企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

階層別研修の新規導入の留意点

従業員500名規模の製造業ですが、従来体系立った教育を行っておりませんでした。
今般、トップより今年度新入社員(20名程)より研修を体系立てて行うようにとの
指示がありましたが、研修を受けていない層との乖離が心配です。

研修を受けていない者が大多数のため、職場に戻った際に引き戻されてしまうことが懸念されますが、全員に研修を行うわけにもいきません。

体系立てた研修を行う当初の数年度のランディング手法についてご教授いただきたいと思います。

投稿日:2006/03/08 09:07 ID:QA-0003942

*****さん
東京都/電機

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

ひとつの考え方です

ミルラーニングメディアの小前と申します。弊社でも階層別教育プランの企画のお手伝いが最近多くなってきています。その中での事例ですので参考にしてください。

最近は【階層別研修】より【目的別研修】にシフトする企業さまが多いです。つまり、中期計画や長期計画の中で、貴社に重要な能力要素は何かをまず明確にすることです。例えば「組織活性化」と「顧客満足度向上」が中期計画のキーワードだとしましょう。

上記キーワードを解決するための研修内容や講師を検討し、貴社のコアになる研修(2,3種類)を決定します。次に、その研修をどの階層の人材に受講してもらうかを検討します。最後に、階層ではなく、どのレベルにいる人材/どの部門にいる人間に受講してもらうのが効果的かを決定します。

アフターアンケートや人事の所感から、先ほどの決定が正しかったかどうかを再考し、最終的に【何年目以上の人材必須】とすると決定していきます。

組織活性化やモチベーションアップという最近の企業の重要キーワードを採用し、中堅社員や管理者にも試験的に受講していただき、意見を求め【何年目以上の人必須研修】とか、次期幹部のための【選抜研修】と位置づけます。

これで、若手から中堅/管理者までの研修プランの大枠ができてきます。

大切なのは人事としての確固たる信念で、研修プランを固めて行く、ことだと思います。会社組織のパフォーマンス強化と業績向上を考えているという信念です。

最後に「職場に戻った際に引き戻し」のご心配ですが、弊社では研修受講者に引き戻されるコトの無意味さやナンセンスさを、プロ意識を研修で伝えるコトでカバーしています。よくあるのが新入社員研修で「挨拶しなさい」と教えられても、現場に帰り先輩が挨拶をしないと新人は挨拶をしなくなる可能性です。この例は、「挨拶をしなさい」とダケ新人に教えている講師に問題があります。なぜ挨拶が大切なのか、挨拶は他人のためにするのではない、他人に影響されては自分の価値が下がるだけ・・・等々の話し合いや情報伝達が講師に必要だと思います。
先輩に左右される人生ってプロとはいえないですもんね。

投稿日:2006/03/08 10:13 ID:QA-0003944

プロフェッショナルからの回答

斉藤紀夫
斉藤紀夫
有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

階層別研修

20年間、企業で人事の仕事をしました。日本の企業、外資系企業で働きました。そのとき、感じたことがあります。マネジメントをきちんとできるマネジャーが少ない、ということです。単位組織である職場をきちんとマネジメントできるマネジャーが本当にいません。階層別研修をお考えでしたら、まず、単位組織がよくなるように、「マネジメント」について勉強することから始められたらよいと思います。

投稿日:2006/03/09 10:44 ID:QA-0003961

相談者より

 

投稿日:2006/03/09 10:44 ID:QA-0031607大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

堤 由紀子
堤 由紀子
ヒューマンキャピタル総合研究所 主任

まずは管理職から

クイックの堤と申します。弊社で研修体系のプランを企画させていただく時に強く感じることを一例としてお伝えしたいと思います。
それは「上が変わらないと、下は変わらない」ということです。
貴社の場合はトップの方が人材育成について非常に意欲的だとお見受けいたします。しかし、その思いは、管理職の方々にまで伝わっていますでしょうか?
なぜ、人材育成をするのか(企業のビジョン)、どうやって行うのか(マネジメントスキル)。
それを管理職の方が理解し、メンバーや新入社員をマネジメントすることができなければ、ご懸念されている様に「職場に戻った際に引き戻されてしまう」と思います。
初年度は新入社員研修と同時に、管理者層(役員・部長)からマネジメント研修を始められてはいかがでしょうか。
その後、リーダー層(課長・係長)、中堅(主任)と、下の階層に考え方を浸透させていくのがいいと思います。

投稿日:2006/03/11 20:25 ID:QA-0004009

相談者より

 

投稿日:2006/03/11 20:25 ID:QA-0031633大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
研修内製化
研修内製化とは、社外の人間を講師にして外注していた研修を、社内で完結されるかたちに変えることをいいます。研修内製化には、研修コストを削減できること以外にも、企業独自の研修を実現できることや、ノウハウを蓄積して社内で引き継いでいけることなど、複数のメリットがあります。近年では研修を外部に委託せず、自社...
インストラクショナルデザイン
「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が...
シェア研修
「シェア研修」とは、複数の企業のコラボレーションにより、新入社員研修などを合同で企画・実施する研修スタイルのことです。研修プログラムや講師、会議場など各社の育成リソースを共有し、所属の異なる参加者が企業の枠を超えて同じ研修を受けるのが特徴。自社内に閉じていた従来の新人研修と違い、“社外同期”ともいう...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/22
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...