無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】コンピテンシー

コンピテンシー

「コンピテンシー(competency)」とは、高い業績を挙げている人材に見られる行動や思考、判断基準などの特性を指します。1970年代のアメリカで萌芽した概念であり、日本ではバブル経済が崩壊した1990年代ごろに急速な導入が進みました。今日では一般的な用語として定着しているものの、コンピテンシーをきっかけに広がった人物重視の姿勢は、企業の人事制度に受け継がれています。

更新日:2023/08/29

コンピテンシーとは

コンピテンシーは、「戦う」の意味を持つ動詞「compete」から派生し、「戦えること」から転じて「能力」「技能」「適性」など、さまざまな意味を持つようになりました。ビジネスにおけるコンピテンシーの定義も多岐にわたりますが、総じて「成果につながる能力」だと言えます。

コンピテンシーには「特定の職務に関連する」「高い業績や成果に結びつく」「行動の形で現れる」「個人の潜在的な特性が影響している」といった要素が含まれます。実際のビジネスの現場では、高い成果を出した従業員の行動や思考をコンピテンシーと呼び、人事評価への適用や業績の向上を図るために用いられます。

日本でコンピテンシーの概念を広めたビジネス・ブレークスルー大学大学院教授の川上真史氏は、「コンピテンシー的な人材」の特徴として以下の三点を挙げています。

  • 今、生み出すべき成果は何であるかを、明確にイメージできる
  • 今、自分を取り巻く環境はどのような状況かを、客観的に把握している
  • 今、自分が使える能力的な資源は何であるかを、幅広く確認している

日本では、行動特性のみを取り上げてコンピテンシーとする企業が多く見られますが、これは本来のコンピテンシーとは異なります。高い業績を挙げられるのは、その場の状況に合わせて柔軟に動くことができる人材です。ある局面で高い業績を挙げた行動に固執することなく、別の条件下に置かれた場合には異なった行動を取ります。コンピテンシーは目に見える行動だけではなく、目には見えない思考や価値観に着目する必要があるのです。

概念の基礎となる氷山モデル

※書籍『コンピテンシー・マネジメントの展開』p.14の図より作成

コンピテンシーを理解するためによく用いられるのが、スペンサー夫妻が作成した「氷山モデル」です。このモデルでは一人の人間を氷山とみなし、水面より上は知識・技能などの顕在化しているハードスキルを、水面より下は自己概念や価値観といった潜在的なソフトスキルを表します。

「目に見える成果は氷山の一角であり、成果を生み出すためには水面下の自己概念や価値観が重要だ」という考え方です。氷山モデルは、人事制度を構築するためのコンピテンシー理論の基礎となっています。

一般的に、水面より上のハードスキルは後天的に育てることができるのに対し、水面より下のソフトスキルは育成が難しいとされています。潜在的な部分については採用時に注意深く見極め、配置を行う上でも考慮に入れる必要があります。

コンピテンシーの歴史・背景

コンピテンシーの概念が生まれたのは1970年代のアメリカです。ハーバード大学の心理学教授であるマクレランドは、アメリカ国務省の委託を受け、学歴や知能が同一レベルにある外務情報職員が在任中に挙げる業績に大きな差が生じる要因について調査しました。

その結果、業績には学歴や知能はそれほど関係がなく、高い業績を挙げる外務情報職員は「異文化における対人感受性が強い」「他人に前向きな期待を抱く」「政治的ネットワークを学ぶスピードが速い」といった特性を持っていることが判明。マクレランドの発見により、心理学においてコンピテンシーが盛んに研究されるようになりました。

民間企業においても、従来の職務記述書の補完ツールとしてコンピテンシーがさかんに使われるようになりました。アメリカでは、担当する職務内容や責任の範囲などを記した職務記述書に基づいた人事制度が定着していましたが、従業員が決められた仕事しか行わないこと、変化に対応できないことなどが問題視されていました。そこで、思考や価値観を含めた個人の能力を明確化し、評価できるコンピテンシーが注目されるようになったのです。

一方、日本では1990年代ごろからコンピテンシーを導入する企業が増加しました。その背景には、バブル経済の崩壊があります。戦後の日本では、年功序列の賃金制度が採用されていました。年功序列は、勤続年数や年齢の上昇に従い、職能も上昇することが前提となっています。しかし、実際には能力が賃金に比例しないケースがしばしば発生し、企業は人件費の高騰に頭を悩ませていたのです。

バブル期の終焉により、多くの企業が年功序列の賃金制度の維持に限界を感じたことで、それまでの能力重視から成果重視へとパラダイムシフトが起こりました。そこで、個人の能力という職能主義の根幹を残しながら成果主義を進めることができるものとして、コンピテンシーが取り入れられたのです。このとき、成果主義を導入したいとの思いから顕在能力に力点が置かれ、目に見える「行動」のみがコンピテンシーであるとの誤解が生まれ、今日にいたります。

アメリカのコンピテンシーブームとその後

スペンサー夫妻によるコンピテンシーの作成・運用方法が書かれた書籍の出版を契機に、1990年代のアメリカではコンピテンシーの一大ブームが巻き起こりました。ところがほどなくして、「コンピテンシーを抽出し、モデル化するのは大変」「コンピテンシーは状況に合わせて修正する必要があり、その度に報酬制度も変わる」「報酬を決める基準として使いづらい」といったコンピテンシーの問題点も指摘されるようになりました。

2000年代に入るとブームは落ち着き、コンピテンシーは人事制度の一般的な用語として定着。目新しさを持って取り入れられることは少なくなりました。ただ、コンピテンシーをきっかけに広がった人物重視の流れは今も衰えることはありません。

「コンピテンシー」について深く知る記事一覧

企画・編集:『日本の人事部』編集部

HRペディア「人事辞典」

HRペディア「人事辞典」

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

用語の基本的な意味、具体的な業務に関する解説や事例などが豊富に掲載されています。掲載用語数は1,300以上、毎月新しい用語を掲載。基礎知識の習得に、課題解決のヒントに、すべてのビジネスパーソンをサポートする人事辞典です。

この記事ジャンル 評価制度

無料会員登録

会員登録すると、興味のあるコンテンツをお届けしやすくなります。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人事の学習帳 関連講座

「評価制度」に関する記事

「評価制度」に関する人事のQ&A

二重の評価制度は違法となりますか?

同一労働同一賃金なども踏まえ、二重の評価&賃金制度は違法となりますか?

10人未満の小さな会社ですが、
知り合いの会社で非常にうまく回っている評価&賃金制度があり、
知り合いにも依頼し、その評価&賃...

jinjibu-workさん
東京都/ 情報処理・ソフトウェア(従業員数 1~5人)
2020/10/14 01:15 ID:QA-0097488 報酬・賃金 解決済み回答数 2 件

「評価制度」に関する書式・テンプレート