企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15219件   回答数32799

従業員の死亡の対応

弊社のパート従業員がなくなりました。
退職金はありません。
給与の支払等で気をつけなければならない点を教えて下さい。

  • hirofumiさん
  • 大阪府
  • 販売・小売
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2011/01/19 17:18
  • ID:QA-0042039
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/01/19 18:29
  • ID:QA-0042045

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

従業員の死亡の対応について

1.事務的なところでは、就業規則に則り、対応することになります。
 健康保険に加入しているようであれば埋葬料の申請があります。
2.慶弔規程等がない場合、会社の考えにもよりますが、
 会社としてできうる誠意ある対応が、残ったパートさんなどの
 安心感にもつながろうかと思います。
以上

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/01/19 22:32
  • ID:QA-0042048

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

従業員が死亡した際の賃金支払につきましては、就業規則上で定められた遺族にお渡しすることになります。仮に定めが無い場合ですが、民法上の相続人(原則として配偶者や子が最優先され、次いで父母になります)に渡す事が必要です。

ちなみに遺族が相続放棄を行う場合もありますので、そうした点は念の為確認されておいた方がよいでしょう。何か複雑な事情があって対応に困るようでしたら、もはや人事管理ではなく民事上の問題になりますので弁護士等にご確認された上で対応されるとよいでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/01/25 20:57
  • ID:QA-0042150

社会保険労務士法人SRグループ 代表

お答えいたします。

 死亡日後に支払う給与につきましては、課税計算をせずに、そのままの金額を相続人へお支払いください。課税計算をしないのは、源泉徴収税ではなく相続税の対象となるためです。
給与の支払いの際にご注意いただきたいのは、逝去にともなってご本人の金融機関の口座の取引ができなくなっている可能性があることです。相続人の口座へ振り込む、現金支給等の方法もご検討ください。

 また、死亡日以前に支給のあった給与・賞与について年末調整を行う必要があります。還付金は相続人にお支払いください。

 他の方も回答されている通り、健康保険に加入されていれば、埋葬料の請求があります。請求者は、被保険者ではなく配偶者等ご遺族になります。戸籍抄本や住民票など事実確認できる書類の写しが必要になりますので、あらかじめご用意いただくようにご案内ください。

 他に慶弔見舞金の支給等を規程で定められている場合は、その支給もございます。

 ご家族の逝去ということで、ご遺族の方が不安を抱かれないよう、スピーディーに対応することが重要になります。手続きがスムーズに進むよう、ご遺族の方に準備していただくものは前もってまとめて連絡するなど配慮してご対応ください。

  • 投稿日:2011/02/12 15:50
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
給与差し押さえへの対応
従業員に対して裁判所より「給与差し押さえ」についての書類が届きました。 この場合の対応はどのようにしたら宜しいのでしょうか?
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
職場いじめの被害者に対する対応について
弊社のある事業所において、某従業員が従業員間のいじめによりパニック障害を患い、退職に追い込まれたという事実が発覚しました。当該従業員は労基署に訴える旨を通告しているらしいですが、今後どのような対応を考えなければいけないでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
    昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介しています。
  • 景気・業績悪化時の人員削減と法的リスク回避策 「希望退職制度」の実施手順と留意ポイント
    景気や業績の悪化で、経営の合理化を迫られている企業は少なくありません。そんな中、「希望退職制度」が対応策のひとつとして考えられています。今回の記事では、実施手順や法的なリスク回避策などを、詳しく紹介します。
あわせて読みたいキーワード
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
給与前払い
従業員が要望した場合に、実際の給与支払い日よりも早く給与が支払われる、給与前払いサービス。労働基準法で禁じられている「前借」ではなく、実際に働いた分の中から、一定の金額が先に支払われます。アルバイトやパートの福利厚生として導入する企業が多く、応募数の増加や離職率の低下に貢献しています。 (2018/...
ジェンダーハラスメント
「ジェンダーハラスメント」とは、ジェンダーロール(性別によって期待される社会的役割)に基づいたハラスメント行為のことを指します。例えば、女性従業員にだけお茶くみをさせたり、来客者の接遇をさせたりすることなど。男性従業員を「男のくせに」といった言葉で罵ることなど、セクシュアルハラスメントが性的な嫌がら...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...