企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

家族手当について

いつもお世話になっております。
今回は家族手当についてのご相談です。
当社規定は下記の通りです。

①本人が扶養(所得税法上の扶養者の認定基準)する配偶者・子に対して月々支給する。但し、子が22歳未満の場合は扶養家族に対して支給する。
②結婚や出産で新たに扶養する事となった場合は、速やかに会社に届け出ることとする。変更事由が発生した月より家族手当を支給する。

相談内容は、夫婦ともに社員のケースです。
妻が育休復帰し今年の収入が103万円を下回ります。
そこで、夫が令和2年の年末調整で妻を配偶控除する予定です。
すると、夫が来年1月から家族手当の申請を検討しています。
しかしながら、妻は9月より復帰しており来年は103万円を超える収入を得ることが予想されます。
この場合でも、夫が申請すれば支給しなければいけないのか?をお伺いしたいです。

また、こういったケースを防ぐ為には社会保険上の扶養者認定基準にするのがベストなのでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。

投稿日:2020/11/27 11:52 ID:QA-0098614

marfihさん
福岡県/食品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、税法であれ社会保険であれそうした特定の認定基準を手当の支給要件とされますと、該当する場合には当然に例外無く手当支給をされる事が必要とされます。

あくまで会社が任意で決められるべき事柄ですので、ご認識の通り社会保険の認定基準を採用されたいという事であればそれで差し支えございませんが、基準変更によって不支給となる場合が生じますと労働条件の不利益変更となりますので、労使間での協議を行い一定の猶予期間を設ける等慎重な対応をされる事が求められます。

投稿日:2020/11/28 18:16 ID:QA-0098637

相談者より

やはりそうですよね。
ご回答有難うございました。

投稿日:2020/11/30 08:51 ID:QA-0098650大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

家族手当は会社のルールによりますので、規定どおりということになります。

こういったケースをなくしたい場合には、社会保険の扶養者とするか、

配偶者が育休中の場合は対象外とするなどと規定することが考えられます。

投稿日:2020/11/29 14:54 ID:QA-0098646

相談者より

やはりそうですよね。
検討致します。
有難うございました。

投稿日:2020/11/30 08:53 ID:QA-0098651大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

公平性の担保は人事政策の基本ですから、ご提示の事例は規則通り支給しなければならないでしょう。例外的措置を都度都度実施するのは恣意的運用と取られます。それを防止したければ就業規則そのものを不利益変更となっても変えるしかありません。
改善案で確実に今回のような事例やそれ以外にも起こり得る事例に対処できるのであれば、不利益変更であっても人事政策を変えることは理に適っていると思います。

投稿日:2020/11/30 10:35 ID:QA-0098668

相談者より

参考にさせて頂きます、ありがとうございます。

投稿日:2020/11/30 13:49 ID:QA-0098682大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
家族手当支給について
いつもお世話になります。 弊社の家族手当についてご相談させていただきます。 現在、配偶者がいる場合所得の有無に関わらず、家族手当を支給しております。 将来的に、年間103万円を超える所得がある配偶者については、家族手当対象外にした場合、不利益変更が発生するのでしょうか。 他に気をつける点がありまし...
家族手当について
当社では家族手当を配偶者の有無、子供の人数に応じて家族手当を支給しています。 この家族手当について、規程上、例えばある一定の年齢を迎えた者については、適用しないという定めをすることは可能なものでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。
家族手当
いつも参考にさせていただいております。 さて、 家族手当の支給に関して、社員が扶養する配偶者または子(18歳未満)がいる場合に支給しておりますが、「扶養している家族」とは原則健康保険法上の被扶養者が一般的なのでしょうか? また、家族手当に関する注意事項等がありましたら、アドバイスのほどお願いいたしま...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
扶養控除
「扶養控除」とは、扶養家族がいる場合に一定の所得控除が受けられる制度のことをいいます。扶養家族とは、その対象になっている家族のことをいい、例えば専業主婦(夫)や、子どもがいる場合は扶養家族になります。2018年には、扶養控除に関する法律が一部改定されました。
年末調整
年末調整とは、従業員が納めるべき1年間の所得税および復興特別所得税の金額を精算する手続きのことです。企業に雇用される場合、従業員は企業による源泉徴収を通じて納税を行います。ただし、源泉徴収だけでは1年間の税金の金額が確定しないため、精算するために年末調整を行います。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...