企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15090件   回答数32451

試用期間満了前の面談実施と面談内容について

当社は入社後、6ヶ月間は試用期間としています。
最近、中途採用で入社した社員がいるのですが、この社員の試用期間が
終了する前に面談を実施しようと考えております。
その面談に関して以下の事項をお尋ねいたします。

1)面談の実施時期について
 現時点では、試用期間終了1ヶ月前を予定しています。

2)面談での確認事項について
 具体的に確認する事について教えてください。
 
3)面談に同席する関係者について
 直属の上司の他に、その上位の管理職、人事が同席した方が良いでしょうか。

4)面談結果の活用について
 面談結果を基に異動を検討あるいは実施する事は可能でしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 埼玉県
  • 輸送機器・自動車
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2010/12/02 13:15
  • ID:QA-0024109

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/12/02 13:41
  • ID:QA-0024112

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

試用期間満了前の面談について

1.面談の実施時期について
 現時点では、試用期間終了1ヶ月前を予定しています。
⇒試用期間といえど、正規採用しない場合には、30日前の解雇予告または解雇予告手当が必要ですので、ご留意ください。

2)面談での確認事項について
 具体的に確認する事について教えてください。
⇒御社が何故面接を行うのかによります。
一般的に考えられることは、
・試用期間終了後の会社としての取扱い(正規採用、解雇等)
・本人の会社に対する感想、意見。
・試用期間終了後で、賃金等労働条件がかわるようでしたら、
 書面公布および説明など
 
3)面談に同席する関係者について
 直属の上司の他に、その上位の管理職、人事が同席した方が良いでしょうか。
⇒御社の状況、方針によりますので、会社としてよくお考え下さい。(10社ト色10ですので、一般論として論じることではありません。)

4)面談結果の活用について
 面談結果を基に異動を検討あるいは実施する事は可能でしょうか。
⇒御社の就業規則、試用期間の規定および採用時の雇用契約書の内容により異なります。例えば、採用時に異動はないといっているのに異動させるようであれば、話が違うということでトラブルになりかねません。その辺がうやむやであった場合には、よく説明し、同意書を取っておいたほうがいいでしょう。
以上

  • 投稿日:2010/12/07 09:37
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
ご指摘頂いた点、ご回答頂いた点を参考にして実施内容を検討させていただきます。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/12/02 18:08
  • ID:QA-0024114

代表者

効果ある 「 面接実施 」 とするために

.
■ 普通、目的があって、それを実現するための手段があり、更に、具体的手順があるものですが、ご相談では、「面接実施」という手段が先に来てしまって、次に、「手順」をご質問されている感じが致します。

■ 求める人材は、企業や職種によって違ってきますが、一般的には、次のような点がポイントかと思います。ご相談の対象者に求める要件があると思いますので、それで読替えて下さい。

① スキル
② 協調性・規律性等の基本適性
③ 仕事をする意思、意欲
④ 人柄や価値観

■ 今回の面接実施の目的は、先ず、これらの事項に就いての評価・確認にあると理解した上での回答になります。

(1)実施時期 ⇒ お考えのタイミングでよいでしょう。
(2)上記のような、本人に求める要素を列挙し、重要度に応じてウエイトを付け、点数化する方式をお勧めします。同席者の視点がバラバラでは評価総括は難しいので、事前の統一が必要です。
(3)採用対象者に期待するポジションの重要度に応じて決定されるのがよいと思います。単純な事務職と、幹部クラスでは、当然、同席者のレベルも異なるべきです。
(4)就業規則に異動義務の記載があり、本人に周知していれば、当然、可能であり、積極的に検討されるべきだと考えます。

  • 投稿日:2010/12/07 09:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、目的が先にあり、それを実現するための具体的な手段を講じるのが常道だと思います。それが逆転している事はお恥ずかしい話です。
ご教授頂いた内容を参考に、実施の目的と確認要素を検討したいと思います。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/12/02 23:22
  • ID:QA-0024116

この回答者の情報は非公開になりました

内容について

基本的には就業規則等に基づき、御社の方針によることになりますが;
〉1)面談の実施時期について
解雇の可能性があるなら、試用期間終了1ヶ月前はギリギリ間に合いますが、全員6ヶ月ということであれば、もう少し早め残り2ヶ月~1ヶ月の間。特に問題のある従業員の場合は出来るだけ早めに設定した方が便利かと思います。

〉2)面談での確認事項について
何のために面談するかによります。通常は正社員化に際して意思確認や、問題点・改善点の共有になるのではないでしょうか。

 
〉3)面談に同席する関係者について
御社の方針によりますので、直属上司は通常必須で、それ以外はケースごとにルールを決められてはいかがでしょうか。


〉4)面談結果の活用について
労働契約によります。異動の可能性が記述してあれば問題ございません。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約期間と試用期間の関係
いつもお世話になります。 期間の定めのある契約社員の、 試用期間の設定に関しまして質問です。 契約期間3ヶ月(毎の更新)に対し、 試用期間が、3ヶ月とか6ヶ月というのはありえるでしょうか。 3ヶ月だと、最初の契約期間が全て試用期間となってしまいます。 この試用期間中の労働条件は試用期間終了後とは...
試用期間の延長
弊社では新規採用にあたり3ヶ月の試用期間を設けております。今回、この試用期間中に病気により1ヶ月の休職をした社員がいるのですが、この社員の試用期間を病気により休業していた日数分だけ延長したいと思っておりますが、問題はありますでしょうか。 就業規則には「新たに採用した者について、3ヶ月間の試用期間で採...
試用期間中の職務変更
6ヶ月の試用期間中に会社・従業員同意の上で、職務内容を変更した場合、試用期間の取扱はどのようになるのでしょうか。1)残存試用期間、新たな職務での適性を確認する 2)新たな職務に対する試用期間を設ける(試用期間の延長)等が考えられますが、法的に問題はありますでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
カジュアル面談
「カジュアル面談」とは、選考に影響しないことを前提に、本選考前や採用選考の途中で企業と応募者が相互理解を深めるために設けられる場のことをいいます。ミスマッチによる内定辞退や入社後の早期退職を軽減することを目的に中途採用でよく使われる手法ですが、近年は新卒採用でも実施する企業が増えています。相互理解が...
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


短期留学で新たな価値観や習慣と触れる<br />
~“変革的”リーダー育成術

短期留学で新たな価値観や習慣と触れる
~“変革的”リーダー育成術

グローバル化に伴う競争激化、さらにはリーマンショック後の世界同時不況な...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...