企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゲンブツシキュウ 現物支給

「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現物支給が認められる余地もあります。
(2015/6/29掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現物支給のケーススタディ

労基法では「賃金は通貨払い」が原則
自社商品の値引き販売による支給は違法か?

労働基準法は、使用者が労働者に支給する賃金について細かくルールを定めています。労基法24条では、使用者は労働者に、その全額を、通貨で直接、毎月一回以上、一定の期日に支払わなければならない、と規定しています。“全額を通貨で”と明記されている以上、これを文字通りに解釈すれば、賃金の支払いを、たとえ一部でも通貨以外の「現物支給」で代替することは、当然できません。また、仮に労働者が現物支給に同意したとしても同じです。

では、そもそも賃金とは何でしょう。労基法11条によれば、同法における賃金とは、「賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのもの」を指します。たとえば営業社員などの交通費として、タクシー券を「現物支給」することは違法とみなされません。交通費は、企業が業務を遂行するにあたり負担すべき費用であって、労働の対償ではない。すなわち、労基法が定義する賃金にはあたらないからです。

ただし、通貨払いが原則の賃金において、現物での支給が可能になる場合もあります。会社と労働組合との間で、あらかじめ賃金を現物で支払うとの労働協約が結ばれていれば例外的に認められるのです。小売業や家電メーカーなどに多い、自社商品の値引き販売による現物支給も、労基法で禁じられていながらそれが違法とされないのは、こうした労働協約が結ばれているからです。とはいえ、労働協約さえ結ばれていれば支給する現物の“内容”は何でもいい、というわけではありません。たとえば、現物支給が認められないものとして次のようなものがあります。

・職務の性質上欠くことのできないもので主として使用者側の業務遂行上の必要から支給されるもの。たとえば業務に必要なパソコンを現物支給することは認められていません。
・換金性に欠けるものやその評価が困難なもの。支給されても売却できず、経済的に困窮する可能性があるため、そうしたものは現物支給できません。
・受給者側に選択の余地がないもの。会社が一方的に物品などを指定する形での現物支給は認められていません。

いずれにせよ、賃金の現物支給はあくまで例外的な措置ですから、さまざまなルールの制約があり、実施のハードルが高いのはやむをえないところでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ノーワーク・ノーペイの原則
労働契約法第6条が定める労働契約は、労働者による労務の提供と、使用者による賃金の支払との“双務契約”です。したがって労務の提供が履行されず、それが労働者の責任に帰する場合は、対応する賃金の支払義務も原則として生じません。これを「ノーワーク・ノーペイの原則」といいます。つまり「労働無くして給与無し」―...
バンド型賃金制度
「バンド型賃金制度」とは、職務別あるいは役割別に一定の賃金範囲=バンド区分を設定し、社員それぞれの賃金の額を、本人が属するバンドの範囲内で評価に応じて変動させる賃金制度のことです。バンド(band)は「帯」の意味で、上限額から下限額まで幅をもたせた帯状の賃金構造を指します。成果主義型の給与体系を設...
高年齢雇用継続給付
「高年齢雇用継続給付」とは、定年後も企業に雇用されて働き続ける65歳未満の人が、60歳到達時点に比べ賃金が75%未満に低下した場合に雇用保険から支給される給付金であり、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類に分かれます。前者は、60歳以降も継続して同一企業に雇用されている60歳...

関連する記事

「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
楠田丘さん 「日本型成果主義」の新しい賃金システム
新旧のシステムのいいところをミックスして、今の企業の実情に適した賃金システムを生み出せないものか。日本の賃金システム研究の第一人者であり、「職能資格制度」の生みの親でもある楠田丘さんにうかがいました。
2005/03/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
報酬制度の実際
大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

入社時の賃金計算について
いつもお世話になっております。 弊社では、当月分の賃金を毎月15日に支給(実質15日分の前払)しておりますが、賃金計算の関係で、1日入社以外は当月の賃金を支給することが出来ません。 たとえば、5日入社の場合翌月15日に1ヶ月と25日分を支給することになるのですが問題ないでしょうか? 入社時については...
管理監督者の休日出勤における賃金
年俸制の管理監督者の賃金の考え方について教えてください。 管理監督者の時間外労働・休日労働の割増賃金の支給義務は労基法第41条により適用除外となっていることは理解していますが、割増賃金を除く1.00の賃金は支給する義務はありますでしょうか? 労基法第24条の賃金の支払については適用除外されている...
時間外労働時間明記について
お世話になります。 時間外労働に対する賃金が、みなし賃金として支払いをしております。 今後、何時間分の時間外労働に対するものなのか明記していきたいのですが、 現在の基本給、200、000円。 みなし賃金、50,000円 1か月21日労働、1日8時間 の場合、200000÷21日÷8×1.25=1、4...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説



インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...