企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ガイシケイキギョウ 外資系企業

とくに厳密な定義があるわけではありませんが、国際比較などには「外国資本が単独で10%以上出資している企業」という国際通貨基金(IMF)や経済協力開発機構(OECD)の基準が用いられ、各国政府の調査統計なども、おおむねこれに準拠しています。
(2005/5/23掲載)

外資系企業のケーススタディ

日本のサラリーマンの40人に1人が
外資系企業で働いている

日本貿易振興機構(JETRO)の調べによると、IMFやOECDの基準に基づき単独外資出資比率が10%以上の企業とその関係会社、および外国企業の在日支店の数は、昨年9月時点で4276社あり、雇用者数は102万3441人に上ります。これは日本の常用雇用者数の2.4%に当たり、米国の5.5%(593万人)やドイツの5.4%(209万人)と比べると低い数字ですが、それでも国内サラリーマンの約40人に1人が「広義の外資系企業」で働いている計算になります。

進出形態別では外資系子会社2611社、外資系孫会社1316社、在日支店351社でした。業種別で見ると、卸売・小売業・飲食店が最も多く2025社で、次いで製造業の753社、運輸・通信業の673社、サービス業の465社の順。投資国別では米国が61万人(59.6%)、フランスとドイツがそれぞれ13万人(12.9%)と続いています。

また、在日外資系企業に対するアンケートによると(回答率18.8%)、投資先として日本に感じる魅力の上位3点は、(1)潜在顧客の多さ(83.9%)、(2)ビジネスパートナーの存在(61.3%)、(3)所得水準の高い顧客層(56.0%)。これについてJETROでは「日本市場の『量』と『質』、安心してビジネスができる環境が評価された」と分析しています。さらに今後の事業計画について聞くと、「事業規模拡大」(52.1%)が「現状維持」(40.6%)を上回っており、これから日本市場における事業展開を積極化させる外資系企業が増えていくと予想されます。

徹底した成果主義・実力主義を掲げ、好業績の社員には手厚く報い、成績のあがらない社員は容赦なく解雇する──そんなドライで雇用が不安定な外資系企業には馴染めないという人は少なくありません。しかし日本においても終身雇用・年功序列型の雇用システムは崩壊しつつあり、近年、若年労働者を中心に外資系企業に対するイメージは少しずつ変ってきているようです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...
ジョブレス・リカバリー
「ジョブレス・リカバリー」(jobless recovery)とは、景気が回復しても雇用の拡大がなかなか伴わない状態のことで、日本語では主に「雇用なき景気回復」と訳されます。一般に景気回復局面では、雇用情勢は景気に半年から一年程度遅れて動くため、その間、一時的にジョブレス・リカバリーに陥ることが知ら...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
転職者の「夢への近道」を考えた転職サポートとは
キャリアコンサルタントは、転職者が思い描く将来の働き方を実現するために、時には「希望と異なる道筋」をすすめることがあります。外資系企業への入社を希望する人材を国内企業に紹介する時、あるいは大手志向の人材をベンチャー企業に紹介する時――どんな場合でも、決め手にな...
2013/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” ハードワーク体験がトラウマに 年収が下がっても日系企業を希望する理由とは
世界的な外資系企業への内定が決まったにもかかわらず、あえて日系企業への転職を希望する求職者。そこにはあるトラウマが影を落としていた。
2019/10/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。