無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事辞典 掲載日:2019/05/31

【ヨミ】スクラムサイヨウ スクラム採用

「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者との接点を増やし、優秀な人材の採用を目指す企業が増えているようです。

スクラム採用のケーススタディ

出会えなかった人材に出会うために。
スクラム採用に必要な三つの要素

全社一丸となって採用業務に取り組む、スクラム採用。近年、従業員が知人を自社に呼び込む「リファラル採用」が注目されていますが、これもスクラム採用の一つといえます。

こうした新たな採用に取り組む企業が増える一方で、「導入してもなかなかうまく行かなかった」といった声や、「一般の従業員に採用広報を任せて、本当に大丈夫なのか」といった不安も聞かれます。スクラム採用を成功させるためには、何がポイントになるのでしょうか。

スクラム採用を行う上でまず大切なのは、従業員に「採用」が人事だけの仕事ではなく、全社として取り組むべき重要な課題だと認識してもらうことです。いくら人事が採用への協力を呼び掛けたところで、従業員がひとごとだと思っていたら、うまく行きません。そのため、「なぜ実施するのか」「それによって何を実現したいのか」をまずしっかりと説明し、従業員に理解してもらう必要があります。

スクラム採用の目的を社内に共有した後は、実際に業務を行うための体制を整えなければなりません。全社で採用活動を行うといっても、業務の中には人事担当者が行わなければならないものもあります。業務を分解することで、従業員に任せる部分と人事でなければできない部分を整理することが大切です。

業務を一つひとつ分解していくと、人事以外の従業員でも、得意分野を生かして携われる業務が多いことに気付きます。例えば、求人募集のSNS発信。会社の中を見渡すと、実はSNSでフォロワーの多いマイクロインフルエンサーがいるかもしれません。また、会社説明会での司会進行を、トークの上手な人に任せることもできるでしょう。分解した業務を、最適な能力を持った社員に任せていくことが、スクラム採用成功のポイントです。

実際にスクラム採用を開始した後には、成果の可視化を行うことが重要です。社員の働きかけによって、どのような成果を得られたかを全社的にフィードバックすることは、ナレッジの共有や社員の採用に対するモチベーションアップへとつながります。スクラム採用が軌道に乗れば、人事担当者にはそれぞれの従業員をサポートし、採用というプロジェクトをマネジメントする役割が求められるでしょう。

このように全社員を巻き込んだ採用を行うメリットは、採用広報のチャネルが増え、人事担当者だけでは出会えなかった人材にリーチできること。また、業務を社員に権限委譲した分、人事担当者が別の業務に時間を割くことができることも大きなメリットです。

※「スクラム採用」は株式会社HERPの商標又は登録商標です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード