経営を担う社員の教育を考えております。
具体的な研修内容や運用(選抜の仕方など)が分かれば非常に助かります。
一般論や他社事例なども知りたいと思いますので、合わせてよろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 埼玉県
  • 機械
  • 回答数:6件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2006/07/06 11:56
  • ID:QA-0005277
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
6件中 1~6件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/07/06 12:07
  • ID:QA-0005278

堤 由紀子
ヒューマンキャピタル総合研究所 主任

一般論です

こんにちは。クイックの堤と申します。
将来の幹部候補の方ということですので、体系的にマネジメントや経営についての教育をされるといいと思います。

研修テーマは「リーダーシップマネジメント」「戦略構想力養成」などが考えられます。
ただし、会社のビジョンや経営方針により、研修内容や運用は違ってきます。
ご連絡いただければ、他社事例などの資料をご郵送させていただきたいと思います。

ご連絡お待ちいたしております。

  • 投稿日:2006/07/06 17:42
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございます。
将来の経営幹部には、組織をまとめる能力が必須ですね。弊社の社員にもリーダーシップなどの能力は欠かせないと思います。
また、「戦略構想力」とは実際の戦略策定をする能力のことだと思いますが、やはり会社の方向性を正しく示すのも必要ですね。もう少し具体的になりましたらご相談させてください。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/07/06 12:27
  • ID:QA-0005280

株式会社クイック リクルーティング事業本部|戦略推進マネージャー

一般論です。

はじめまして、クイックの松沼と申します。
手前味噌ながらご参考頂ければと思い、回答させて頂きます。

まず、将来の経営を担う社員ということですが、ポイントが2つあると思います。

■5年後、10年後の理想的な社員像・組織像を具体化すること
■理想像から見て何が不足しているのかを具体化すること

前者が具体化されると、選抜されるべきメンバーがはっきりしますし、これから新卒・中途でご入社される方への段階的な育成イメージもしやすくなります。

→具体的には、現在の経営幹部を含めてビジョン研修などを通して具体化することが多いです。

後者が具体化されると、どの社員に何の研修をするべきなのかが明らかになります。そこから、御社独自の研修を作っていくのが良いかと思われます。

→具体的には、上記ビジョン研修を通して浮き彫りになる課題を元に設計されると良いかと思います。

詳細については、弊社の研修コンサルタントの堤や、私でお話させて頂きます。

少しでもご参考頂ければ嬉しいです。
宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2006/07/06 13:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

具体的なアドバイス、ありがとうございます。やはり教育の将来ビジョンや対象者の選定が重要のようですね。
お恥ずかしい話、まだまだ漠然としておりますので、少し社内で方向性の検討してみたいと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/07/06 12:37
  • ID:QA-0005281

観音寺 一嵩
株式会社NRIJ 代表取締役

「戦略的交渉力」セミナーをお勧めします

こんにちは。NRIJの事務局・田中です。
将来の幹部候補の研修は、多岐にわたります。その中で、「コミュニケーション能力」や「交渉力」のスキルは不可欠なスキルです。
それらにつきましては、弊社の『戦略的交渉力』セミナーをお勧めいたします。
ご連絡をいただきましたら詳細資料を送付させていただきます。宜しくお願いいたします。
取り急ぎ回答まで。
    有限会社エヌアールアイ・ジェイ(NRIJ)
    事務局・田中和雄(東京都/中央区東日本橋)

  • 投稿日:2006/07/06 13:31
  • 相談者の評価:参考になった

貴重なご意見ありがとうございます。
交渉力の強化とのことですが、確かに必須な能力だと思います。
ただ、弊社のレベルはまだその前段階のように感じております。
ひとつの能力育成のメニューとして検討させていただきます。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/07/06 13:32
  • ID:QA-0005283

石崎 秀仁
有限会社マネージメントサポート

選抜および研修内容について

マネージメントサポートの石崎です。
当社グループで行っている一般的な進め方をご説明します。
まず、自社に求められる幹部の能力を明確化することからはじめます。具体的には、個々のコンピテンシー(能力要件)を明らかにしていきます。
一般論・経験則で言えば、能力要件の大項目としてはビジョン策定、意思決定、戦略策定、変革管理などのハード領域・コンセプチャル的側面を中心にすることが多くなっています。なぜなら、ソフト領域・ヒューマンスキル的な側面は管理職レベルで、より高度な問題解決・課題実現が求めらる幹部にはハード領域が不可欠であるとの考え方が主流になっています。
大項目をより具体的な能力要件に細分化します。
次に、上記の能力要件をベースに能力評価研修を実施します。目的は2つです。
1.該当者の選抜(必要であれば)
2.組織全体の強み・弱み、個人の能力評価を行い、今後の啓発の方向を明らかにしていきます。
その後、上記の啓発点をベースに重点課題に注力しながら研修を実施していきます。ただ、ビジョンメイクや戦略策定やそれを具現化する事業計画策定研修などが中心になります。
いずれにせよ、アセスメント(評価・選抜)、能力開発をパッケージにした人材教育も検討に値する方法論であると思います。

  • 投稿日:2006/07/06 13:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/07/06 17:03
  • ID:QA-0005289

株式会社クイック リクルーティング事業本部|戦略推進マネージャー

お役に立てて光栄です。

ご返信ありがとうございました。
お役に立てて光栄です。
また、いつでもお声がけ下さい。

ご成功をお祈り申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/07/06 17:57
  • ID:QA-0005292

堤 由紀子
ヒューマンキャピタル総合研究所 主任

ご相談お待ちいたしております

ご返信いただきまして、ありがとうございました。
今後も何かございましたら、お気軽にご連絡ください。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
新人教育担当者(OJT)の教育
はじめまして。 4月からの新人教育担当者の教育についてお聞きしたいと思います。 弊社は、ようやく社内教育を始めた小さな会社です。 まだ、定期的には多少の新人研修しか行えていません。 3年目ですが、新人だけを教育しても現場に行くと挨拶などもなくなってしまいます。 新人教育担当者への教育について何か...
社員教育
社員教育の一貫として電話対応等のマナー講習を考えております。出張研修をおこなっている会社を教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。
社員教育研修費の年間平均額はどれくらい
日本における従業員一人当りの年間社員教育研修費は会社規模にもよると思いますがどれ位か教えて下さい。また、関連サイトがあれば合わせてお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ROI
「ROI」とは、return on investment(リターン・オン・インベストメント)の略で、「投資利益率」「投資収益率」などと訳されます。投下した資本に対して得られる利益の割合を示し、企業の収益性や事業における投下資本の運用効率を評価する際に用いられる基本的な指標です。基本的な式は〈ROI...
インストラクショナルデザイン
「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Web採用説明会でエントリー30%UP 最短1営業日で従業員代表を選出しませんか
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...