企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

組合員以外の交渉

いつもお世話になっております。
今回新たな制度を導入しようとしていますが
組合が拒否し、個人条件の提示を始めさせてくれません。
組合員以外の社員に限り、条件提示をすることは
問題ないのでしょうか。
逆に、組合員が情報を得ないことになってしまうような気がします。
また、組合員以外に接触すると、組合に入っているかどうかが
他の社員にわかってしまうと思うのですが
その辺は問題ないか、確認させてください。
宜しくお願いいたします。

投稿日:2010/02/01 17:20 ID:QA-0019123

*****さん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

労働組合に権限があるのは基本的に組合員に関する事項ですので、非組合員と会社側が個別に労働条件について交渉すること自体は通常問題ございません。

しかしながら、労働組合法第7条では組合員であることによって不利益な取り扱いを受けることを禁止していますので、非組合員との交渉が組合との差別化を図ったり、或いは組合員よりも有利な労働条件とする事を意図するものであれば、組合運営に影響を及すものとしまして不当労働行為に該当する可能性が高いので控えるべきです。

また、それとは別に労働組合法第17条に定められていますように、労働組合が労働者の4分の3以上が加入する多数組合である場合には、原則として組合との労働協約で定めた労働条件が非組合員にも適用されますので、その場合には個別交渉を行うことは通常出来ないものといえるでしょう。

組合が拒否しているのは上記いずれかの理由からではと考えられますが、そうでない場合も含め今一度拒否の具体的理由につきご確認される事をお勧めいたします。事情は別にしまして、組合側とは真摯に話し合いを行って良好な関係を保ち、労使が一致協力して業務推進に専念出来る環境を整える事が最重要といえるでしょう。

投稿日:2010/02/01 19:43 ID:QA-0019125

相談者より

 

投稿日:2010/02/01 19:43 ID:QA-0037473大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

回答追加:後段の件

先の回答で文面後段の御質問への回答が抜けておりましたので追加させて頂きます。

「組合員以外に接触すると、組合に入っているかどうかが他の社員にわかってしまう」とありますが、要件を公にしたり、或いは話し合いを公開しない限り、憶測はあっても明確に知りうる事はないはずです。

業務面等他の用事で呼び出される可能性も当然あるはずですし、労務管理上必要があって話をされるわけですからそれ自体に関し特に問題はございません。

投稿日:2010/02/01 19:58 ID:QA-0019127

相談者より

 

投稿日:2010/02/01 19:58 ID:QA-0037474大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
嘱託従業員(非組合員)の時間外協定について
弊社では、時間外協定を締結する際、組合の長と営業所長で36協定を取り交わしておりますが、嘱託従業員(非組合員)の場合も同様の36協定が必要なのでしょうか。 組合員と非組合員で区別すべきなのかわからないので、教えていただけないでしょうか。
36協定についてのご質問
当社では毎年労働組合と36協定を締結していますが、この協定の締結にあたり、組合員と非組合員とで残業時間の上限が違っても問題はないでしょうか。 またその場合、36協定の書式には組合員○時間、非組合員○時間というような形で、明確に記載すれば良いのでしょうか。 基本的な質問で申し訳ありませんが、ご教示い...
企業内組合の脱会について
当社には企業内組合があり、いわゆる管理職を除いては全ての社員が組合に加入しています。 このたび、組合員から脱会の申入れがありました。 組合への加入は強制するものではないので脱会についても個人の意思によると判断しています。 組合員の中には組合員であるメリットはないとしている雰囲気も有り、今回の申入れを...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 合同労組からの団交申入れのパターン&基本的対応法
    いわゆるリーマンショック後の急激な景気の悪化、インターネットによる情報収集の容易化等に基づく労働者の権利意識の拡大、法曹人口の増員、労働審判手続に代表される労働紛争解決手続の拡充等により…
  • 仕事の成果が落ち込んだらポストを外される?「降格制度」の導入状況と問題点を探る
    社員個人の能力や成果の落ち込みを理由に、役職や等級制度のグレードを低下させる「降格制度」。これまでの年功序列・終身雇用の人事システムの中では、係長→課長→部長と昇格していくことはあっても、部長から課長へ、課長から係長へなどと降格するケースはあまりありませんでした。それが今、成果主義の導入を契機に、「...
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
あわせて読みたいキーワード
労働組合
労働組合は、労働組合法によって、「労働者が主体となって、自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体」と定義されています。複数の労働者の合意、宣言によって結成できますが、労働組合法に適合した「法適合組合」になるためには、構成主体が労働者であること、自主性...
質問会議
「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型...
肩代わり法
肩代わり法とは、2010年5月に成立し、同7月からスタートする改正健康保険法の通称です。同法は、中小企業の社員が加入する協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)の保険料アップを抑えるために、3年間の特例措置として、大企業中心の健康保険組合に負担増を求めるもの。協会けんぽに対する国の財政支援の一部...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...