企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヒューマンスキル ヒューマンスキル

「ヒューマンスキル」(human skill)とは、他者との良好な人間関係を構築・維持するために必要な能力や技術のこと。対人関係能力とも言われ、業種・職種に関係なく、ビジネスパーソンなら誰でも職務を遂行する上で求められる普遍的なスキルです。具体的には、相手の話をきちんと聞いて理解するヒアリング、話し合いのなかで自分の意見を主張するネゴシエーション、自分の考えを的確に、論理的に伝えるプレゼンテーション、さらにはリーダーシップやビジネスマナーなどが挙げられます。
(2010/9/17掲載)

ヒューマンスキルのケーススタディ

ミドルマネジメントに必須の「上司力」
専門職も専門技能だけでは評価されない

ハーバード大学のロバート・カッツ教授は企業のマネジャーに求められる能力として、「テクニカルスキル」「コンセプチュアルスキル」そして「ヒューマンスキル」の三つを挙げています。テクニカルスキルとは、業務遂行能力あるいは業務知識と呼ばれるもので、たとえば経理担当者にとっての会計財務の専門知識、ITエンジニアならプログラミング言語が使えることなどが、これに当たります。ヒューマンスキルと異なり、求められる技能は業種や職種に自ずと特化されるのが普通です。コンセプチュアルスキルは概念化能力とも呼ばれ、物事を概念化・抽象化して考えることで複雑な問題の本質を理解し、的確な意思決定を下す能力です。

カッツ理論では、マネジャーの階層が監督者層→管理者層→経営者層と上がるにつれて、テクニカルスキルの重要度は相対的に低下し、逆にヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルがより求められるようになると指摘しています。後者は人の上に立つほど重要度が増すわけですから、流行の言葉でいえば「上司力」と表現しても差し支えないでしょう。とりわけ組織の屋台骨を支えるミドルマネジメントには、チームを束ねて現場を切り回すために、対人関係能力であるヒューマンスキルが絶対に欠かせません。この能力を高めることによって、自らのテクニカルスキルを部下に効率よく伝達したり、逆にトップマネジメントからコンセプチュアルスキルを吸収したりすることも容易になるからです。

社内だけでなく顧客接点においても成否のカギを握るだけに、採用や昇進・昇格の条件として重視されています。実際、企業の人事担当者に求める人材像を尋ねると、決まって「ヒューマンスキルの高い人」との答えが返ってきます。とくに近年はITエンジニアなど、従来ならテクニカル重視で“一芸に秀でる”イメージが強かった技術系の専門職にも、ヒューマンスキルを求める傾向が高まっています。伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)で長く人事担当執行役員を務めたCTCビジネスサービス代表の富田博氏は「いまやITエンジニアにはハードウェアやソフトウェアの販売だけでなく、これらを組み合わせたサービスやソリューションを提供し、お客さまの経営をサポートする役割が期待されている。エンジニアであっても、経営層にも理解できる言葉で、システムの提案を行えるヒューマンスキルが必要な時代になってきた」と指摘します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ITSS
経済産業省が策定した、IT関連サービスに必要とされる能力を明確化・体系化した指標です。SSはスキル・スタンダードの略で、「ITスキル標準」という言い方もします。
ラインマネジャー
企業において「マネジャー」という用語は一般的になりつつありますが、「ラインマネジャー」と聞いて、すぐにその業務や役割をイメージできる人は少ないかもしれません。ラインマネジャーとは、指揮命令系統が統一されたライン組織における管理職のこと。「ライン」は、経営学で使われる「ライン組織」という用語を指してお...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

2. マネジメント・管理職に求められるスキル
管理職(マネジメント)に必要とされるスキルについて、ロバート・カッツが提唱している「カッツ・モデル」がある。マネジメントに必要なスキルを、「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」そして「コンセプチュアルスキル」の三つに分けて考える手法だ。
2012/10/24掲載よくわかる講座
ダイバーシティを推進する上での問題や困難として最も多かったのが「管理職の意識や能力の不足」
ダイバーシティを推進する上での問題や困難を複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「管理職の意識や能力の不足」(45.0%)。2番目が「従来の一律的な価値観が重視される風土」(30.0%)、3番目が「個人の意識や能力の不足」(27.4%)だった。
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~
近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下の関係性、何よりもコミュニケーションのあり方が大きく変わってきた。問題は、そのことに対して上司があまり“自覚的”でない点である。その結果、“想定外”のコミュニケーションギャップが発生し、マネ...
2007/08/29掲載注目の記事

関連するQ&A

ヒューマンスキルの振返りをさせるには?
こんにちは。 送らばせながら、1年目社員の振返り面談をしています。 実務的な成長は彼らも振返ることができるようなのですが、 ヒューマンスキルの振返りをさせるためには どのような問いかけ、仕掛けをしたらよいでしょうか。 よろしくお願いいたします。
ビジネススキルとヒューマンスキル
社内研修の体系化を企画しておりますが、そのカテゴリの話になった時、「ビジネススキル」と「ヒューマンスキル」の違いは何だと言う話になりました。 現時点では私どもとしては、ビジネススキル=所属している会社において自分の業務を遂行する上で必要なスキル(業務フロー、コンプライアンス等) ヒューマンスキル=ど...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...