企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

面接時の賞罰の確認

採用面接の時に、賞罰の確認を行いたいのですが、履歴書に記載がない場合は口頭で聞いてもようのでしょうか?
また、ヒアリングシートを作成して回答いただいてもよいのでしょうか?

投稿日:2020/02/28 13:47 ID:QA-0090925

総務のお姉さんさん
長野県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、特に決め事のない事柄ですので、口頭・シートいずれで確認されても問題ございません。

恐らくは賞罰共に無い為空欄にされているものと考えられますので、通常であれば口頭でその旨確認される事でも十分といえるでしょう。

投稿日:2020/02/28 19:31 ID:QA-0090937

相談者より

ご回答ありがとうございました。
賞罰のない書式のものでの提出が多いので悩んでおりました。

投稿日:2020/03/23 11:27 ID:QA-0091575大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

罰とは前科のことを一般に指しますので、わざわざ面接で聞かずとも、法的に虚偽が許されない履歴書での確認だけで十分な気がしますが、面接で聞くのは自由だと思います。
そこまでこだわって聞くのは何か貴社では前例があるのではないかという別の印象を応募者に持たせたりしないでしょうか。

投稿日:2020/02/28 20:31 ID:QA-0090941

相談者より

ご回答ありがとうございました。
履歴書の書き方にオリジナリティーを感じているので、
面接の時に質問をして確認しようと思います。あえて質問をすると、こだわりがあるように感じさせてしまうかもしれませんが、工夫をしていきます。

投稿日:2020/03/23 11:33 ID:QA-0091576大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

賞罰の確認

▼履歴書に賞罰記入欄がなければ、応募者に書く義務はありませんが、面接で賞罰について質問された場合には告知義務が発生します。
▼ヒアリングシート形式で、回答を求めても、特に、問題はありません。

投稿日:2020/02/28 20:33 ID:QA-0090942

相談者より

ご回答ありがとうございました。
告知義務があるかわからない人も増えてきていると感じているので、ヒアリングシートか何か検討していきます。

投稿日:2020/03/23 11:35 ID:QA-0091577大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

賞罰の確認(追記)

▼賞罰の記載欄がある、或いは尋ねられた場合の「罰」は、刑法上の罪を犯して罰を受けたことがあるかどうかを意味します。
▼具体的には、懲役、禁固刑、罰金刑のことで、尋ねられたら、告知義務が発生します。

投稿日:2020/02/28 21:44 ID:QA-0090945

相談者より

追記ありがとうございました。

投稿日:2020/03/23 11:36 ID:QA-0091578大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

角五楼さん
神奈川県/保安・警備・清掃

公正採用の見地から、応募者の適性、能力を基準に選考すべきであって、それ以外の門地思想といった、労務提供になんのかかわりもないことを採用条件にして振り分けることを問題としています。昔はあった賞罰欄も、この線にのっとりJIS規格履歴書から削除されました。

個人情報も機微にかかわる情報を収集するのですから、それ相応の正当な使用目的を明示し、かつ本人の同意取り付けを得なければならないでしょう。

投稿日:2020/03/05 22:09 ID:QA-0091130

相談者より

ご回答ありがとうございました。
いろいろなことに配慮しながらすすめていきます。

投稿日:2020/03/23 11:37 ID:QA-0091579大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
面接時における注意点
初めて面接を担当することになりました。 面接の際に注意すべき点について、ご指導お願いいたします。 例えば、聞いてはならないこととか…。NGワード等。よろしくお願いいたします。
採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
集団面接でのNG質問を教えてください
集団面接を行う際に、応募者に聞いてはいけない質問をお教えください よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
面接
「面接」とは、企業における人材採用において、採用担当者と応募者が直接会ってお互いに質疑応答をしながら、マッチするかどうかを探る行為です。企業側から見た場合、面接は「応募者を選ぶ」行為であるとともに「応募者に自社の魅力を伝える」行為でもあります。そのような意識が不足していると、「面接」で良い人材を見つ...
オンライン面接
「オンライン面接」とは、企業などが採用活動の際にオンラインで面接を行うことをいいます。応募者が企業に直接出向くのではなく、自宅のパソコンからウェブカメラを通じて採用担当者と面談したり、自分で撮影した動画を専用サイトに投稿したりするなど、場所や時間に拘束されない応募のしくみを構築することで、採用プロセ...
メラビアンの法則
「メラビアンの法則」とは、人の第一印象は出会って数秒以内に決まり、また視覚情報による印象が評価に大きく影響するという概念のこと。アメリカ合衆国の心理学者、アルバート・メラビアンによって提唱されました。メラビアンは実験により「聞き手への影響力は言葉以外によるものが圧倒的に高い」ことを説き、第一印象に影...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。