企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14929件   回答数32019

社員旅行費用の経費扱いについて

お世話になります。

福利厚生で社員旅行を考えているのですが、

会社の経費扱いにする場合、「従業員の過半数が参加していること」となっており、
ネットで検索すると、従業員=パート・アルバイトを含む、となっていますが、
会社全体の8割がパートの場合も同じでしょうか?

また他社の求人で、正社員には社員旅行あり、というような文章を見かけますが、
他社ではどのように行っておりますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

  • siさんさん
  • 愛知県
  • 販売・小売
  • 回答数:6件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/11/11 17:36
  • ID:QA-0088332

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
6件中 1~6件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/12 09:47
  • ID:QA-0088346

代表者

従業員レクリエーション費用の非課税条件

▼国税庁による非課税条件の参加人数は、ご理解の通り、5割以上とされていますが、参加者の雇用形態(正規、非正規、フルタイマー、短時間)は問われません。
▼又、正社員、短時雇用者(パート)の区分制限もありません。
▼他社求人情報の「社員旅行」は外見からは実態窺がうことは出来ません。
参考サイト ⇒ http://www.nta.go.jp/m/taxanswer/2603.htm

  • 投稿日:2019/11/12 13:33
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
パートは非参加で、
正社員のみの参加で、その中の5割以上でしたらよいという理解でよろしいでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/12 12:40
  • ID:QA-0088349

人事・経営コンサルタント

社員

「正社員」や「パート」「管理職」などはすべて社内呼称であって、法的なものではありません。
社員という以上は無期雇用社員(一般的正社員)も有期雇用社員(契約社員やパート、アルバイト)を含むと考えるべきでしょう。
他社の動向は明確な資料がありませんが、店舗勤務パートの場合は謝意旅行などを嫌がる人が少なくないため、正社員のみで実施する例は多いように感じます。

  • 投稿日:2019/11/12 17:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/12 14:14
  • ID:QA-0088352

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

非正規社員を含む社員旅行

「従業員の過半」という場合の従業員とは、当然、社員旅行対象者ということになります。
かつてですと正社員のみというのは常識でしたので、正社員の過半ということになります。
よって、貴社における社員旅行対象者の確定がまず必要です。
非正規については。「同一労働同一賃金」での待遇の問題はありますが、税制では、そこまで求められていないので、正社員のみとすることも問題ありません。
実際問題としてパートタイマーも対象とすると家庭の事情で参加できない方が多く、過半の参加が危ぶまれます。

よって、正社員のみを対象としてはいかがでしょうか?
もちろん、社内の一体感という観点ではパートも含めた方がよいのはいうまでもありませんが。

  • 投稿日:2019/11/12 17:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
税制上で、ネットで調べると従業員とはパートも含むとあり、半数の参加は難しいと思いました。
対象者を正社員とする、ということで対応すれば、正社員の半数でよいということですね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/12 21:05
  • ID:QA-0088364

代表者

従業員レクリエーション費用の非課税条件 P2

▼いいえ、税法の観点からは、雇用形態は問わず、分子・分母とも、全ての被雇用者数を使用します。

  • 投稿日:2019/11/13 17:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/12 23:28
  • ID:QA-0088373

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、国税庁によれば特に雇用形態を限定しておりませんので、パートが大多数を占める場合でも同様といえるでしょう。

そして、経費上の問題は別としまして人事労務管理の観点から申し上げますと、パート・アルバイト社員につきましては会社への帰属性が低い場合が多いですので、むやみに参加を求めないのが現実的といえるでしょう。勿論、任意での参加につきましては門戸を開けられるべきです。他方、経費実務の問題につきましては専門家である税理士または会計士にご確認される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/11/13 17:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/13 07:32
  • ID:QA-0088376

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

社員旅行の参加の従業員区分について(追加)

本件は、社内の一体感醸成という人事上のテーマと所得税制(所得税基本通達36-30の法令解釈通達)の相反する課題です。以下は税の観点での補足となります。

①対象は、正社員、役員とし、半数以上の参加が見込めるなら雇用延長嘱託や契約社員も含めてもよいかと思います。
本通達の最大の目的は、会社が選抜した社員だけの報奨旅行(税務上給与扱い)を社員旅行に偽装することを防ぐためであることは明らかです。よって会社の指名や営業成績等での選抜ではなく、客観的な雇用区分等で対象が指定されていれば問題ないと考えます。

②つぎに、そのように対象を決定した理由が必要です。これは、
・パートタイマーも含めると費用が多額に上り、実現できない
・同じく運営上の規模が大きく困難
・パートタイマーは家庭の事情で日程が限られる方が多く、かえって不公平をまねく
という理由があると思います。理由が必要なのは貴社として費用対効果の高い対象に限定したという経営判断であることを明らかにするためです。福利厚生費が単純損金(巡業員に課税されない)なのは、会社にとっての必要経費であるということです。

③つぎに、万一、税務当局に尋ねられた時のために対象範囲とその決定理由を文書に残します。
これは規程にも出しなくとも、部内のメモでも結構と思います。

  • 投稿日:2019/11/13 17:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パートの労働時間
当社では他社と掛け持ちで働いているパートが数名います。 この人たちの契約時間ですが、他社と合わせて週40時間以内にすべきであるかなど気をつけないといけない点を教えて下さい。
社員旅行のアルバイト参加について
福利厚生で年1回、正社員を対象に社員旅行を行っていますが 今後、同一賃金同一労働の法改正に伴いパート・アルバイトに対しても 同様に社員旅行も行わないといけなくなるのでしょうか? パートアルバイトは社員とは違うフルタイム勤務と週3日勤務の軽作業を行っていただいています。
自由参加の社員旅行について
平日の月曜日〜金曜日で自由参加の社員旅行があります。 会社の休みは土日祝の固定です。 ①参加の社員は出勤扱いでしょうか?もしくは会社としての休みとするのでしょうか? ②不参加の社員は①で出勤扱いの場合は残って仕事をする場合は出勤扱い、休みを取る場合は有給でいいでしょうか? ①で休みとする場合は残っ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
  • パートが「会社のために」力を発揮するようになる工夫
    あなたの会社では、自社のスタッフに何を求めているのでしょうか? 企業へのアンケート調査から浮かび上がったスタッフに求めるものから、パートのやる気や自主性を引き出す方法を探ります。

あわせて読みたいキーワード

改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
従業員代表制
従業員の過半数で組織する労働組合がない事業所は、時間外労働に関する協定(いわゆる「36協定」)などの労使協定を締結する際、従業員の過半数を代表する者を従業員代表として締結することが定められています。また就業規則を作成・変更する際にも、従業員代表の意見を求めなければなりません。これを「従業員代表制」と...
持株会
持株会は従業員の福利厚生の一環として位置づけられ、近年では、経営側と従業員をつなぐ施策としての意味合いも持ち始めています。ここでは、持株会の概要や仕組み、会社・従業員それぞれのメリットとデメリットを見ていきます。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/12
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...