企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

長期で欠勤している社員について

5ヶ月ほど前からうつ病で休んでいる社員がいます。
この度、医師からの労務不能の診断書の期間が過ぎたので連絡を取りたいのですが本人に連絡がとれません。
以前は、配偶者の方と電話で連絡を取っていましたが、その電話も取ってくれなくなりました。
文書でのやり取りをしているものの、本人からの返答はなく配偶者から書面で返事がくるような状態で
現在の状況も今後の事も5ヶ月間、まったくわからないままです。
会社として本人との面談を申し出るのは違法になるのでしょうか?
社員の配偶者からは本人には絶対連絡しないように言われていますが、本人から何の報告もないままの長期休職は会社としても対応に困るので何とかしたいのです。
いい方法があればご教示ください。

投稿日:2019/07/11 15:24 ID:QA-0085564

毛玉さん
愛媛県/紙・パルプ

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

会社として、メンタル休職期間中であったとしても、報告義務を課することはできます。

特に医師の診断期間が過ぎているということですので、診断書の提出および状況報告は当然と言えますので、面談申出は問題ありません。

このままでは、無断欠勤状態といえます。

投稿日:2019/07/11 17:11 ID:QA-0085570

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、本人と連絡を取り面談されるのは会社としまして当然の措置ですので、通常であれば何ら差し支えございません。

しかしながら、当事案の場合「社員の配偶者からは本人には絶対連絡しないように言われています」という点が気になります。可能性は低いでしょうが、例えばメンタル不全の場合で人と話をされる事自体が症状を悪化させるといった事も無いとは言い切れませんので、念の為配偶者に連絡を断られている理由をご確認されるべきといえます。その上で、特にそういった事情はなく、単に配偶者の意向で連絡させたくないという事であれば、必要があっての面談であることを告げられた上で本人と連絡されても差し支えはないものと思われます。それでも対応が困難のようでしたら、特別な事案でもございますので人事労務に精通したお近くの弁護士等の専門家に直接ご相談される事をお勧めいたします。

投稿日:2019/07/11 23:52 ID:QA-0085581

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

森川 隆司
森川 隆司
株式会社ヒューマン・タッチ 代表取締役 臨床心理士 公認心理師

産業保健のカウンセラー(公認心理師、臨床心理士)の立場から

外部機関として、企業内のメンタルヘルス支援を行っている会社のカウンセラーです。

うつ病で休職中の職員との連絡が取れずに困っているとのことですね。
少なくとも診断書(休職期間)の更新のためには、当該職員もしくはご家族と連絡を
とる必要があると思います。

ただ、ご家族から「本人には絶対連絡しないように言われています」とのこと、
会社(対人関係など)との個別的な要因があるかもしれません。このような状況で
面談を強要し「体調がさらに悪くなった」と言われてはリスクになると思います。

まずは、必要な手続等についてはご家族とのやり取りを継続し、安全配慮の視点や
休職期間満了の時期の確認など、ご本人のためにも状況が許せば面談したい旨、継続して
お伝えしてはいかがでしょうか。また、本人から同意をもらえれば、産業医から診療情報
について主治医と連携をとることも、状況確認の視点では意味があるかもしれません。

どうしても会社の人間とは接触したくない、というケースであれば、
私自身も外部専門機関のカウンセラーとして、このような場合に
面談のご依頼がありますが、外部の専門家を活用することも
ひとつではないでしょうか。

投稿日:2019/07/12 08:37 ID:QA-0085583

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

責任

病状の内容と管理責任は別ですので、まず本人申請が内にもかかわらず(期限切れ状態)連絡を取れない責任は会社に来てしまうでしょう。
しかし家族の意向は参考にすべきですので、「連絡が取れない・話ができない」で済ませず、連絡をとって意思確認しなければ無断欠勤状態なので退職となる旨を正しく説明し、本人または産業医との面談など何らかのアクションを選択するようにすべきでしょう。
強気すぎるのも弱気すぎるのも良くありませんので、感情的にならず就業規則休職規定に沿って淡々と進めるのが良いでしょう。

投稿日:2019/07/16 09:10 ID:QA-0085618

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職者の手続き
いつもお世話になります。 弊社に入社した社員が1ヵ月後に突然、電話のみで退職する旨の連絡があり、その日から欠勤しております。 入社当初は、本人の自宅に連絡ができたのですが、現在は電話が不通となっており、本人所有の携帯電話に連絡をいれても留守番電話となります。本人の自宅へ訪問しましたが、留守のようで...
派遣社員を連絡網に組み込むことについて
いつも参考にさせていただいております。 当社では災害に備え、緊急連絡網を作成しています。 社員でない派遣社員を緊急連絡網に組み込み、有事の際(契約時間外)、連絡網に沿って連絡するよう指示することはできますか?
失踪した社員を解雇する方法
無断欠勤が1週間ほど続いたので、 本人宅を訪ね、両親と不動産屋、警察等と連絡を取り、 本人宅への入室は出来たが、 本人不在の為、状況が分からない状態が続いています。 この際、会社として、本人不在ではあるが、解雇は可能か、 又、解雇出来ないのであれば、どの様に対応すべきか教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 転職活動と電話
    ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくない。人材紹介においてこの状況は、色々と困ったことを引き起こしている――。
  • 中途採用の「実務」【4】事前準備
    中途採用を行うにあたり必要な事前準備(ツール準備、担当者設置・社内広報、応募対応・連絡)を、項目別に詳しく解説する。
  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...
あわせて読みたいキーワード
配偶者転勤休業制度
「配偶者転勤休業制度」とは、配偶者の転勤に同行を希望する社員に対して休業を認める制度のことです。配偶者の海外や遠隔地への転勤に同行するために、自社の社員が離職を余儀なくされることを回避するのがねらいで、制度を導入している企業・団体の多くでは、配偶者の勤務先が社外でも適用されます。2013年秋には国...
不定愁訴
「不定愁訴」とは、医療用語の一種で、何となく体調が悪いという程度の漠然とした自覚症状を訴える人が医療機関を受診しても、身体の不調や不快感につながる明らかな病変が見つからない状態を言います。「頭が重い」「イライラする」「体がだるい」「よく眠れない」など、患者からの訴え(主訴)は強いものの、その内容は主...
配偶者控除
「配偶者控除」とは、配偶者がいる場合に一定の金額が税金から控除されることをいいます。扶養控除の一種であり、法律上の配偶者がいる場合に適用できます。配偶者控除を受けるためには、配偶者の年収が103万円未満でなければなりませんでしたが、2018年より法律が一部改正され、上限が拡大されています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/30
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。