企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15397件   回答数33255

研修時の居住費全額負担について

東京で採用し研修期間中に愛知県にて勤務をする場合、家賃・家具・家電・水道光熱費等をすべて会社負担で対応しております。この場合、労働保険料については、賃金に該当しないかと思いますが、社会保険料については賃金に該当し標準価額が報酬に該当するという認識でよろしかったでしょうか。均衡手当の支給はしておりません。
ちなみにこの場合、家賃以外の負担分(家具・家電・水道光熱費)についても報酬に該当するのでしょうか。
また、家賃については全額会社が負担をしていますので、所得税についても家賃相当分が給与として課税されるのでしょうか。

      労働保険料 社会保険料 所得税 
家賃      ×     〇    〇?
家具・家電   ×     ?    ?
水道光熱費   ×     ?    ?

よろしくお願いいたします。

  • だいじろうさん
  • 愛知県
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/12/17 12:08
  • ID:QA-0089174
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/18 06:26
  • ID:QA-0089196

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

家具等月社宅の使用料

所得税、社会保険料、労働保険料の3点についてまとめます。
<所得税=給与所得>
・所得税基本通達36-15では、「(2) 土地、家屋その他の資産(金銭を除く。)の貸与を無償又は低い対価で受けた場合における通常支払うべき対価の額又はその通常支払うべき対価の額と実際に支払う対価の額との差額に相当する利益」が給与所得とされます。家具・家電については、これにあたる可能性があります。
・社宅については、同36-40で算定した社宅の価値(通常の賃貸料)が給与所得とされます。
・水光熱費は、当該従業員分を区分できれば給与となります。

ただし、一般に会社の研修所で宿泊しても給与課税されません。よって当該住宅を社宅・寮ではなく、研修施設の代替であると位置づけられれば、いずれも給与所得にあたらないと整理できるではないでしょうか。

<社会保険=報酬>
社会保険では食事と住宅等の現物支給は報酬とされています。
ただし、これも研修施設の代替として整理できませんか。そうであれば報酬とみなさないことも可能かもしれません。

<労働保険=賃金>
社宅はこのケースでは賃金にはあたりません。それ以外の現物支給については賃金にあたると明記されているものはありません。

  • 投稿日:2020/01/23 15:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答、ありがとうございました。
社内にて検討させていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
役員報酬に該当しますか。
取締役に借り上げ社宅を適用するにあたり、同取締役の賃料負担率を50%とした場合は残りの会社負担料が役員報酬に該当するのでしょうか。 よろしくお願いいたします。
自動車整備業の労働保険の分類について
お世話になります。 自動車整備業の労働保険の事業分類、事業の種類をご教示願います。
社宅家賃の会社補助率
借上げ社宅家賃の会社負担割合を70%、上限は別途、単身者5万円、複身者8万円で設定しようと考えております。 社宅家賃の会社負担割合の上限は(税務的に)どのくらいですか
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。
  • 社員研修・人材育成の実務(5)研修会社の選び方・付き合い方 、外部講師の探し方
    多種多様な研修会社の中から、自社にぴったりのパートナーを選ぶ秘訣とは?
  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
あわせて読みたいキーワード
労働保険
「労働保険」とは、「労災保険(労働者災害補償保険)」と「雇用保険」を総称した保険制度のこと。保険給付は別個に行いますが、保険料の徴収などは労働保険として原則、一体のものとして取り扱います。また、労働保険は農林水産業や建設業など一部の事業を除き、労働者を一人でも雇用していれば適用事業となります。そのた...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/01
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...