企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

退職金制度の変更について

12月1日以降入社する正社員においては退職金と扶養手当の支給をしないという就業規則の変更を行いたいと考えております。11月30日までに入社している正社員については、退職金制度を60歳定年まで受けられることにして、12月1日以降入社する正社員から支給しないとしたいと考えております。扶養手当についても同様ですが扶養手当についてはいずれ全社員廃止に向けて動こうと考えております。

取り急ぎ、12月から入社予定する正社員が数名おり、その方達が支給対象にならないように規程を変更したいのです。

そのような対応は可能なのでしょうか。

投稿日:2020/11/17 14:06 ID:QA-0098359

辛い管理の局さん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

既存の社員に不利益を及ぼさない限りは、労働条件の不利益変更の問題にはなりませんので変更は可能です。

そもそも退職金制度を設けるか否かは企業の自由ですから、既存の社員には退職金制度が適用されている場合であっても、今後新たに採用する社員に対しては退職金の支給はないとしても、基本的には問題はありません。

ただし、12月から入社する社員に対して、採用面接の段階で退職金・扶養手当支給有りと告知しているような場合は、このタイミングで不支給に変更するのは困難であると言わざるを得ないでしょう。

投稿日:2020/11/18 09:24 ID:QA-0098363

相談者より

ご回答いただきありがとうございました。
12月1日以降入社予定の社員は退職金や扶養手当については支給するという話をしていないので問題無いと考えております。

投稿日:2020/11/19 09:21 ID:QA-0098406参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

60歳未満正社員の退職金は金額凍結するのですか?

▼11月末日を以って、退職金制度と扶養手当支給を廃止するという理解でよければ、11月30日までに入社している正社員は、60歳定年時の受給権は保証するが、支給額は、11月30日時点の計算額で、固定するということになるのですか?
▼或いは、60歳定年時迄、現行ルールに基づき受給額は、増え続けるということですか? そうだと、全社員廃止とは言い辛いですね。

投稿日:2020/11/18 10:58 ID:QA-0098367

相談者より

11月30日までに入社している社員について、退職金は退職金規定に沿った計算方法で退職時に支払いますが、あくまでも12月1日以降に入社する者には適用しないように就業規則を変更したいということです。扶養手当については第1段階として12月1日以降の者を対象外として、今後は全社的に廃止するように段階を踏んで対応していこうと考えています。

投稿日:2020/11/19 09:25 ID:QA-0098409参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、新規社員のみ適用されるとしましてもいわゆる労働条件の不利益変更に該当する事に相違はございませんので、労使間で協議の上原則合意を得られた上で変更されるべきといえます。その際、新規社員の方々は退職金や扶養手当の支給有と考えているはずですので、当人達に対しましても事前に説明の上個別に同意を得た上で入社してもらう事が必要です。

投稿日:2020/11/18 23:18 ID:QA-0098393

相談者より

ご回答いただきありがとうございました。
労使協定で合意を得られれば良いのであれば助かります。
今後入社する者は退職金・扶養手当の支給について無いと認識はしているのですが、一応書面で同意を得ようと思います。

投稿日:2020/11/19 09:29 ID:QA-0098413大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

段取り

まず退職金制度の廃止という重大な不利益変更ですので、従業員代表として他の合意交渉は必要かです。その際は現行社員に影響がないのであれば交渉はしやすいのですが、いずれ現行社員も同じことになるのであれば、厳しくともに交渉するしかありません。
尚、制度の対象外となるこれから入社する社員には、入社の意思確認前に、しっかりと明確に説明する必要があります。
内定受諾後のだまし討ちのような段取りにならないよう、十分ご配慮下さい。

投稿日:2020/11/19 09:21 ID:QA-0098407

相談者より

ご回答いただきありがとうございます。
現在入社済みの社員に対しては何も変更しないと役員会でも決まっている為、余程の経営悪化等が無い限りは今後退職金についての変更は無いと思っています。また、12月1日から入社予定の数名についても支給が無い旨はわかっているので、一応エビデンスは残そうと考えています。

投稿日:2020/11/19 11:44 ID:QA-0098424大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
正社員の解雇について
営業系正社員を解雇できる要件を教えていただけますでしょうか
入社一時金制度について
入社一時金制度について相談させていただきます。 入社一時金には2種類あり、入社準備金の意味合いで入社当月に支給するものと、入社半年後に入社祝い金の意味合いで支給するものがあります。 社会保険上の手続きで、さる専門家に「入社当月支給するものは給与扱い」、「半年後支給するものは賞与扱い→賞与支払届提...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
あわせて読みたいキーワード
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
限定正社員
「限定正社員」とは、勤務地や仕事内容、勤務時間などを限定して働く正社員のことで、従来型の正社員とパート、アルバイトなどの非正規社員の中間的な雇用形態を指します。転勤や残業、職務変更がないため、子育てや介護などの事情で働く時間と場所に制約がある人でも働きやすい、という特徴があります。通常の正社員と比べ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...