企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15048件   回答数32339

アルバイト・契約社員の違いについて

初めて投稿させていただきます。
このたび、月に8日程度の事務作業をしていただくスタッフを雇用したいと思っています。
アルバイトもしくは契約社員といった形で採用になるかと思うのですが、この違いがよくわかりません。
どなたかわかりやすく教えていただけないでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2011/04/01 19:08
  • ID:QA-0043305

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/01 20:48
  • ID:QA-0043306

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

アルバイトも契約社員も法律で定められた用語ではなく、それ故厳格な定義もございません。

ただ、一般的に用いられている意味で申し上げますと、アルバイトは正社員と異なり期間を定めて雇用され、その多くが所定労働日数または所定労働時間が正社員よりも少なく、加えて業務負担や責任も軽い従業員を指しているものといえます。

これに対し、契約社員は期間を定めて雇用されるという点ではアルバイトと同じですが、労働日数や労働時間は正社員とほぼ変わらず、特定の職務スキル等に注目して社における重要な業務に取り組んでもらう従業員を指している場合が多いといえます。

但し、最初に申し上げました通り、言葉をどのような意味で用いられるかは個々の会社次第ですし、両者を同じような意味で使っているケースも見受けられます。仮に就業規則に定めがあれば、当然その内容に従って雇用契約を結ぶことになります。従いまして、用いた呼称の如何に関わらず、契約内容となる労働条件(契約期間・業務内容・賃金・休日休暇・労働時間等)を雇用契約書にてきちんと明示されることが重要となります。

  • 投稿日:2011/04/03 23:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご返事ありがとうございました。
参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/01 20:58
  • ID:QA-0043307

代表者

法的な定義はないので、定義を明確した上で使用することが大切

|※| いずれも、正規雇用といわれる、「 期間の定めがない、フルタイム労働者 」 の対義語 ( 非正規雇用 ) として使われることが多いのですが、法的な定義はありません。その上で、敢えて言えば、非正規雇用とは、一般的に、次の雇用形態の内、1つ以上に該当する労働者の雇用形態を総称して使われていると言っていいでしょう。
|※| ① 有期契約労働者 (期間の定めのある雇用の労働者・労基14―2項に該 当)
②派遣労働者 ( 派遣法に基づく派遣により派遣先で就労する労働者 )
③パートタイム労働者 ( 1週間の所定労働時間が通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者 )
|※| なお、アルバイトというのは、短時間労働者の俗称をして使われていますので、パートタイム労働者と、ほぼ同義語と理解してよいと思います。従って、これらの用語を、ビジネスとして使う場合には、お互いに、内容、定義を明確にしておくことが重要です。同床異夢では、後日問題が起きる可能性が大きいので注意が必要です。

  • 投稿日:2011/04/03 23:11
  • 相談者の評価:参考になった

ご返事ありがとうございました。
参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/01 21:03
  • ID:QA-0043308

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

アルバイト、契約社員の違い

■アルバイト、契約社員、パートなどの用語は法律用語ではありません。
これらの非正規社員が増えてくれば、会社で定義が必要となってきます。

△参考としては、
・正社員と同じ勤務時間であるが、期間が決まっている人・・・契約社員
・正社員より勤務時間が短い人・・・パート
・正社員と勤務時間は同じであるが勤務日数が短い人・・・アルバイト

また、
・雇用保険に加入する人で期間が決まっている人・・・契約社員、
・雇用保険に加入する人で期間の定めのない人・・・パート
・雇用保険加入基準を満たさない人・・・アルバイト

*雇用保険加入基準=週20h以上かつ31日以上雇用する見込みのある人
以上

  • 投稿日:2011/04/03 23:11
  • 相談者の評価:参考になった

ご返事ありがとうございました。
参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/04/02 00:40
  • ID:QA-0043309

人事・経営コンサルタント

現実的には

法的な区別ではありませんので、御社が定義をすることとなります。
なんとなく、で雇用するのはたいへん危険ですので、御社として経営判断を行って下さい。
さて現実的に両者の違いですが、アルバイト/パートは「作業員」であり、作業を担う。つまり自ら発案し、判断する業務ではなく、指定された通りの作業を行う、と定義すると、区別がしやすいのではないでしょうか。契約社員は有期契約である点以外は、機能としては正社員と同じでよろしいかと思います。アルバイト戦力化は昔からのテーマですが、それほど容易ではありません。マクドナルドはそのシステム化に巨額の投資や長年の苦労を経ております。むしろアルバイトを完全に作業に徹底させ、そのためのマニュアル化をした、すき家の方法が現在は注目されております。

  • 投稿日:2011/04/03 23:11
  • 相談者の評価:参考になった

ご返事ありがとうございました。
参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
年俸制社員の雇用契約について
漠然とした質問で申し訳ございませんが、年俸制社員を1年間の契約で雇用しようと考えています。契約の上で留意すべき点があれば教えて下さい。
契約社員の雇用契約書
はじめて質問させていただきます。無期転換した場合の契約社員との雇用契約書には、契約期間は、初めから空欄にして月日はいれないのでしょうか。また、契約社員就業規則には、無期転換できる旨の条項を必ず設けないといけないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
出戻り社員
「出戻り社員」とは、一度自主退職して他社で働いたり、独立したりした人が元の会社に再雇用されること、またはその社員を指す言葉で、「ブーメラン社員」とも言われます。日本の伝統的な就業観から、かつては戻る側にも受け入れる側にも抵抗がありましたが、転職が一般化したことや深刻な採用難から、最近では出戻り社員を...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...