企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロウドウクミアイ 労働組合

労働組合は、労働組合法によって、「労働者が主体となって、自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体」と定義されています。複数の労働者の合意、宣言によって結成できますが、労働組合法に適合した「法適合組合」になるためには、構成主体が労働者であること、自主性を持つことなどの要件を満たす必要があり、その適合性は労働委員会の資格審査によって認められなければなりません。
(2009/3/16掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働組合のケーススタディ

日本では伝統的に「企業別組合」が主流
地域労組の台頭で協調路線にも変化の兆し

欧米で労働組合というと、職業別、産業別など企業横断的な組織形態が一般的ですが、日本では、企業や事業所ごとに労働者を組織する「企業別組合」がほとんどです。企業別組合の場合、その会社の従業員であることが組合構成員の条件となり、ホワイトカラー、ブルーカラーなど職種による区別はありません。しかも日本では、組合と企業側が「ユニオン・ショップ協定」(雇用された社員は労働組合に加入しなければならず、組合を脱退したときは解雇される制度)を結んでいるケースが多いため、両者は長く運命共同体的な関係を維持してきました。会社の発展という大義のために、労使協調路線で生産性向上や待遇改善などに取り組む企業別組合のあり方は、終身雇用、年功序列と並んで、わが国の戦後経済を支えてきた日本的経営システムの三本柱の一つといわれています。

しかし現在、労働組合の組織率(雇用者総数に占める労働組合員数の割合)は低迷しています。厚生労働省の調査によると、1970年代半ばまでは35%程度で推移していましたが、その後減少し続け、2008年には18.1%にまで落ち込みました。「ユニオン・ショップ協定」が結ばれ、組織率が100%に近いような企業別組合は一部の大企業に偏在し、中小企業では組合そのものがほとんど存在していない――それが現実でしょう。しかも企業別組合の構成員は基本的に正社員に限られ、多くの労働現場を下支えしているパートタイム社員や派遣社員には通常、組合加入資格が認められていません。日本の労働組合がときに「正社員クラブ」と揶揄されるゆえんです。

こうしたなか、組合に入りたくても職場に組合がない、組合加入資格がないなど、従来の企業別組合から排除された労働者の受け皿として注目されているのが「コミュニティ・ユニオン」(地域労組)です。09年2月、埼玉県行田市では、自動車部品メーカーを解雇された元派遣労働者が地域労組に個人加盟し、会社側との団体交渉を求めるストライキを決行しました。こうした事例は確実に増えています。会社側としては、相手が企業別組合なら代表者や交渉担当者も“身内”なのでトラブルは少ないのですが、地域労組のような企業横断的な組合となるとそうはいきません。経営状態や組織の事情に配慮せず、要求をつきつける“外部者”にどう対応するか。経営者、労務担当者の手腕が試されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...
退職勧奨
使用者が労働者に対して強制ではない退職の働きかけを行うことを指し、俗にいう「肩たたき」がこれに当たります。労働者が退職勧奨に応じると、労働契約上の「合意解約」となり、「解雇」にはあたりません。退職金の優遇や再就職先の斡旋など労働者側が勧奨に応じやすい条件を提示して行うのが一般的です。

関連する記事

合同労組からの団交申入れのパターン&基本的対応法
いわゆるリーマンショック後の急激な景気の悪化、インターネットによる情報収集の容易化等に基づく労働者の権利意識の拡大、法曹人口の増員、労働審判手続に代表される労働紛争解決手続の拡充等により…
2011/01/24掲載人事・労務関連コラム
外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的な対応方法について解説します。
2019/09/05掲載人事・労務関連コラム
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

労働組合について
労働組合を立ち上げようと考えているのですが、設立までの流れを教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。
労働組合の合併または解散
会社の合併があった場合の労働組合に扱いについてご教示ください。対等合併の予定ですが、一方の会社には労働組合がありません。当社には労働組合がありますが、この場合は、合併相手の会社社員は、当社への労働組合への加入となるのが自然な流れでしょうか? 会社(当社)としては、相手方に合わせ、当社の労働組合の解散...
労働組合の活動について
お世話になっております。 労働組合の活動内容についてですが、労働組合に加入することが義務付けられている場合、その組合から選挙応援の申込をするようにと言われた場合、問題はないのでしょうか(○○支援会の申込みのようなもの) このような活動を行うことは労働組合としては問題ないのでしょうか。社内の規程次...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...