無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

早朝に建設現場へ向かう間の移動時間に対する賃金について

遠方での現場作業があるときは、早朝に会社に集合してもらい、社用車に乗り合わせて現場に向かいます。

例えば朝6時に集合し、現場作業開始が8時である場合。

会社集合は業務命令ということもあり、車での移動中の2時間については「労働時間」と考えますが、この2時間については通常業務ではないため、通常業務の給与額より低額(最低賃金以上の額)にしたいと考えております。

例えば、次のような考えです。
本来の業務(建設作業)による基本給は時給換算で2,000円とする。朝晩の移動時間については「移動手当」として時給1,500円(最低賃金以上)とする。
<朝6~8時が移動時間、8~17時が現場作業の場合>
・朝の2時間→@1,500✕2時間=3,000円支給
・8時~17時→@2,000✕8時間=16,000円支給(休憩1hあり)
・法定超の分→@2,000✕0.25✕2時間=1,000円支給
・帰りの2時間→@1,500✕1.25✕2時間=3,750円支給
*1日分の賃金として23,750円支給

【質問①】
以上のような考えで問題はないでしょうか?
(「問題なし」の前提で以下②~③は質問させていただきます)

【質問②】
法定超の「@2,000」は、朝の2時間分の「@1,500」で計算したら問題ありますか?
つまり、「朝6時始業と考えて8h超えた部分(終業2h分)を割増」という考えではなく、「あくまでもトータル時間で8h超の部分を割増(8h超の部分は会社が任意に指定)」ということは可能でしょうか?

【質問③】
上記計算式のように、通常の時間給(2,000円)と分けて移動手当(1,500円)を設定する場合、賃金規程に次のように規定すれば問題ないでしょうか?
第x条(基本給)
1.基本給は、会社が定める通常の業務に従事する賃金として支給する。
2.基本給の額は・・・(省略)・・・
第y条(移動手当)
1.移動手当は、遠方による建設現場に向かうため、社命により社用車等を用いて移動する時間(所定労働時間外に限る)について、1時間あたり1,500円を支給する。なお、建設現場から帰社する場合の移動時間(所定労働時間外に限る)についても同様とする。
2.移動時間中に支払う賃金は移動手当のみとし、通常業務に支払う基本給については支給しない。
3.移動時間中であっても、所定労働時間内の時間については移動手当は支給せず、第x条に定める基本給を支給する。

以上、長文になってしまい申し訳ございません。
何卒ご教示の程よろしくお願いいたします。

投稿日:2024/06/18 17:21 ID:QA-0139875

いちにいさん
宮城県/その他業種(企業規模 1~5人)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1.あらかじめ、就業規則、雇用契約書に明示したうえで、
  従業員に説明、周知していれば、労基法上は問題はありません。

2.実働時間からカウントしますので、@2000円で計算してください。

3.細かい規定の指導までする場ではありませんが、
  ほぼ問題ないと思われます。

投稿日:2024/06/19 10:10 ID:QA-0139891

相談者より

早速のご返答ありがとうございました。
参考になりました。

投稿日:2024/06/19 16:48 ID:QA-0139919大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。



問題が解決していない方はこちら
この相談に関連するQ&Aを見る
無料・匿名で相談できます。
お気軽にご利用ください。
社労士などの専門家がお答えします。
関連する書式・テンプレート
人事担当者が使う主要賃金関連データ

人事担当者が使う主要賃金関連データのリストです。
賃金制度や賃金テーブルの策定や見直しの際は、社会全体の賃金相場を把握し、反映することが不可欠です。
ここでは知っておくべき各省庁や団体が発表してる賃金調査をまとめました。

ダウンロード
関連する資料

この相談に関連するコラム

注目の相談テーマ